« 幸せのちから | トップページ | ダブルスコア »

2012年1月 7日 (土)

日本でいちばん大切にしたい会社 3

所長です。

坂本光司教授の最新刊「日本でいちばん大切にしたい会社3」。

Sakamototaisetsu03

本シリーズ前作まで読んでいる者にとって、待望の続編ですが、本シリーズを読む度に、まだまだ世の中には「いい会社」があるものだと感じ入ります。

「いい会社」とは何でしょうか?

業績がよければいいのでしょうか?経営者の所得が多ければいいのでしょうか?

その会社に関係する全ての人が幸せになるような会社、それが「いい会社」の本質です。

サブプライムローンが点火材となった世界的不景気ですが、この状況から脱し、永続できる会社とは「いい会社」です。世間の人達がこぞって応援したくなるような「いい会社」です。周りが蹴落としたくなるような会社では到底生き残っていけないのです。

本書にもそんな「いい会社」が数社、紹介されています。

中小企業が生き残っていくためのヒントがそこにあるような気がします。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 幸せのちから | トップページ | ダブルスコア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せのちから | トップページ | ダブルスコア »