« 決算書で切り開く新たな経営 | トップページ | 気持ちの良い挨拶が人を育む »

2013年3月21日 (木)

会社脳の鍛え方

所長です。

3回目となったWBC、前評判通りの強さを見せたドミニカの優勝で幕を閉じましたね。日本の三連覇はならず、残念でしたが、ベースボールの面白さを堪能できた大会だったのではないでしょうか。

さて、小山昇氏の新著、「会社脳の鍛え方」。

Koyamakaishano

中小企業経営者向けの著書が多い小山氏が、若手社員向けに書いた、ある意味異色の一冊です。

ですから、何も知らずにいつもの調子で中小企業経営者が本書を手に取るとものすごい違和感を感じると思います。

勿論、本書の主たるターゲットは新入社員だと思いますが、新入社員の教育をしている管理職の方や仕事で伸び悩んでいる中堅社員の方にも参考になるのではないかと思います。そして、違和感を感じるはずの経営者にだって、とても参考になる一冊だと思います。

まず、経営者や上司が部下に伝えたいエッセンスがつまっている、つまり、小山氏が代弁してくれているようなものだから。若手社員からすれば、「あ、そういえばうちの上司も同じようなこと言ってたなぁ。」と感じるかもしれませんし、「ああ、あの時、うちの上司はこんなことを感じてたのかなぁ。」とも感じるでしょう。

又、「なかなかこちらの意図が伝わらないなぁ。いつになったら仕事を覚えるんだよ。」と部下に対して感じている上司にしても、若手社員の立場(昔の自分?)を理解できるかもしれません。

言うなれば、上司と部下、先輩と後輩のコミュニケーションツールとしても使えるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 決算書で切り開く新たな経営 | トップページ | 気持ちの良い挨拶が人を育む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 決算書で切り開く新たな経営 | トップページ | 気持ちの良い挨拶が人を育む »