« 争族で誰が喜ぶの? | トップページ | エッグポマンダー »

2013年4月26日 (金)

道は開ける

所長です。

いよいよ明日からゴールデンウィークですね。皆様、ご予定はもうバッチリでしょうか?

さて先日、参加させて頂いた早朝勉強会の教材として使用されていた、永松茂久氏著の「道は開ける」。

Hitorihirakeru

本書は著者が高額納税者で有名な斎藤一人氏から学んだ話をまとめたものであり、斎藤一人氏の経営哲学、人生哲学に触れられる内容となっています。

一人氏は「商売は魅力があれば成功する。」と説きますが、果たして「魅力」とは如何なるものか。そして、それを身につけるには何が必要なのか。単なるハウツーではなく、人間としての感性を磨くという経営の王道が語られていると感じます。

経営者のみならず、一般従業員の方にとっても読みやすく、社内研修の教材としても良書といえるでしょうね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 争族で誰が喜ぶの? | トップページ | エッグポマンダー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 争族で誰が喜ぶの? | トップページ | エッグポマンダー »