« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 日本ラテン化計画 »

2012年11月12日 (月)

成年後見制度

所長です。

先日ブログにも書きましたが、当事務所は中小企業経営力強化支援法による経営革新等支援機関に認定されました。その認定通知書が届きました。

Shienho20121105_2

既に認定を受けた連絡はきていたものの、書面でも届くとまた身の引き締まる思いがしますね。中小企業支援、しっかり頑張っていきたいと思います。

さて先週、税理士会青年部の企画で青年後見制度について研修しました。

Seinenbu201211_2

成年後見制度、一般の方にはなじみのない制度だと思いますが、ぜひその存在くらいは知っておいて頂きたい制度です。

認知症や知的障害などで物事の判断能力が十分でない方の保護のための制度であり、後見人が本人の代わりに手続きを行うことができるようになります。判断能力は十分ではないが、署名押印はできてしまう、という方が家族にいた場合、本制度の利用を考えてみてもいいかと思います。

世の中にはいわゆる「悪徳業者」もおりますから、一般のクーリングオフがきかない状況で契約書にサインさせられてしまった場合も怖いですが、そもそも普通の営業であっても、不必要な契約を結んでしまう危険性はありますから、備えはあるに越したことはないでしょうね。

 

==================================
経営者は財務経営力を高めよ!
中小企業経営者のための
「経営支援セミナー2012」、絶賛受付中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 日本ラテン化計画 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 日本ラテン化計画 »