« お勤め終了! | トップページ | あきらめない力 »

2012年3月 7日 (水)

コミュニケーション能力

所長です。

最近、コミュニケーション能力を高めるための書籍やセミナーをよく見かけます。

おそらく、その目的は仕事で活かすためかと思われます。中には就活のために勉強している学生さんもいらっしゃるかもしれませんね。

では、「コミュニケーション能力」というと、どういう能力を指すでしょうか?おそらく大半の方が「明るく流暢に話ができる能力」を想像されるのではないでしょうか。

でも、果たしてそうでしょうか?

コミュニケーションとは、相手と自分の意思疎通を図ることだと思います。しかし、自分が一方的に話をするだけで、相手と意思疎通が図れるでしょうか?

そうです、相手と意思疎通図る上で欠かせないのが、「相手の話を聴く」という事なんです。それなのに、この「聴く」という行為を重要視されていない方が多い気がします。(相手の言いなりになる、という事ではないのでご注意を。)

人は基本的に「自分の話を聴いてくれる」という状況を嬉しく感じます。この状態になると人は心をオープンにしやすくなります。逆に相手が一方的に興味のない話を延々としていると、次第に心を閉ざしていきます。意思疎通しやすいのはどちらでしょうか?

是非、「傾聴力」を意識し、コミュニケーション能力を高めてみましょう。

ちなみに私は「自分の経験値を3倍上げる」ことを意識していますが、そのために実践することは、「読書」と「人に会う(人の話を聴く)」です。自分一人の経験値はたかが知れてますので、他者の経験値を拝借しよう、という魂胆です。「三人寄れば文殊の知恵」とも言いますからね。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« お勤め終了! | トップページ | あきらめない力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お勤め終了! | トップページ | あきらめない力 »