« 夢のつかみ方 | トップページ | micarinaのアイシングクッキー »

2013年6月28日 (金)

地域密着のパチンコ屋

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、中小企業憲章推進月間学習会に出席しておりました。

今回は北海道同友会、大石清司氏からの報告、「地域密着方針で中小企業と市民の架け橋に!」から中小企業が取り組む地域づくりの事例をもとに学びました。

Doyu201306f

大石氏は函館でパチンコ富士という「昔ながらの」パチンコ店を経営されています。

写真で見ると、「もう潰れているんじゃないか。」と思わせるような店構え。しかし、店内はお客様が溢れかえっています。

なぜか。

パチンコ富士にはテレビCMでやっているような新台は置いていません。カラー刷りのキレイな広告もありません。店員が高級ホテルのような接客をするわけでもありません。

あるのは店員と常連客のアットホームな雰囲気。景品には地元の野菜や海産物。駐車場では朝市が開かれます。そこは単なるパチンコ店ではなく、地域になくてはならない地元民のコミュニティスペースなのです。

パチンコ富士は大手チェーン店の進出にも負けず、地元の人達から愛され、今では函館一古いパチンコ店となりました。

しっかりとした地域密着経営、「地元の人達から愛される」経営こそ、大企業とも渡り合う強い中小企業づくりのヒントなのでしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 夢のつかみ方 | トップページ | micarinaのアイシングクッキー »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のつかみ方 | トップページ | micarinaのアイシングクッキー »