« クリスマスイブwithヒーロー | トップページ | 奇跡の製造業 »

2012年12月26日 (水)

商店街はなぜ滅びるのか

所長です。

新雅史氏著の「商店街はなぜ滅びるのか」。

Shoutengai

大型ショッピングモールやアウトレットモールの出店が相次ぎ、既存店舗の集客力が弱まっています。その中でもとりわけ、各地の商店街の落ち込みは目を覆うばかりです。

果たして、商店街の衰退は大型店舗の出店のせいなのでしょうか。

本書によれば、大型店舗の出現も理由の一つですが、それ以前に日本人の生活スタイルの変化による所が大きいのではないか、と感じます。

サラリーマンの父親を中心とした核家族化。これが進むと、後継者がいなくなり、自営業者そのものの数が減ります。自宅と店舗が一体となった家ではなく、純粋なマイホームと化します。

これは商店街だけでなく、中小企業そのものを衰退させている大きな原因なのかもしれません。この点に関しては目から鱗、でした。

であるならば、現在、中小企業の経営者として頑張っている方は「自分の仕事、人生は楽しい、素晴らしい、夢がある!」と子供達に思わせるような日々を送りましょう。親が楽しそうに「経営者人生」を歩んでいなかったら、子供達が「跡を継ごう」なんて考える訳がありません。

そして、個々の店に活力がなければ、商店街だって活力を失います。商店街の中で営業している店はその責任の一端を担っているのです。

商店街によっては、奇跡の復活をとげた所もあります。未だに元気がある商店街もあります。皆さん、夢を持ちましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« クリスマスイブwithヒーロー | トップページ | 奇跡の製造業 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスイブwithヒーロー | トップページ | 奇跡の製造業 »