« ズルい仕事術 | トップページ | 医療格差とセカンドオピニオン »

2012年3月21日 (水)

塞翁が馬

所長です。

この仕事をしていると日々様々な相談を受けます。

基本的に、相談をされる方は「困った状態」を相談されます。決して「嬉しい悩み」を相談してくれません。

こうなると、「相談」=「暗い話題」となりがちです。

しかし、客観的に話を聴いてみると、一方的に「悪い話」ではないケースもあります。結果的に良かった、というものさえあるのです。

要は物事は心の持ち様です。瞬間的には感情的になってしまい、物の良し悪しを判断できなくなったとしても、長期的に見れば「良かった」と思えることはあるのです。

目の前で起きた事象には「いいこと」も「わるいこと」も両方あるのだ、と思います。

しかし、大抵の場合、そのどちらかの側面が大きく見えてしまい、その影に隠れている部分を見落としてしまうのです。まさに、「人生万事、塞翁が馬」なのでしょうか。

さりとて、当事者では中々その影に潜んだ側面にすぐ気付くのは難しいもの。だからこそ、身近によき相談相手がいるといいのです。

よき相談相手とは、自分にとって都合のいい人ではありません。時にはなぐさめ、時には厳しいことを言ってくれる人なのだと思います。

企業や納税者にとって、税理士や会計事務所がそういった立場になることが社会的にも求められている、と感じる今日この頃です。

 

===================================
中小企業経営者、必聴!
税制改正セミナー2012、開催!!
http://bit.ly/yzXEqY
===================================

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« ズルい仕事術 | トップページ | 医療格差とセカンドオピニオン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ズルい仕事術 | トップページ | 医療格差とセカンドオピニオン »