« BEソーシャル! | トップページ | 最近の大好物 »

2013年1月29日 (火)

「満足」より「幸せ」

所長です。

昨夜は研修用ビデオ「DOIT!」シリーズの製作をしているブロックス様のセミナー、試写交流会に出席しておりました。

Doit201301

通常の試写交流会ではDOIT!シリーズの映像を観ながら、グループディスカッションを行いますが、今回は特別編ということで、西川社長がDOIT!シリーズの製作を通して感じた「いい会社」についてたっぷりお話し頂きました。

そもそも「いい会社」とは何か?

「業績のいい会社」が「いい会社」なのか?しかし、好業績、急成長でもてはやされ、その後、不祥事をきっかけに急落する会社も多くあります。

「いい会社」とはやはり、従業員がいきいきと働き、地域や顧客から愛され、その結果として業績のいい会社、ということになるのではないでしょうか。「業績がいい」というのはあくまで結果であり、追い求める目的ではないのです。

では、会社が追求するのは「顧客満足(CS)」や「従業員満足(ES)」でしょうか?

経営学の言葉ではそうなのかもしれませんが、現場感覚で言えば、やはり「そこに集う人々の幸せ」という言葉の方がしっくりくる気がします。

CSやESを高めようと努力しているけれども、なかなか効果が現れない、という経営者はここの意識をシフトチェンジされてみてはいかがでしょうか?

「幸せ」は人それぞれです。そして、他人に「幸せ」を感じて頂くためには、提供側の感性が豊かでなければ難しいでしょう。そのため、社員教育では「感性(人間力)を磨く」側面を持たせなければならず、単なるハウツーでは足りないことに気付かれるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« BEソーシャル! | トップページ | 最近の大好物 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BEソーシャル! | トップページ | 最近の大好物 »