« 消費税増税を見据えて | トップページ | お盆を過ぎたらだだちゃ豆 »

2012年8月23日 (木)

アリアドネの弾丸

所長です。

バチスタシリーズ第5弾、海堂尊氏著の「アリアドネの弾丸」。文庫化されたので早速読みました。

Kaidoariadone

本作は第1作「チームバチスタの栄光」以来となる院内事件の解決のエピソード。2作目以降はどちらかというとミステリーではなく、現代医療が抱えている問題点をクローズアップしていましたが、今回は久しぶりにミステリー作品となっています。

とはいえ、そこは海堂氏、しっかりと医療問題についてもネタを入れてきています。本作ではエーアイセンターの設立を物語の軸にしながら、医療と司法の対立も織り交ぜています。

難しいことを考えずとも、病院内で発生した事件の謎を田口・白鳥コンビが解決できるのか、という純粋なメディカルエンターテイメントとしても十分楽しめる作品です。

又、本作ではバチスタシリーズ番外編ともいえる「螺鈿迷宮」や「極北クレイマー」シリーズともリンクしてくるので、そちらも押さえておきたい所でしょうか。

さて、海堂作品としては「マドンナ・ヴェルデ」、「極北ラプソディ」、そして最新刊の「ケルベロスの肖像」の文庫化を楽しみにしております。

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、絶賛開催中!
「売上アップ大作戦!」、近日開催!!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 消費税増税を見据えて | トップページ | お盆を過ぎたらだだちゃ豆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費税増税を見据えて | トップページ | お盆を過ぎたらだだちゃ豆 »