« エッグポマンダー | トップページ | 「ラファエロ」展 »

2013年5月 1日 (水)

ディズニーランドであった心温まる物語

所長です。

今日から5月ですね。今年のゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

香取貴信氏監修、ディズニーランド卒業生有志著の「ディズニーランドであった心温まる物語」。

Katorikokoro

元ディズニーランドキャストの香取氏の声掛けで集まった元キャスト達のエピソード集です。本書を読むと、ディズニーランドが数あるテーマパークの中で群を抜く人気テーマパークとなっている秘密が分かる気がします。

そして、その秘密とは、ディズニーランドの中だけでしか通用しないものではなく、本来、仕事の場であればどこでも必要とされるものです。だからベンチマーキングや社員教育でも人気なのでしょう。

ディズニーランドのキャストが心掛けていることの一つに「毎日が初演」という言葉があります。毎日そこで働いている人にとっては1/365の出来事であっても、初めてそこを訪れた方にとっては1/1の出来事なのです。これは仕事に慣れてくるとついうっかり陥りやすい過ちなのかもしれません。

本書の印税は東日本大震災の被災者へのディズニーチケット代として使われるそうです。一人でも多くの被災者の心を癒せることを祈ります。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« エッグポマンダー | トップページ | 「ラファエロ」展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エッグポマンダー | トップページ | 「ラファエロ」展 »