« 伝える力 | トップページ | 決算だけでいい? »

2012年10月25日 (木)

夢のあるドラフト会議

所長です。

日本プロ野球界では日本シリーズ開幕を控え、今日のドラフト会議も話題の一つ。

巨人に行きたい、メジャーに行きたい、という選手の行方でドラフトのルールが問題になっていましたが、本来、その競技が人気競技であるためには、競技者とファンとの間に夢や希望がなければなりません。

競技者であれば、自分の憧れの選手やチームがいて当たり前です。その憧れの選手のように活躍したい、憧れのチームで活躍したい、それが競技者として当たり前の状態だと思います。

ですから、その競技者の夢や希望をルールで縛る、というのは本末転倒な話です。もちろん、チーム間の戦力バランスを保つ、ということも必要だと思います。

大事なのは、各チームが魅力的なものとなり、夢や希望を持って入団してもらえるようになることでしょう。そうすれば、おのずとファンだってついてきます。

企業も同じです。その企業に夢や希望を持って就職し、やりがいをもって仕事ができる環境であれば、おのずと顧客(ファン)はついてくるものです。

今、夢や希望を持たない若者が増えている、といいますが当たり前です。大人たちが夢や希望を忘れているのですから。ぜひ、若者が夢や希望を持てるような、そんな社会づくり、企業づくりをしていきましょう。

 

==================================
経営者は財務経営力を高めよ!
中小企業経営者のための
「経営支援セミナー2012」、絶賛受付中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 伝える力 | トップページ | 決算だけでいい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伝える力 | トップページ | 決算だけでいい? »