« ダブルスコア | トップページ | 他喜力 »

2012年1月11日 (水)

ディズニーの教え方

所長です。

以前から気にはなっていた一冊。

福島文二郎氏著の「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」。

9warioshiekata

本書はビジネス書としてのディズニーランド本としてはある意味、メジャーな内容のものかもしれません。

9割がアルバイトで構成されている職場を想像してみて下さい。

そこで受けられるサービスとは一体どのようなレベルでしょうか?

ディズニーランドでは効率よく、機能的に運営されているだけでなく、リピート率98%という数字が証明しているように、極めてCSが高いテーマパークです。

一体どうしたら9割がアルバイトの職場で高いCSを保てるのでしょうか?

それは「社員教育」に他なりません。

「ディズニーランドだからできるんだよ。」という批判は不適切です。「人を育てる」、「顧客に喜んで頂く」ということに業種も職種も関係ありません。その価値観を捨てるのであれば、それは最早ビジネスと呼べる代物ではないでしょう。

長引く不景気で「本物」が求められる時代だからこそ、「社員教育」を根本から見直してみるべきではないでしょうか。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« ダブルスコア | トップページ | 他喜力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダブルスコア | トップページ | 他喜力 »