« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

平成24年仕事納め

所長です。

本日で当事務所、仕事納めです。

午前中は年末調整業務のラストスパート、そして午後は所内の大掃除。夜はスタッフの一年の労を労っての忘年会で締めくくりました。

本年も皆様には大変お世話になり、改めて感謝申し上げます。

東日本大震災からの復興、長引く不況、政権交代など、経済環境としては相当悪い状態の一年でしたが、皆様にとってはいかがだったでしょうか。

企業の約75%が赤字、といわれておりますが、そんな中でもしっかり黒字になっている企業もあります。企業は経営者次第でよくもなり、悪くもなる、その傾向が強くなっているような気がします。

来年は皆様にとって輝かしい一年となりますことを祈念しまして、本年のブログ納めとさせて頂きます。

年明けは5日(土)からの営業となります。(但し、6日(日)は休業となります。ご了承下さい。)

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月27日 (木)

奇跡の製造業

所長です。

日経トップリーダー編集の「奇跡の製造業」。

Kisekino

本書は「日経トップリーダー」に掲載された記事を再編集したものですから、「日経トップリーダー」を購読されている方だと、「あ、なんか読んだことのある内容だな。」と思われるかもしれません。

「空洞化」が叫ばれて久しい、日本の製造業。「ものづくり」は日本が誇る国際競争力だったはずですが、現在では厳しい現実を突きつけられています。

しかし、日本の製造業、全てに元気がない訳ではありません。規模は小さくとも、キラリと光る会社は沢山あります。

そんな会社を紹介し、強い会社を作るヒントを学びます。

本書を読むと、やはり会社は経営者次第、とつくづく感じます。経営者の姿勢が正直に業績に反映されるのです。

その経営者の姿勢の一つが「財務に強いこと」です。製造業の経営者は大抵、職人あがりです。ですから技術には皆さん、自信があります。しかし、こと財務の話になると苦手が方がほとんどではないでしょうか。

業績のよい製造業、というより、中小企業は財務に強い経営者であることが多いです。経営者としての職責を果たすため、一から財務について勉強し、財務データをもとに意思決定をしています。

当事務所が訴えている「財務経営力」はまさに中小企業経営者にとって、強い会社づくりには欠かせないものなのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月26日 (水)

商店街はなぜ滅びるのか

所長です。

新雅史氏著の「商店街はなぜ滅びるのか」。

Shoutengai

大型ショッピングモールやアウトレットモールの出店が相次ぎ、既存店舗の集客力が弱まっています。その中でもとりわけ、各地の商店街の落ち込みは目を覆うばかりです。

果たして、商店街の衰退は大型店舗の出店のせいなのでしょうか。

本書によれば、大型店舗の出現も理由の一つですが、それ以前に日本人の生活スタイルの変化による所が大きいのではないか、と感じます。

サラリーマンの父親を中心とした核家族化。これが進むと、後継者がいなくなり、自営業者そのものの数が減ります。自宅と店舗が一体となった家ではなく、純粋なマイホームと化します。

これは商店街だけでなく、中小企業そのものを衰退させている大きな原因なのかもしれません。この点に関しては目から鱗、でした。

であるならば、現在、中小企業の経営者として頑張っている方は「自分の仕事、人生は楽しい、素晴らしい、夢がある!」と子供達に思わせるような日々を送りましょう。親が楽しそうに「経営者人生」を歩んでいなかったら、子供達が「跡を継ごう」なんて考える訳がありません。

そして、個々の店に活力がなければ、商店街だって活力を失います。商店街の中で営業している店はその責任の一端を担っているのです。

商店街によっては、奇跡の復活をとげた所もあります。未だに元気がある商店街もあります。皆さん、夢を持ちましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月25日 (火)

クリスマスイブwithヒーロー

所長です。

昨夜はクリスマスイブでしたね。皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はいつも仕事で利用しているラ・ボア・ラクテのクリスマス・ファミリー・ディナーショーに行っておりました。

ファミリー向けとあって、小さな子供連ればかりの会場で、周りに気兼ねすることなく食事ができました。

しかし、美味しい食事を楽しんでいる所へ、悪者(バグラス)が乱入。怯える子供達。せっかくの楽しいクリスマスイブが台無しに…と、その時、特命戦隊ゴーバスターズが助けに来てくれました。子供達の熱い声援を受け、ゴーバスターズは平和を守るため果敢に悪者と戦います。

Xmas2012a

しかし、今夜の悪者は強敵。ゴーバスターズをもってしても、簡単には倒せません。手に汗握る子供達。そこへ助っ人として現れたのは、なんと海賊戦隊ゴーカイジャー!ゴーカイレッドの助けも借り、無事、平和なクリスマスイブを取り戻したのでした。

Xmas2012b

ということで、子供達の楽しく熱いクリスマスイブが終わりました。最後にヒーローと握手、写真撮影で夢見心地のまま会場を後にしたのでした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月21日 (金)

社会からの期待

所長です。

昨日は飯能市にある駿河台大学様で、キャリアデザインという授業の中で講演の機会を頂きました。

Surugadai201212

駿河台大学様での講演は去年に引き続き、2回目ですが、受講者は学生さんなので雰囲気は「初演」のまま。(学生さんは進級、卒業しますので、同じ授業は2年連続しては受講しませんから。)

このキャリアデザインの授業というのは、学生がこれから就職活動をするに当たり、もっと言えば、社会に出るに当たり、様々な業種・職種の人の生の声を聞き、自分達のヒントや参考にする、というもの。そこで、私は「税理士」という仕事についてお話しさせて頂きました。

とはいえ、学生にとって、税理士という業種はあまり馴染みのないもの。いつものように中小企業経営者に話すのとは訳が違います。

そのため、あまり税理士の業務を深堀りするのではなく、企業が学生(新入社員)に対してどのような期待を持っているか、という視点からお話ししました。

「社会からの期待」と「自分がやりたい事」が一致すれば、就職活動はさほど困難ではない、と私は思います。しかし、大半の学生さんが不一致の状態のまま面接会場に行ってしまい、結果的に面接官と「噛み合わない」状態が起きるのです。

又、どのような業種・職種であれ、コミュニケーション能力は必要です。しかし、最近の学生さんは部活などでの先輩や指導教授との「上下関係」にあまり揉まれていないようで、就職してからその点で悩まれる方が多いように見受けられます。是非、学生さんは学生時代にコミュニケーション能力を磨いて頂きたいと思います。

但し、一方で経営者にもコミュニケーション能力が欠如している方が多いように思います。一方的な押し付けはコミュニケーションではありません。是非、経営者側にも意識して頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月20日 (木)

強い会社の教科書

所長です。

武蔵野の小山昇社長の「強い会社の教科書」。

Koyamatsuyoikaisha

著者は年に数冊、出版されているので、「もう小山さんの本は読み飽きた」という方も中にはいるかもしれませんが、ついつい買ってしまいます。

本書も今までの著書とどこが違うか、と言われると困ってしまうくらい、似た内容なのですが、繰り返し繰り返し読むことによって、次第に身についてくる気がします。なかなか同じ本を繰り返し読めばよいのでしょうが、似た内容の本を何冊も読む、というのも手かもしれません。

さて、「強い会社」の条件とは何でしょう?それは「儲かる仕組みが構築されていること」に尽きるのではないでしょうか。

では、「儲かる仕組み」とは何か?それについては「これをやったら確実に儲かる」というハウツーはありません。結局の所、「試行錯誤」しかないのです。その試行錯誤を仕組みとして定着させるためには、「PDCAサイクル」が回っていることが必要です。

ですから、まずは「P」。そうです、「計画」がなければ始まらないのです。

そして「D」、「有言実行」です。まあ、ここまでは大抵の人はやるのです。(ここまですらやらない方もいますが。)そして、「やってみたけど、うまく行かなかった。」でやめてしまうケースがなんと多い事か。

大切なのは、「C」「A」です。どうしたら目標達成できるのか、そのための方策を真剣に考え、対策を講じるのです。

この流れをいかに社内に構築するのか。そこに経営者としての手腕が問われるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月19日 (水)

付加価値をお届けするのは従業員

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会西部地区会の経営委員会に出席しておりました。

会場の狭山市市民会館もすっかりクリスマス仕様になっていました。

Doyu20121218_2

今回の委員会では、町田市にある「でんかのヤマグチ」さんをテーマに、「自社の付加価値」について学び合いました。

でんかのヤマグチさんは当事務所のセミナー等でも取り上げる機会の多い会社ですが、「商品を他社よりもいかに高く売るか」に創意工夫を重ね、価格競争とは無縁の世界を築いています。中小企業にとって、まさにお手本というべき存在です。

今回のテーマで、まず考えなければいけないのが、「自社の付加価値」について。利益をしっかりと確保するためには、ある程度の価格帯を維持する必要があります。その価格帯を維持するに値するだけの「付加価値」をどこに見出すのか、それが経営者の役割です。

次に考えるのが「社員教育」です。経営者が見出した付加価値を顧客にお届けするのは最前線の従業員なのですから、その従業員の何気ない発言や行動でせっかくの付加価値が台無しになってしまう危険性があります。従業員を「人財」に育てなければ、付加価値は社会で認められないのです。

今回もいい学び合いができました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月18日 (火)

次代を担う

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会の青年部準備委員会に出席しておりました。

会場は大宮駅のすぐそば、宇宙劇場。

Uchu201212

と言っても、プラネタリウムではありません。貸会議室です。以前、一回だけセミナーで利用したことがありますが、知らないと「会場はここ?」と思いたくなる場所ですね。

今回の会議は、埼玉中小企業家同友会の中に青年部を作ろう、という趣旨のもの。既に5回の会議を経ていますが、私はメンバーに声を掛けられ、昨日が初参加。

正直、最初は戸惑いましたが、やはり、「若手が元気じゃないと健全化しない」のはどこの組織でも一緒。若手が元気を発揮する場所を用意することは絶対に必要だ、と改めて感じました。

ですから、経営者が50歳以上の会社であれば、経営者は20~40代の若手従業員の活躍の場を作らなければいけませんし、逆に若手は(驕った表現かもしれませんが)次代を担う、という意識を常に持たなければなりません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月17日 (月)

ゼロからの挑戦

所長です。

京セラ創業者であり、KDDI、JALを率いる稲盛和夫氏の「ゼロからの挑戦」。

Inamorizero

著者は脱サラして京セラを創業し、一代で大企業へと成長させました。最近ではJALを再建し、その経営手腕は誰もが認める所でしょう。

著者の経営手法を学びたい、という経営者は国内だけに留まらず、世界中にいるわけですが、果たして著者の経営手法を素直に吸収できる方はどれだけいるでしょうか?

というのも、本書を読めば感じる所だと思うのですが、著者の経営手法は「テクニック」ではなく、「理念」や「姿勢」といった所に起因しているからです。

つまり、単なる「会社経営」といった、人生のごく一部だけを真似するだけでなく、「人生そのもの」や「社会との関わり方」といった広い意味での真似をしなければならないのです。表面上だけ取り繕っても、なかなか思うような結果は伴わないでしょう。

結局、企業の業績というのは経営者の姿勢を現したものです。「自分だけいい思いをしたい」という経営者では、いくら表面上、「顧客満足」を謳っても、早晩瓦解することは目に見えています。

経営者はしっかりと先人の教えを胸に刻み、真の意味で「いい経営」を心掛けなければならないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月14日 (金)

高齢者向け租税教室

所長です。

昨日は税理士会の派遣で、日高市内にて高齢者向けの租税教室の講師を務めさせて頂きました。

Koma201212a

公民館にお集まり頂き、税金のパンフレットを資料にお話をさせて頂くのですが、やはり興味を持たれるのは「相続税・贈与税」なので、そこを中心にお話させて頂きました。

Koma201212b

とはいえ、このパンフレット、文字が小さいので、これを読み上げようとすると受講者に大変ご苦労を掛けてしまうので、ほとんどホワイトボードを使って説明をしました。(しかも、板書の文字は大きく。)

受講者が少人数だったこともあり、気軽に受講者から質問を頂きながら、和やかなムードで進行でき、とても楽しいひと時でした。

毎年、小学校での租税教室を行っていますが、私個人としては久しぶりの高齢者向けということもあり、新鮮な気分でした。これからも色々な形で「税を身近に感じてもらう機会」を大切にしていきたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月13日 (木)

円滑化法から支援法へ

所長です。

昨夜はTKCの企画で、TKC全国会に入会していない税理士向けに「経営支援実務研修会」を開催し、講師を務めさせて頂きました。

Sonic201212

内容的には、中小企業施策として、今年は「中小企業金融円滑化法」から「中小企業経営力強化支援法」にシフトチェンジすることを受け、会計事務所としてどう対応すべきか、というものです。本研修はTKC会員向けには今年の7~9月の時期に開催済みなのですが、今回はまだまだ一般的には情報不足、ということも鑑み、TKC会員以外の方向けに開催しました。

一方で、中小企業向けの会計ルールには「中小会計指針」と「中小会計要領」の2種類があり、どちらを適用したらよいのか、という実務的な悩みもあります。「円滑化法」から「支援法」へのシフトチェンジの流れを意識すれば、おのずと判断基準も見えてくる、と個人的には考えていますので、その辺も踏まえてお話しさせて頂きました。

中小企業経営者に「財務経営力」を身につけて頂き、「資金調達力」をアップして頂くために、会計事務所がいかに支援できるか、そこがこれからの会計事務所経営に求められているのだと思います。

昨夜、ご来場頂いた方々に、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月12日 (水)

FB時代の中小企業経営

所長です。

昨日は日経トップリーダー、社長力アップ講座第七回「フェイスブック時代の中小企業経営」を受講しました。

Nikkei201212

講師はソーシャルメディアに詳しい、ループス・コミュニケーションズ社長の斉藤徹氏。

最近、すっかりFacebookやTwitterなどのSNSが浸透し、日常的に利用されている方も多いでしょう。(若手経営者の中では最早、Facebookは必須、の雰囲気さえあります。)

友人たちとの情報交換が簡単、かつ、スピーディーになり、「いい情報」が早く手に入るようになりました。一方で、「悪い情報」の入手も早くなりました。いえ、むしろ「悪い情報」の方がスピード感が加速している印象さえあります。

これは一個人の情報だけでなく、一企業の情報も含みます。つまり、企業の一挙手一投足が世界中から見られているのです。

このため、ソーシャルメディア社会では「企業がウソをつけない」のです。

顧客には善人の顏を見せても、従業員を疲弊・搾取しているような企業はその悪人の顏がSNSを通して、いとも簡単に白日の下に晒されてしまうのです。

従業員が職場でイキイキと仕事ができる。その従業員の仕事ぶりを通して顧客がハッピーになる。こういったプラスのスパイラルを構築することが現在の企業経営に求められているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月11日 (火)

炎のゴブレット

所長です。

ハリー・ポッターシリーズ第四弾、「炎のゴブレット」。

Harrypotter04

ハリー・ポッターシリーズの文庫化に伴い、今更かもしれませんが、読んでます。

いよいよシリーズも第四弾、冊数も3巻セットになりました(シリーズ第一作目からの通しだと7~9巻目)。登場人物も増え、イッキに読まないとストーリーを忘れてしまいそうです。

本作ではハリーの通うホグワーツ校と他校2校との3校対抗戦が行われ、そこに闇の帝王復活の罠が仕組まれており…というストーリー展開。ストーリーも終盤、ハリーが対抗戦優勝か、と思われた瞬間に…という所からまたストーリーが一転二転し、読者を飽きさせない内容です。

次はシリーズ第五弾、「不死鳥の騎士団」。冊数も4冊となり、読み応えありそうです。(どんどんストーリーが長くなるなぁ。)

全巻読み終わったら、DVDも観てみたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月10日 (月)

これからの中小企業政策

所長です。

本日、関東経済産業局の経営革新等支援機関向けの政策説明会が開催され、出席してきました。

Keisankyoku201212

本政策は中小企業金融円滑化法の受け皿とも言うべき、中小企業経営力強化支援法によるものです。

この円滑化法から支援法への流れは、「資金力の乏しい中小企業を広く救う」というスタンスから「頑張る中小企業を応援する」というスタンスへ変化している所が特徴的です。

すなわち中小企業は「応援してもらえる企業」として、自立した経営が求められるようになります。

自立型経営を目指すには、まず何よりも「適時・正確な帳簿作成」が基本となります。そして経営計画書。この両立がスタートラインになります。

これから社会からの中小企業に対する要請は少なからず、この方向性になりますので、中小企業経営者の方はしっかりと肝に銘じて頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月 7日 (金)

小さな会社の大きな仕事

所長です。

坂本光司教授監修の「小さな会社の大きな仕事」。

Sakamotoookina

著者は「日本でいちばん大切な会社」で知られますが、本書も同系列のものです。どちかかというと、「大切にしたい会社」のライト版のような感じでしょうか。今回は18社が紹介されています。

とはいえ、今までの書籍と重複している企業が多いので、著者の書籍を読まれている方にとっては「また同じ」と受け取られることもあるでしょう。

「大切にしたい会社」をまだ読んでいない、という方にとっては入門書としていいかもしれません。

本書に紹介されている18社のうち、サイボクハム辻谷工業イワコーといった埼玉の企業が3社も入っているのが地元民として嬉しいですね。

「いい会社」とは何なのか?是非、経営者の方には日々、自身に問いかけて頂きたい命題です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月 6日 (木)

決算書で自社を語ろう

所長です。

本日は日本政策金融公庫と川越商工会議所の共催、中小企業経営セミナー「決算書で自社を語ろう!」の講師を務めさせて頂きました。

Seminar20121206

30分程度の短いものも含めると、今週3本目の講演です。

今回のセミナーの内容は先日開催した弊所主催の経営支援セミナー2012「経営者は今こそ財務経営力を高めよ!」とほぼ同じ。(どちらかと言うと、経営支援セミナー2012の内容を少し軽くした感じでしょうか。)

一般的に、企業の成長に「融資」は必要です。必要なタイミングで融資が受けられないと、企業は成長のタイミングを逃してしまいます。

このため、経営者には「資金調達力」が求められます。

しかし、経営者が「借りたい」と言っても、金融機関に「貸せない」と言われてしまったらそれまで。ですから、金融機関から「貸したい」と言われるような経営をしなければなりません。

金融機関が「貸したい」と言うためには、経営者が自社の経営状態を数字を用いて説明し、必要な打ち手を明確に示すことが必要です。つまり、「数字に強い」経営者であることが求められるのであり、それが「財務経営力」ということになります。

決算書で自社を語れるかどうか、そこが企業の成長の分かれ道でもあるのです。

又、財務経営力を高めるにあたり、必要な取り組みがあります。それは「自計化」と「経営計画」です。タイムリーに数字を把握できる仕組み、目標との差額を把握して対策を講じる仕組みが最低限、必要なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月 5日 (水)

経営支援セミナー2012

職員・宮司です。

先日12月に毎年行われている、当事務所主催「経営支援セミナー2012」が開催されました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

今年は『経営者は今こそ財務経営力を高めよ!』と題した、当事務所所長の講演がメインとなりました。

Seminar201212a_4

経営者の皆様を取り巻く環境は常に変化し、厳しい時代が続いています。。。でも時代が時代だから、、、とあきらめ、手を打たなければ、いつまでたっても業績が良くなることはありません(>_<)

経営者が自社の経営状況やこれからの計画を数字を使って説明できる事、、、財務経営力を高めていく事が求められているのです。

経営者の考えをすこ~し変えていくことで、必ず会社は変わっていきますo(^o^)o

セミナーの後は懇親会です。美味しい料理とお酒を飲みながらの異業種の方々との交流は、貴重な財産となります。

Seminar201212b

新しい出会いもあり、当日誕生日を迎えられた方にサプライズがあったりと、、、私達事務所の職員も楽しい時間を過ごすことができました。
 
回のセミナーで、平成24年の当事務所主催のセミナーはすべて終了です。これからも経営者の皆様に役立つセミナーを開催していきますので、来年もよろしくお願いします(⌒0⌒)/~~

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月 4日 (火)

付加価値のある資産に

所長です。

昨日はTKCの企画で積水ハウス様の施工中の新築物件を見学しました。

Sekisui20121203a

今回の物件は上級グレードの賃貸マンション、というコンセプト。周辺物件と比べると割高な賃料にも関わらず、駅から徒歩1分という好立地ということもあり、入居者募集をかけると同時に満室になったそうです。

玄関を抜けると共用廊下もいい雰囲気。今や、賃貸物件でもここまでオシャレにしないとプレミア感が出ません。

Sekisui20121203b

部屋の中も要所要所にタイルと間接照明が効果的に入っており、上級グレード感を演出しています。うっかり賃貸物件だ、ということを忘れてしまいます。

Sekisui20121203c

もちろん、見た目だけでなく、入居者の居住性にも配慮した良物件でした。資産活用を考えるなら、しっかりと「付加価値のある資産」となるように考えなければならない、ということを改めて考えさせられました。

物件見学の後は場所を移して、研修会と懇親会。研修会では講師を務めさせて頂きました。

Sekisui20121203d

それにしても、座敷での研修会はやりづらいこと、この上なかったです…。何と言っても、懇親会が控えてますからね…。

 

==================================
経営者は財務経営力を高めよ!
中小企業経営者のための
「経営支援セミナー2012」、絶賛受付中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2012年12月 3日 (月)

いよいよ明日!経営支援セミナー2012

職員の今井です。

今年も残すところあと1か月となりました。

皆さん、年頭に立てた今年の目標は、達成しつつあるでしょうか?私は、今年の目標の一つであった「MOS資格を取る」に向けて、頑張って勉強しているところです。(今頃?という声が聞こえて来そうですが・・・)

事務所でも先週の終わりに、今年立てた目標の推進状況や、来年はどういう風に業務を進めていくかについて所内で会議をしました。

来年の事も見据えつつ、今年残り1か月をしっかり有意義に過ごしたいと思います。

さて、社長さんや事業主の方々は、今年はどういう年でしたか?勿論、来年へ向けての展望や目標なども考えていらっしゃることと思います。

明日は、事務所主催の「経営支援セミナー2012」を行います。

Seminar2012_main

厳しい経営環境の中でもたくましく生きていくために、経営者が何を目指せばいいのかなどを解りやすく解説していく予定です。

来年のことは勿論、5年、10年後を見据えた経営を考えていく上でのヒントになるかもしれません。是非、お気軽にご参加下さい。

申込みは当日まで受け付けています。皆様のご参加をスタッフ全員で心からお待ちしています。

 

==================================
経営者は財務経営力を高めよ!
中小企業経営者のための
「経営支援セミナー2012」、絶賛受付中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »