« 経営者塾2012、第3回開催 | トップページ | トイストーリー・マニア »

2012年8月 9日 (木)

超入門、失敗の本質

所長です。

第二次世界大戦中、領土を拡大していた日本がなぜ最後は敗戦に至ったのか?

鈴木博毅氏著の「超入門、失敗の本質」。

Shippainyumon

本書は日本軍敗戦の原因に迫った「失敗の本質」を分かりやすく解説した内容になっています。

「失敗の本質」によれば、日本軍の敗戦は組織論の問題なのだそうです。軍事力の差ではなく、組織の差。これは現代経営や社会づくりに応用できる話なのです。そのため、今、脚光を集めている一冊なのです。

中小企業も経営者の組織づくりによって成長もすれば、衰退もします。現場の情報を上手く活用できるか、状況の変化を見極められるか、戦略が隅々まで浸透しているか、軍も企業も本質的な部分は一緒なのですね。

現在の日本ではまさにイノベーションが必要なのですが、そのイノベーションがうまれにくい風土が定着しているようです。日本軍が犯した最大の失敗を糧に、経営者は自社の経営に取り組んでみてもいいのかもしれません。

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、絶賛開催中!
「売上アップ大作戦!」、近日開催!!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 経営者塾2012、第3回開催 | トップページ | トイストーリー・マニア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営者塾2012、第3回開催 | トップページ | トイストーリー・マニア »