« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

2011年、仕事納め

所長です。

当事務所では本日、仕事納めです。

今年も色々ありましたが、本当にお世話になりました。

中小企業を取り巻く環境は依然として厳しいままですが、明けない夜はありません。春の来ない冬もありません。

経営者は「勇気」を持って、「一隅を照らす」存在になって頂きたいと思います。

ところで、今日は午後から所内の大掃除をしました。

Oosouji2011a

毎朝掃除をして、それなりにキレイにしているつもりですが、一年の汚れはしっかりと溜まっているものです。

Oosouji2011b

今年は片づけ本が流行ったりもしましたが、うちにこんまりさんが来たら大変な事になるだろうなぁ…。(恐怖)

言い訳として、、、ときめかなくても、法律上捨てられないもの(書類)が沢山あるんです…。(捨てても大丈夫なものもあるんじゃないか、って?まあ、その…。)

さて、今日で仕事納めですので、12/29~1/4は年末年始休業となり、仕事始めは1/5となります。ご了承の程、お願い致します。

では皆様、よいお年を!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月27日 (火)

モラトリアム、延長

所長です。

昨夜のニュースによると、「平成の徳政令」と言われた金融円滑化法の期限がまた1年延長されることになりそうです。

もともと今年の3月で期限切れになる予定だった本制度。それが3.11の大震災の影響もあって、来年の3月まで1年延長されておりました。

それが、また再延長の方針が…。

本制度はリーマンショックの後、業績が落ち込む中小企業を救うべく、亀井大臣の肝入りで成立しました。簡潔に言えば、「金融機関への借入返済を1年待ってもらえる」制度です。

そもそもの趣旨は、「1年の猶予期間のうちに業績を回復させる」ことなのですが、「借りた金を返さなくてもいい」という誤解を招き、破綻寸前の中小企業の延命治療に成り下がってしまっているのが現状です。

この制度が終了する予定だった来年3月。下手すれば、そこで「中小企業の大クラッシュ」が起こることも想定されました。しかし、この1年再延長は「単なる大クラッシュの先送り」となる懸念も十分にあるのです。

来年度の予算や税制改正を見ても、「抜本的改革」はなく、「問題先送り」の陳列状態。時として、流血覚悟のスクラップ&ビルドが必要だと思うのですが、これ以上、何を時間稼ぎしなければならないのでしょう?

来年、中小企業経営者は今まで以上に心して経営に取り組んで頂かなければならないでしょう。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月26日 (月)

年末調整、やってます

所長です。

いよいよ今年もあと一週間になりましたね。

東日本大震災にタイ大洪水といった大規模自然災害もありました。独裁国家の要人の死もありました。ギリシャショックに代表される経済危機もありました。

振り返ると悪いことが多かった一年に思えますが、いかがですか?

でも、個人の生活ベースでは、ささやかでも楽しかったこと、良かったこともきっとあったハズです。

ぜひ今週はそんな「ささやかだけど、楽しかった」記憶で締め括り、「終わり良ければ、全て良し!」という感じで年越しにのぞみましょう。

さて、ただいま会計事務所では「年末調整」真っ盛りです!

当事務所では今日、明日がピークです。クライアントの皆様はご協力の程、よろしくお願い致します。

ちなみに今年、年末調整をやっていて思うのは、中学生以下のお子さん(いわゆる「年少扶養家族」ですね)を持つ方の増税。

今までは子供の数だけ「扶養控除」ができましたが、中学生以下の子供は控除の対象から外されてしまいます。「子供手当の支給」と引き換えになくなった当控除。でも、結局、子供手当は満額支給されたこともなく、結果として「増税」だけが残った形です。

混迷の時代を抜け出すために政策が必要な時なのですが、その政策が迷走していますね…。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月24日 (土)

イエスマンが会社を救う

所長です。

今日はクリスマスイブですね。皆様、いかがお過ごしですか?

さて、武蔵野の小山昇社長の新刊、「社長はなぜ、あなたを幹部にしないのか?イエスマンこそが会社を救う」。

Koyamakanbu

通常、「イエスマン」とは否定的なイメージで使われることが多いのですが、本書で著者は肯定的イメージで捉えています。

それは、経営者が社内を改革しようとしている場でのこと。

ここで抵抗勢力にならずに、経営者の想いを素直に実行していく所に幹部社員の力量があると著者は言います。

本書の最大の特徴は、経営者向けではなく、幹部社員(もしくは候補生)向けに書かれている点。著者の今までの著書と内容はそう大して変わらないのですが、切り口が幹部社員向けと変わっています。

そのため、まず経営者が読み、そして幹部社員(候補生含む)に読ませる、という流れでもいいでしょう。

いずれにせよ、この厳しい経済環境では社員一丸とならなければ、会社の危機脱出は難しいのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月22日 (木)

キャリアデザイン

所長です。

今日は飯能市にある駿河台大学経済学部にて、キャリアデザインという授業で出番を頂きました。

Surugadai201112a

本学は飯能市の豊かな自然に囲まれ、校舎もキレイで、学生にとって、とてもいい環境ですね。

Surugadai201112b

昨今の就職難の状況も反映してか、授業の中で様々な業種・職種が紹介され、学生の就職活動にとって有意義なカリキュラムとなっているようです。

今日はその一環で、「税理士」という切り口から学生に対し、「仕事の現場」を知って頂くため、講演の機会を頂きました。

とはいえ、「税理士」や「会計事務所」は社会的に特殊分野で、人生の中でまったく接点を持たない人の方が多いかもしれません。その特殊分野に特化した話を延々としてもつまらないでしょうから、あくまで「税理士」を切り口とした、「社会人にとって求められる能力」について話しました。

特に強調したのは「コミュニケーション能力」について。

当事務所でもスタッフの募集をすると、「私は対人関係が苦手で、事務職を希望します。」という大きな勘違いをしている人が結構来ます。当事務所では訪問型スタイルなので、コミュニケーション能力は必須です。

これはどの業種・職種でも同じだと思います。

仕事は一人ではできません。少なからず他人との接点を持つものです。ですから、仕事に対する専門知識も当然ですが、コミュニケーション能力も大きなウェートを占めるはずです。

そして、次に訴えたのは「小差が大差を作る」ということ。日々の努力は一日や二日でその成果は図れません。しかし、コツコツと地道な努力を続けることで大きな成長につながります。何も考えず漫然と過ごした日々と、地道な努力を続けた日々では同じ時を過ごしても大きな差が生まれるのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月21日 (水)

心の時代の感動サービス

所長です。

坂本光司教授監修の「心の時代の感動サービス」。

Sakamotokokoro

物が有り余る時代、今、消費者が求めているのは「感動」。

それは映画に出てくるような大感動シーンではなく、ちょっとした親切や気遣い。思わぬ所で出くわすと、それが「感動サービス」につながります。

結局、商売は「人対人」のコミュニケーションです。インターネット全盛の時代であっても、売り手を買い手のコミュニケーションはどこかしらで発生します。担当者の何気ない一言が商品やサービスの価値を壊してしまう事もあります。逆に対応一つで付加価値が上がったりもします。

本書では、その「何気ない心がこもったサービス」が集められています。「この位だったら自分でも出来る!」と思ったら、即実践してみませんか?それだけで貴社の業績も変わるかもしれませんよ。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月20日 (火)

新ネタ仕入

所長です。

今日は大宮で、私の所属するTKC関東信越会、創業・経営革新支援委員会の会議でした。

当委員会は中小企業の活性化を支援する活動をしているのですが、今日も来年の目標設定に有益な情報を得ることができました。

クライアントの皆様には年明け以降、追々お伝えすることができると思います。

会議の後はもちろん懇親会(忘年会?)。

Soukei201112

埼玉だけでなく、新潟、長野、栃木、群馬、茨城の方々と情報交換できる場なので、とても有意義な時間を過ごすことができました。

特に栃木の先生から以前から気になっていたネタを仕入れることができたので、個人的にとっても嬉しい懇親会でした。(来年のセミナーで披露?)

さて、今週は忘年会ラストウィーク。明日、明後日と3連戦ですが、頑張ります!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月19日 (月)

もし上司にFBを始めろと・・・

所長です。

いよいよ今年もあと2週間ですね。あっという間だった気がします。

ところで、去年はTwitter、今年はFacebook(以下、「FB」)、とよく言われますが、本当に日本でもFB人口が増えた気がします。

西江肇司氏著の「もし会社の上司に、Facebookを始めろと言われたら?」。

Moshifb

うちの事務所でもスタッフ全員FBのアカウントを持ち、業務連絡もFBを使って行うようになりました。とても便利なツールだと思います。

が、本書のタイトルだと「上司からやれ、って言われたけど、社内でどう活用したらいいのかよく分からない」という時の参考になる内容かと思ったのですが、FBページの活用が中心の内容でした。

だから、どちらかというと、まずは経営者が「よし、うちもFBページを活用してみよう!」と思わなければ始まらないかもしれません。そうなると本のタイトルは「もし会社の部かに、…」でしょうか?(笑)

又、FBページの活用事例が多く掲載されていますが、少し残念なのは大企業の事例ばかりで、できれば中小企業の活用事例も紹介して頂けると良かったかなぁ、と思います。

「FBって、何の事だかよく分からん!」という経営者の方は是非、一読されてみてはいかがでしょうか?とにかく、お金をかけずに利用できるツールは試してみましょうよ!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月16日 (金)

片づけの魔法

所長です。

「こんまり」こと、近藤麻理恵氏著のベストセラー「人生がときめく片づけの魔法」。

Katadukemahou

著者は片づけコンサルティングを行っており、その経験から「コツコツ片づける」のではなく、「イッキに片づける」ことを勧めています。

たしかにイッキに片づけて、まるで模様替えしたかのような部屋の中にいると、とても気分がいいものです。

しかし、イッキに片づけるには、今まで部屋の中にあった物をイッキに「捨て」なければなりません。普通はここが出来ない所です。

そこで著者は、その物を見て、「ときめくかどうか」を基準に捨てるか残すかの判断をするそうです。間違っても、「もしかしたら後で使うかも…」という判断はしないのです。

結果的に部屋の中には、「自分がときめいた物」だけ残ることになります。こうすると「心がときめいた物」だけに囲まれて生活するので、自然と運気もあがるようです。

ちょうど年末ですし、今年の大掃除は「ときめくかどうか」でやってみませんか?来年は運気隆盛かもしれませんよ。

と言いながら、うちの事務所の中で一番ちらかってるのは私の机の上なのですが…。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月15日 (木)

現場力

所長です。

今日はTKCの研修で、早稲田大学ビジネススクールの遠藤功氏の講演を聴きました。(司会を務めさせて頂いたので、ちょっと落ち着きませんでしたが…。)

Endoisao

テーマは「現場力と見える化」。

遠藤氏は、日本企業・経済の競争力は「現場の自律性、自発性」にあると言われました。

日本の製造業の現場にはQCサークルのように、以前から「カイゼン」の積み重ねがあり、それが「ものづくり」を支えてきた歴史があります。

これは製造業に限らず、どの業種・職種であっても「現場の自律性、自発性」が求められると思います。(代表例はディズニーランドでしょうか。)

つまり、これからはトップの指示通りに動く「業務遂行型」から、自ら考え行動する「問題解決型」へとシフトしなければなりません。そこがリーダーの腕の見せ所になるのかもしれません。

現場が自ら考え行動する「問題解決型」になる事により、日々の小さな「カイゼン」がより一層積み重ねられ、イノベーションにつながるのです。事実、花王の人気商品「アタック」は25年間のうち、30回も商品改良されており、それが現在の超コンパクト洗剤というイノベーションを起こしているのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月14日 (水)

リーダーが本物か?

所長です。

今日はDVD「DOIT!」の製作をされているブロックスさんの試写交流会に出席してきました。

今回で2回目の参加なのですが、映像を活用し、ディスカッションを行うことで、参加者から様々な意見が出て、多くの気付きを得られます。今日も多くの御縁に感謝です。

Doit201112a

皆でキーワードを書き込みながらディスカッション。時間がない関係でワールドカフェとまではいきませんでしたが、とても有意義な時間でした。

今回のテーマは「価値観の共有」について。

組織が目指すべき目標を達成するため、必要なことかと思いますが、なかなか到達するのが困難な課題です。

そのため、大抵の組織では途中で諦めてしまうのですが、実際に「価値観の共有」が図れている組織ではリーダーの役割が大きいと思います。

いくらリーダーが声高に理念を唱えても、「言ってることと、やってることが違う」リーダーの言う事を誰が聞くでしょうか?また、理念の浸透がうまくいかない時でもブレない強さも必要です。

つまり、「リーダーが本物かどうか」も大いに関係あるのではないか、と。とても考えさせられるディスカッションでした。

Doit201112b_2

セミナー後、ブロックスの社長と。今後もご指導よろしくお願い致します!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月13日 (火)

他力本願

所長です。

最近、密かに私が気になっている人物。

それは浄土真宗開祖、親鸞です。

五木寛之氏著の「親鸞(上・下)」。

Shinran

浄土宗の法然の弟子である親鸞は浄土真宗を広めます。その流れは時宗の一遍に続く、という所は学生時代、歴史の授業で学んだ知識ですが、そもそもそれまでの仏教と何が違ったのか。

宗教は、平安時代までの貴族中心の社会では、身分の高い人のためにあると言っても過言ではなかったでしょう。鎌倉時代に入り、武家社会となると状況が変わります。一般市民の中にも宗教が入り込んでくるのです。

分かりやすく言えば、浄土宗派では「一般市民だって神仏の加護を受けることができる」と捉えればよいのではないでしょうか。

しかし、貴族と違い、一般市民は神社仏閣に寄進する財力はありません。そこで「念仏」の登場です。「南無阿弥陀仏」と唱えれば、阿弥陀如来の加護を受けて浄土へ行ける、というわけです。

浄土真宗の場合、そこに「他力本願」が加わります。

今では、「自分で努力をせずに、成果を出そうとする、いやらしい根性」というニュアンスで捉えられる「他力本願」ですが、親鸞の唱える「他力本願」は違います。

浄土へ行けるかどうか、判断するのは仏様である-つまり、自分ではない「他力」が必要となるのです。ですから、仏様から認められるよう努力をしなければならないのです。

私たちも「自分では頑張ってるつもり」の時って、結構あると思います。その時は、「他力本願」を頭に置き、「評価するのは相手である」ことを思い返すことが必要です。

年明けには、続編「親鸞激動篇」が発刊されるようなので、そちらも要チェックですね。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月12日 (月)

日光山内、二社一寺見学

職員・宮司です。

先日、日光二社一寺(日光東照宮、二荒神社、日光山輪王寺)に行ってきました。目的はパワースポット巡りです。どうやら日光は関東最強(?)なのだそうです。。。

回り方は、まずパワーの中心だとされる「日光東照宮」から、気の流れに沿って「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」、気を定着させるために「輪王寺大猷院(りんのうじたいゆういん)」「日光山輪王寺」を訪れるのが良いのだとか、、、

また、「日光東照宮」から「二荒山神社」への歩道(歩いて3分くらい)“上新道”も重要です。

Nikko201101_2 

日光山内で一番のパワーを受けられる場所だそうです。何回も深呼吸したくなります。。。ただ、気の流れに沿って歩かないと意味がないので、逆から歩いても効果がないので気を付けて下さい!!

そして、その中でも私の注目は「二荒山神社」です。

Nikko201102

開運や恋愛運、金運、学問、子授けなど、ほとんどの運を与えてくれるスゴい場所、、、なのです(^^♪

「二荒山神社」の神苑には輪投げ(3回投げる)や菓子占い(回す)など、変わった運だめしを無料で出来るなど見どころがたくさんあります。

Nikko201103

ちなみに私は輪投げは入らず、菓子占いは「どら焼き」に当たって、運勢は普通(^_^;)とのことでした。(饅頭が出れば一番幸運だとか、、、)

他にも二荒霊泉という、飲むと知恵がついて“若返る”という霊泉があります。

Nikko201104

それはそれは、いっぱい飲まないといけないので必死(>_<)になります。。。隣にある東屋で、霊泉を使ったコーヒーや抹茶などを頂く事も出来ます。

Nikko201105

日光山内は、とても広いのでポイントを押さえてゆっくり回るのが良いと思います。お馴染みの「日光東照宮」も調べてみると、知らなかったポイントがいっぱいありました。最近ツイてないなぁ、、と感じたら、気持ちをリセットさせるためにも、是非おススメです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 9日 (金)

不易流行

所長です。

本日、当事務所主催の「TKC経営革新セミナー2011」を開催しました。

今年、8回のセミナーを開催しましたが、その締め括りに相応しいセミナーとなりました。

今回の目玉は元はとバス社長、宮端清次氏の基調講演、「お茶一杯からはじまったはとバスの経営改革」。

Seminar201112a

倒産寸前だったはとバスを見事蘇らせた経営手腕について、たっぷりと熱く語って頂きました。

実体験に基づいた話はとても説得力があり、聴く人の心を揺さぶりました。

今回出席された皆様は是非、今日の話の中から一つでも経営に活かして頂きたいと思います。

ちなみに、基調講演の後はもちろん懇親会。今回は「自分の日本一」について語り合って頂きました。

Seminar201112b

「自分の日本一」とは「自分の強み」です。「強み」のない所に商売は成り立ちません。是非、「自分だけの日本一」を見つけ、商売の要として頂きたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 8日 (木)

初、事務所見学

所長です。

本日、TKC未入会の税理士を対象に、弊所にて事務所見学会を行いました。

Tkc_nm2011

まだTKCに加入していない税理士に、「TKCに加入するとこうなります」という事例を生で感じて頂く機会です。

正直、自分が有名事務所に見学に行って、勉強させて頂く機会は沢山ありましたが、まさか自分の事務所を公開するとは思っていませんでした。

なので、お話を頂いた時、「うちの事務所を見に来てどうするの?」という思いがありましたが、そこは「頼まれ事は試され事」。弊所を見て頂くことによって、弊所の勉強の機会とすればいいのだ、と割り切り、今回のお話を受けました。

結果として、実に充実した事務所見学会になりました。

しっかりとした会計事務所作り、は結果としてクライアントにとってもメリットあることだと思いますし、事務所スタッフとしても「見学される事務所」であることはモチベーションにもつながると思います。

これからも「見学される事務所」作りを推進していきたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 7日 (水)

うちの娘もいつかは…

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

約一週間に渡る弊所スタッフのリレーブログ、いかがだったでしょうか?

一日かけて、イクスピアリ、ZED、ディズニーシーを巡り、ディズニーリゾートを満喫しました。日本を代表するテーマパークのホスピタリティとプロ精神に浸れたのではないかと思います。

さて、私は先週末、従妹の結婚式に出席しました。

会場は池袋、立教大学の目の前にあるリビエラ東京

最近、法事にはしょっちゅう参列しているのですが、結婚式は久しぶりだったので、なんだか新鮮でした。

チャペルでの結婚式も感動的。今回、私は新婦側でしたので、年下の妹分の従妹がいつの間にか美しい花嫁になっててビックリしたり、ヴァージンロードを花嫁と歩く叔父の姿も気になり…(うちの娘もいつかはこうなるのかなぁ)などと、将来のことが気になったり…。

Kazumiwedding

披露宴も和やかな雰囲気で進み、最後は花嫁からの手紙で皆、号泣、なんてシーンも。

新郎新婦には素敵な家庭を築いて頂きたいと思います。

さて、披露宴も終わり、帰宅すると、まだ1歳3ヶ月の娘が笑顔でお出迎えしてくれました。いつかはこの子もねぇ…。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 6日 (火)

ディズニー外部研修 最終回

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員の今井です。

4日に渡ってリポートしてきたディズニーシーの旅も今日が最後です。

夕食を取った後は、夜のクライマックスである「ファンタズミック」というショーを見るためにメディテレーニアンハーバーに向かいました。

「ファンタズミック」とは、魔法使いの弟子となったミッキーが、イマジネーションの力を信じて、ファンタジーの世界を創造していく、壮大な水上エンターティメントショーです。

Disney201105a

ちなみに↑一番上にいるのが、ミッキーです。

ディズニーキャラクター達がウォータースクリーンに現れたり、ミッキーがドラゴンに立ち向かったりするのですが、音、音楽、噴水、炎、花火、光、レーザーなど、ありとあらゆる手段を使って、私達を幻想的な世界に引き込んでいきます。

Disney201105b

ショーの中で、魔法使いが「真実の魔法は、鏡に映る己の中にある」と言います。「イマジネーション」という言葉も連呼されます。

人によってとらえ方は色々あると思いますが、私はこの「ファンタズミック」は、見る人のイマジネーションを掻き立てる演出を狙っているのかなと思いました。鏡に映る自分を信じれば、色んな世界が広がるよ、色んな夢をつかみ取れるよ・・・と囁かれているような気がしました。

ZED」では、鍛えられ、研ぎ澄まされた生身の人間の体は、こんなことが出来るんだという驚きと、感動と、無限の可能性を感じさせてくれました。

今回体験したアトラクションのひとつに「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」というのがありました。船乗りシンドバッドが冒険の航海に出かけて、宝物を見つけるのですが、その中でシンドバッドは「心のコンパスを信じるんだ」と言います。

アトラクションだけでなく、食事をしていても、園内を歩いていても、徹底的に私達を楽しませてくれる演出が用意されています。

私は今まで、ディズニーランドは夢があって楽しいな、キャストが親切で何度でも行きたい気持ちにさせてくれるな・・・と軽く考えていました。

だけどよくよく考えてみると「ディズニーは、自分の中にある可能性を信じる気持ちにさせてくれる」ということに気づきました。だから「夢」があるのだと。

「夢」は人によって違います。小さな子供にはその子の夢が、私達大人にはそれぞれの夢があります。ディズニーはその「夢」を大切に、信じて、頑張れと応援してくれるような気がします。だから行く度に新しい発見があり、何度でも行きたい気持ちになるのだと思いました。

私も、この機会に自分と自分の夢をもう一度見つめ直し、また明日から前進していこうという気持ちになりました。

入園の時ディズニーシープラザで私達を迎えてくれたミッキーは、帰りの時にはライトアップされてこんなに輝き、「またおいでね」と語りかけてくれているようでした。

Disney201105c

以上で、5日間に渡ってリレーしてきた職員ブログも終わりです。事務所のエンターティメントブログはいかがでしたか?

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 5日 (月)

ディズニー外部研修 その4

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員・田村です。

引き続き、私がリポートさせていただきます。

とは言っても、自分の担当は「夕食」なのですが・・。

今までの流れは、各職員からのリポートで把握されていると思います。平日とはいえ混んでいる為、早めの夕食になりました。

場所はディズニーシーの中にある「セイリングデイ・ブッフェ」。和食、洋食と豊富なメニューに、目が輝いてしまいました。

Disney201104a

ちなみに一番人気は、ローストビーフ。行列が出来て、なかなか辿り着けませんでしたが、何とかゲット出来ました。

Disney201104b

そんな中、非常に感心したのは働いているスタッフ(キャスト)の動き。誰一人として、お客様(ゲスト)から目を離している人はいませんでした。ちょっとでも困ったり、迷ったりするとすぐに声をかけてくれます。自分みたいな田舎者でも本当に安心感を得られました。

まさしく身も心もお腹一杯になった一時でした。

では、さらに続きを明日!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 3日 (土)

ディズニー外部研修 その3

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員の矢部です。

昨日の中沢に続き、ディズニー研修の続きです。

久しぶりにディズニーシーに来ました。それも、シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」を鑑賞してからの、15時以降の入園になりました。

Disney201103a

本当に何度来ても興奮しますね。

特にディズニーシーには、自分としては3度目になると思います。ディズニーランドは子供が誕生してから、数え切れないほど訪れていますが、子供が大きくなってからオープンしましたので訪れる機会も少なかったのだと思います。ですから今日は、初めて訪れた気分です。

天気も前日にうって変わって、大変暖かく汗をかくぐらい良い天気でした。きっと事務所全員の行いが良いからだと思います。

さて、お楽しみのアトラクションですが、非常にタイミング良く、待ち時間が少なく夕食までに、何と5ヶ所も見ることができました。混んでいる時のことを思えば奇跡ですね。

Disney201103b

そして、いつも思うのは園内のどの場所に行っても非常にきれいなことです。ゴミがあったら素早く片付けてくれますし、なんときびきびした動きでしょうか。非常に気持ち良く最後まで楽しませてくれます。

12月に入り園内はクリスマスムード一色で混むと思いますが、皆さんも子供に帰って楽しまれたら良いと思いますので、是非訪れてみてください。

それでは次の人、続きをよろしくお願いします。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 2日 (金)

ディズニー外部研修 その2

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員の中沢です。

昨日の宮司に続き、ディズニー研修の続きです。

昼食を取った後、今年12月31日をもって公演終了となるシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED(ゼッド)」の公演を観賞しました。

Disney201102a

ちなみにシルク・ドゥ・ソレイユとは、フランス語で太陽のサーカスという意味だそうです。

まず開始前にピエロが観客と絡んで、面白いやり取りを行い観客を笑いの渦に巻き込みます。やはり何事も初めが肝心、観客の心を掴みます。

公演が始まると、太陽のサーカスというよりはどちらかというと星空のサーカスという名前の方がふさわしい、暗い世界に広がる無数の星!

まるでプラネタリウムでも観ているかのような、幻想的で煌びやかな世界が目の前に広がります。

またサーカスというと空中ブランコのイメージが強かったのですが、初めはサーカスというよりむしろ手品でも観ているかのようで、本の中にピエロが吸い込まれるなど、驚きの連続です。

そして!やはりありました、空中ブランコ!

特に圧巻だったのは、人間キャッチです。その高度なパフォーマンスに観客の視線は釘付け。ちなみに三回ほど人間キャッチで落下しましたが、演出なのかミスなのか全くわかりませんでした。

また最後には演奏していた人など出演者全員が集合しましたが、その人数の多いこと!多くの人の準備や努力、協力があって成り立っているんだなぁ、と思いました。

いや、きっと出演者だけでなく、観客の一人ひとりがこのZEDというショーを作り上げている、一人ひとりが光を放つという意味で太陽のサーカスということなのかもしれませんね。…と勝手に推測してみましたが、星も太陽と同じで恒星(自ら光を放つ存在)でした(笑)

今回印象的だったのは、彼らは言葉ではなく音と身体全体で伝えたいことを表現している、ということです。言葉を使わずとも人を惹き付け、魅了する。そんな素晴らしいストーリーの世界「ZED」、公演終了まであとわずかです。

Disney201102b

皆さんも是非観賞してみて下さい。

それでは次の人、続きをよろしくお願いします。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年12月 1日 (木)

ディズニー外部研修 その1

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員・宮司です。

先日、事務所の外部研修で「ディズニーリゾート(ゼッド+ディズニーシー)」に行ってきました(^_^)v

ディズニーといってもソコは研修f^_^;職員にはそれぞれ、やらなくてはならないミッションが与えられました。。。

で、、、私が1番にミッション開始ということでまずこの「ブログ」です。研修1日の出来事をスタッフ全員でリレー形式でお伝えしていきます。

最初にイクスピアリにてランチをしました(^O^)研修するにもお腹いっぱいでないと、、、デスね。

Disney201101a

場所は「Rain forest Cafe」。店内は雷が鳴り雨が降る中、魚が泳ぎ、機械の象やゴリラなどの動物達が時間によって動き出します。このレストランだけではなく、リゾート内に入ると、どこにいてもゲストを楽しませる工夫がいっぱいです。

Disney201101b

さすが「夢の国」!!ちなみに私は写真のレディースランチを食べました(^O^)

Disney201101c

今日は1日、いつもと違った視点から「ディズニーリゾート」を楽しんできたい、と思ったランチでした、、、(`∇´ゞ

では続きは、次の人へ。。。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »