« CLASSIC6月号 | トップページ | 怒らない技術 »

2012年6月15日 (金)

不動産価値を高めるソリューション

所長です。

昨日はTKC埼玉西支部大和部会の研修会に出席しておりました。

今回のテーマは「不動産価値を高めるソリューション」というタイトルで大和ハウスグループの日本住宅流通、間宮昭次氏に講演頂きました。

Daiwa20120614

日本では当たり前のように「築30年で建て替え」と言われていますが、欧米では築50年から100年経過している建物は珍しくありません。もちろん、地震の影響もあるので単純比較はできませんが、日本の建物のサイクルが短いのは確かなようです。

しかし、賃貸物件の場合、建物自身の寿命よりも収益性のある期間がさらに短いのが現状です。10年以上経過すると周囲の経済状況などが変化してしまい、思うように活用できていない物件が多くみられます。

そこで、建て替え以外にも、建物の用途変更によって建物自身を甦らせることができる、というのが今回のテーマ。最近では社宅を老人ホームに転用するケースも多いようです。

更地をどうするか、老朽化した建物をどうするか、だけでなく、建物の用途変更も視野に入れて、資産価値を高める必要があるのですね。

 

==================================
自律型経営を目指せ!
中小企業経営者のための
「経営者塾2012」、6月開講!
http://bit.ly/ny8UFD
==================================

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« CLASSIC6月号 | トップページ | 怒らない技術 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CLASSIC6月号 | トップページ | 怒らない技術 »