« 実践的中小企業再生論 | トップページ | 最強の上司 »

2013年3月12日 (火)

二年後の3.11

所長です。

昨日は皆様ご存知の通り、3月11日。

ちょうど2年前、東日本大震災が発生しました。

まさに未曾有の大災害でした。

テレビでも関連番組が放送されていたので、2年前を思い起こした方も多かったと思います。

ちょうど昨日、訪問していたクライアントは偶然にも2年前の3.11に訪問していたクライアントでした。大震災発生時、毎月の巡回監査を終え、駐車場で自分の車に乗り込もうとしていた時でした。駐車場にとまっている車が全部、大きく波打っていた光景が思い起こされます。

昨日はそのクライアント先で黙祷の時間を迎えました。亡くなられた方のご冥福を祈ると共に、今、自分がこうして元気に仕事をさせてもらえている事に感謝しました。

何気ない日常がある事自体、やはり奇跡なのです。無いものをうらやむよりも、足るを知ることが大事だと思います。

2年前の3.11、皆様は何を感じましたか?そして、昨日、2年の経過を受け、この2年間で自分自身、どのように変わったでしょうか?あの日、感じたことは今の自分の中にしっかりと活きているでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 実践的中小企業再生論 | トップページ | 最強の上司 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実践的中小企業再生論 | トップページ | 最強の上司 »