« 平成25年仕事初め | トップページ | 生フルーツゼリー »

2013年1月 7日 (月)

年末調整指導会

所長です。

今日から仕事初め、という方が多いようですね。いかがでしょうか?

本日は鶴ヶ島市商工会にて、年末調整の指導会に行っておりました。(年始なのに「年末」?というツッコミがありそうですが。)

Tsurugasima201301

商工会の会員を対象に行った指導会で、大半の方が「0納付」の状態。

しかし、中にはしっかり「年末調整」をやらないとならない方も。そして年末調整の対象となる従業員への対応も不十分だったりします。

この手の相談者とお話ししていて、いつも思うのは「なんでこの人は会計事務所と顧問契約しないのだろう?」ということです。

もちろん、少しでも経費を浮かせたい、という気持ちは十分分かりますし、事業規模が小さく、「青色専従者のみの0納付」であれば商工会等の無料指導会だけでもいいでしょう。

しかし、それなりに従業員も雇用しているのであれば、やはり会計事務所に依頼された方が何かにつけてメリット(情報量や助言サービスなど)があるように思えます。

「それは分かるけど、顧問料を工面できないんだ。」という経営者に敢えて言いたいのは、「従業員を雇用している責任感」や「社会の公器としての責任感」をもう少し感じて頂きたい、ということです。

経営者である以上、景気とは「他人に作ってもらうもの」ではなく、「自ら創造するもの」であるべきです。そして、時には苦しかったり、挫折しそうになることもあるでしょう。そんな時、すぐ側で応援するのが会計事務所です。ぜひ、会計事務所を単なる記帳代行業ではなく、親身なビジネスパートナーとしてお考え下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 平成25年仕事初め | トップページ | 生フルーツゼリー »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成25年仕事初め | トップページ | 生フルーツゼリー »