« mova終了 | トップページ | 資産活用事例を学ぶ »

2012年4月 2日 (月)

役に立つ税理士

所長です。

今日から新年度、心機一転という方も多いでしょうね。

ダイヤモンドからのムック本、「役に立つ税理士&知って得する節税」。まさに「税理士選びのガイド本」です。

Diamondmooktax2012

税理士サイドからこの手の本を見ると、「う~ん、本質が分かってないなぁ~」などと感じることが多いのですが、それはあくまで業界サイドの言い分。

顧客サイドから見たら、不透明な部分が多く、何を基準に選べばいいのか分からない、という不健全な業界だ、ということでしょう。

「自分にとって相談しやすい税理士ってどんな人?」という観点もあり、公平な目で見れば、結構まともな構成になっているような気がします。

ただ、そこの特定の会計事務所の連絡先が明記されているのはどうか、と…。例えば、「最寄りの税理士会に問い合わせして下さい」、とか、「インターネットでの検索の仕方」とか、そのような構成になっていればもっと良かった気がします。

金融庁からの監督指針や中小会計要領といった流れを受け、今、税理士の果たすべき社会的責任が高まっています。今までの業界慣習に囚われず、社会的ニーズにしっかりと応えていかなければなりません。社会にとって「役に立つ税理士」となるよう、これからも自己研鑽を重ねていきたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« mova終了 | トップページ | 資産活用事例を学ぶ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« mova終了 | トップページ | 資産活用事例を学ぶ »