« 同友会青年部、発足! | トップページ | 製造業版ディズニーランドへの挑戦 »

2013年2月21日 (木)

社員を幸福にする力

所長です。

菓子問屋の吉寿屋会長、神吉武司氏著の「社員を幸福にする力」。

Yoshiya

ブロックスのDOIT!シリーズでも「早起き」でおなじみの吉寿屋会長の著書。「待ってました」という方も多いのではないでしょうか。

長引く不況で菓子問屋にとっても厳しい時代ですが、吉寿屋は黒字経営を続けており、その黒字経営の秘訣が綴られています。

その黒字経営の秘訣は「早起き」と「掃除」の二つが大きいのではないでしょうか。

「早起き」も「掃除」も黒字経営と何も関係ないように思えるかもしれませんが、業績のよい会社の共通点を見てみると、この二つのキーワードは不思議と出てきます。業績のよい会社では朝6時前に出社する経営者も珍しくありませんし、掃除が行き届き、整理整頓がされています。

逆に経営者がいわゆる重役出勤してくる会社や床に埃がたまっている会社では、業績が悪いケースが多いです。私も経験上、「早起き」も「掃除」も出来ておらず、加えて「挨拶」が出来ていない会社は大抵、業績が悪いと感じています。

会社の業績が悪くては、給料を上げることはできません。お金がすべて、ではありませんが、ずっと低賃金のままでは従業員のモチベーションも上がらないでしょう。

「従業員を大事にしたい。」と言うのであれば、黒字経営は必須なのだと思います。

従業員を大事にするために、「早起き」と「掃除」、試しにやってみませんか?お金は掛かりませんよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 同友会青年部、発足! | トップページ | 製造業版ディズニーランドへの挑戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同友会青年部、発足! | トップページ | 製造業版ディズニーランドへの挑戦 »