« 完成は10年後 | トップページ | ロンドン五輪、開幕! »

2012年7月27日 (金)

中小企業のブランド力

所長です。

酒井光雄氏著の「中小企業が強いブランド力を持つ経営」。

Brandryoku

業績のいい企業と悪い企業、その境目は何でしょう?

様々な要因があると思いますが、一つの共通点として「ブランド力」があります。

「ブランド力」というと大企業の専売特許のような印象がありますが、中小企業においても重要な位置づけにあるのです。

そもそも大半の経営者が「ブランド」というものを誤解しています。ルイヴィトンのバッグのような商品を作り、高級店を開くことではありません。「あそこの商品なら間違いない」「あの人のサービスは素晴らしい」という安心感のような付加価値なのです。

しかし、残念ながら、大半の経営者はさらに誤解をしています。「うちの技術力は素晴らしい」という勝手な思い込みです。どんなに素晴らしい技術力があってもそれを顧客に伝え、納得して頂けなければ技術力がないのと同じなのです。

つまり、「自社の商品やサービス、技術の素晴らしさ」を伝える、具現化する努力がないのです。それに対してブランド力のある企業は「入れ物」にもこだわりを持っています。

そして、ブランド力を高める過程において、「自社の顧客は誰なのか?」「自社の商品とは何なのか?」という商売の原点を見直すことも必要なのです。

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、絶賛開催中!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 完成は10年後 | トップページ | ロンドン五輪、開幕! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 完成は10年後 | トップページ | ロンドン五輪、開幕! »