« 学びは10年後に花開く | トップページ | 争族で誰が喜ぶの? »

2013年4月24日 (水)

平成25年度税制改正

所長です。

昨日は事務所スタッフ全員でTKCの税制改正研修会に出席しておりました。

Tkc20130422

税制改正については会計事務所の業務に直結する重要テーマですから、まさに「仕入れ」ですね。(会計事務所で改正が分からない、なんて言語道断ですよね。)

今回の改正ではやはり、相続税・贈与税の改正が一番関心を持たれているようですね。相続税は基本的に増税ですし、贈与税は経済効果が期待されています。クライアントの方からも問い合わせが多い論点です。

しかし、(マスコミの報道の仕方も悪いのでしょうが)かなり誤解を受けている気もします。その最たる例は「教育資金の贈与」でしょうね。

意外と知られていないのですが、元々、孫の学費を祖父母が支払っても贈与税は非課税という取扱いがされています。今回の改正はあくまで「一括贈与」ができる、ということなのですが、「学費の贈与ができる」という認識で広まっているようです。

当事務所ではこのような誤解を解き、正しい情報をお伝えするため、税制改正セミナーを開催します。ぜひお気軽に参加して頂ければ幸いです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 学びは10年後に花開く | トップページ | 争族で誰が喜ぶの? »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学びは10年後に花開く | トップページ | 争族で誰が喜ぶの? »