« 評価されるべきはどっち? | トップページ | 経営者の責任と覚悟 »

2012年3月 1日 (木)

原発事故の真実

所長です。

経営コンサルタントでもあり、原子力工学の専門家でもある田坂広志氏の「官邸から見た原発事故の真実」。

Tasakagenpatsu

著者は学生時代、原子力工学を専攻した専門家であり、昨年の福島原発事故に際し、内閣官房参与を務めました。本書はその時の体験をベースに、インタビューで構成されたものです。

今回の事故をきっかけに原発の是非についていくつのもの議論がされております。私も基本的には原発反対です。

しかし、現在の社会インフラを維持するために必要なエネルギーの確保が必要です。原発に代わるエネルギーとすると、やはり火力に頼らざるを得ないのが実態であり、そのためには電気料金の値上げもやむなし、なのでしょう。

本書の中で著者は原発の危険性も訴えた上で、「原発の安全性の向上への挑戦も必要」と言われています。地球温暖化への影響や、安定的な電力供給にとって原子力はうってつけのエネルギーなのです。又、著者は「安全性」について、単なる技術的安全性だけでなく、様々な影響を考慮したトータル的な安全性を追求するべき、とも説かれています。

東日本大震災の発生から一年近くが経過しようとしていますが、原発問題はまだまだ先が見えません。政府は勿論ですが、市民レベルでもっと原発(の実態)に対する理解を深めることも必要、と感じた一冊でした。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 評価されるべきはどっち? | トップページ | 経営者の責任と覚悟 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 評価されるべきはどっち? | トップページ | 経営者の責任と覚悟 »