« 生命保険の値上がり | トップページ | バイク市場と車市場 »

2013年2月15日 (金)

督促OL修行日記

所長です。

榎本まみ氏著の「督促OL修行日記」。

Tokusokuol

皆様の経験で「督促」を受けたことはあるでしょうか?

「督促」というと何だか仰々しいですが、人生のうち、一度くらいは口座引き落とし日に残高不足で振替不能になったことがある方、結構いると思います。(かく言う私も勿論ありますよ。)

そんな時に振替不能のお知らせのハガキが来たりします。これも立派な「督促状」ですよね。ですから、実は「督促」って意外と身近なことだったりします。

でも、問題はここからです。大抵の方はこの段階で入金を済ませたり、口座の残高を十分にしたりするのでしょうが、なかにはそれでも支払いをしない方がいます。そこで督促担当者の出番です。

本書はそんな督促担当者のエピソードがまとめられており、督促の現場を窺い知ることができます。決して好感を持たれない職場ゆえにストレスを抱え、退職する人が絶えない、とても大変な職場であることもよく分かります。

督促担当者が滞納者とどのようなやり取りをしているのか、これもまた「接客」のノウハウの一つとして参考になります。そもそも、督促の連絡を受けて楽しい気持ちになる人はいないのですから、そのような相手をしっかり説得し、債権回収するということは並大抵ではないハズだからです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 生命保険の値上がり | トップページ | バイク市場と車市場 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生命保険の値上がり | トップページ | バイク市場と車市場 »