« やってはいけないアパート経営 | トップページ | ぐんま秋期大学 特別研修・講演を聞いて »

2012年9月17日 (月)

ぐんま秋期大学

職員の今井です。

群馬県渋川市で開催された「TKC関東信越会ぐんま秋期大学」に参加してきました。

Tkc_gunma2012a

TKC会員や職員が一堂に集い、研修と親睦を図るもので、今年は「〜Go On TKCing!ぐんまの地で、学びと気づきを〜」と題して、伊香保温泉の諸会場で、講演や研修、またレセプションなどを行いました。

開校式の後の基調講演は、「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者である宗次徳二氏の「経営革新はリーダーの行動改革から」です。

ココイチという呼び名でお馴染みの「カレーハウスCoCo壱番屋」は、1978年に名古屋の郊外に第1号店をオープンしてから、現在は国内外に1300店舗以上を展開し、東証1部上場を果たし、成長を続けている国内最大手のカレーチェーン店です。

今回はその成功の秘訣や、経営者としてあるべき姿などをお話しいただきました。

宗次氏は、毎朝必ず3時45分前後に起床し、4時5分頃には会社でタイムカードを押すのだそうです。当然、社内の誰よりも早い出勤です。早朝の仕事の後、6時半から8時頃までは、会社の前の道路を掃除したり、花壇に花を植えたり手入れをしたりされます。

自社だけでなく、自社の周囲20〜30mの近隣まで掃除すると「あの会社は社長が率先して掃除を一生懸命やっている」「ああいう会社なら利用したい、応援したい」と次第に地域の人々から信頼を得られるようになるのだそうです。

そして「お客様第一主義」「現場第一主義」を貫いておられます。私利私欲に走ることなく、ゴルフ三昧、贅沢三昧をすることもなく、現場に居て、社員や取引先、そしてお客様が喜ぶことを集中して行うのだそうです。不眠不休を厭わず、寝食を忘れて必死で頑張れば、3年、5年、10年後に勝ち残れるとのことでした。

「率先垂範(そっせんすいはん)」という言葉を使っておられましたが、経営者が自らが率先して模範を示すことによって、社員がそれを見習い、従ってくれるということだと思います。

確かに、高級車を乗り回し、ゴルフ三昧で、会社に居ない社長より、自ら率先して汗水垂らして働く社長についていきたいと思うのは、私だけではないハズですよね。

社長が自らの行動を律して改革していかなくては、会社の経営改革は出来ません。

経営に集中して、経営に身をささげる、経営者のあるべき姿勢をしっかりと見せていただいた気がします。

そして、私にも実践出来そうなことを宗次氏の言葉から見つけました。

宗次氏は朝起きる時に、何故か目覚ましより早めに目が覚めてしまうことがあるのだそうです。そういう時「まだもう少し寝れる」と二度寝をしてしまうと、目覚ましが鳴った時にもっと辛くなるので、自然に目が覚めた時は「エイッ」と頑張って起きるのだそうです。そうして「早く目が覚めてラッキー!」と思うのだとか・・・。エライです。素晴らしいと思います。

私も最近、老境に入ったのか(!?)やたらと早く目が覚めてしまうことがあります。「ラッキー!」と思うことにします。そして二度寝せずに「エイヤッ!」と起きてみることにしますっ!

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、絶賛開催中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« やってはいけないアパート経営 | トップページ | ぐんま秋期大学 特別研修・講演を聞いて »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やってはいけないアパート経営 | トップページ | ぐんま秋期大学 特別研修・講演を聞いて »