« 三保の松原 | トップページ | 超人気コンサルタント養成講座 »

2013年7月18日 (木)

人事評価研修

所長です。

昨日は篤志館様主催のセミナー、「人事評価入門コース」を受講しておりました。

Tokushikan201307

大手企業では当たり前のように行われている人事評価。私もサラリーマン時代、(評価される側として)経験しております。しかし、中小企業では実際に実施している会社は少ないのではないでしょうか。

人事評価を実施していない中小企業の多くが「うちのような小さい会社には必要ない」という考えを持たれている気がします。

私は「経営者以外に従業員が一人でもいたら、人事評価をするべき」だと考えています。人事評価は従業員をルールで縛るためではなく、経営者の経営理念に則って成長してもらうためのシステムなのです。従業員の成長を願うなら、人事評価は行うべきなのです。

一方で、「やり方が分からない」という声もあると思います。そういった方はこの手のセミナーを活用されるといいのではないでしょうか。

結論として、「人事評価はこうあるべき」というものはないと思います。会社が100社あれば、100通りの人事評価があっていいと思います。その代わり、他社の事例を調べ、いいと思ったものを自社に取り入れるのです。

最初から100点満点の人事評価はあり得ません。(というより、永遠に100点満点はないと思います。)試行錯誤しながら、よりよい人事評価制度を構築するしかありません。ならば、早期に人事評価にトライした方がいいのです。着手を先延ばしにすればするほど、人事評価の精度が上がるのが遅くなる、つまりは自社の成長が遅くなるのですから。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 三保の松原 | トップページ | 超人気コンサルタント養成講座 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三保の松原 | トップページ | 超人気コンサルタント養成講座 »