« 税制改正セミナー2013、開催しました | トップページ | あるべきものがない »

2013年6月 7日 (金)

感動の条件

所長です。

永松茂久氏著の「感動の条件」。

Kandojoken

斉藤一人氏に師事した著者が自身の会社を通して経験した、人生にとって大切なものを書き下ろした一冊。経営者が書いたからといって、決して硬い経営書ではなく、人生に迷っている若い方(学生、社会人)にも読んで欲しい一冊です。

「自分のため」に頑張るのか、「大切な人のために」頑張るのか、そこに大きな差が生まれると著者は説きます。他人のために頑張ることで、いつも以上に頑張ることができるかもしれませんし、それが相手にとって感動を呼び、自分自身の感動をも呼ぶことにつながります。

昨今のビジネスでは効率化が求められる風潮にありますが、単なる効率化では「機械的な作業」の羅列になってしまい、売り手と買い手の間に感動が生まれ、共有することはなくなってしまいます。もちろん最低限の効率化は必要ですが、大切な所はあえて非効率を残し、感動を共有する仕組みづくりが必要だと思います。

所詮、ビジネスは感情を持った人間同士が行うものです。機械的な効率化だけではうまく行かないことが多々あるハズです。

「誰かのために」生まれるパワーを大切にしたいですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 税制改正セミナー2013、開催しました | トップページ | あるべきものがない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 税制改正セミナー2013、開催しました | トップページ | あるべきものがない »