« 企業を守る職員さん | トップページ | ドイツにおける税理士の役割 »

2012年9月 5日 (水)

中小企業の海外進出

所長です。

昨日はTKCの生涯研修を受講しておりました。

今回の内容は、「海外進出支援」。

Matsuzaki201209

大企業ならともかく、中小企業にとっては海外進出という話はレアケース。だから巷の会計事務所にとっては無縁の話。…現在、そういう雰囲気があるのは確かです。

しかし、グローバル化が進展し、インターネットも普及、そして内需減退の状況にある昨今、マーケットを海外に求める企業が増えるのは自然なことだと思います。それに反して会計事務所が「うちには無縁」と決め込んでいては、もしかしたら可能性のある中小企業の芽を知らぬ間に摘んでしまっているかもしれません。

折しも、中小企業経営力強化支援法が施行され、会計事務所に中小企業の経営支援ニーズが高まっている所ですから、会計事務所は色々な場面で中小企業の支援ができなければいけないと思います。

一方で中小企業経営者の方は現状に惑わされず、夢を持って前向きに自社の成長に心血を注いで頂きたいと思います。

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、絶賛開催中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 企業を守る職員さん | トップページ | ドイツにおける税理士の役割 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業を守る職員さん | トップページ | ドイツにおける税理士の役割 »