« カストーディアル | トップページ | 消費税、実は改正されてます »

2011年11月 2日 (水)

この時代をどう生き抜くか?

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

昨夜、フリージャーナリストの藤田正美氏の講演を聴きました。

「この時代をどう生き抜くか?」と題した講演で、現在の経済状況を分かりやすく解説し、この先、どういったビジネスモデルが現状脱却のヒントになるのか、お話し頂きました。

講演を聴きながら、自分の感覚が藤田氏の感覚に近いことを感じましたが、理路整然とした藤田氏のお話しは色々と腑に落ちることが多かったです。

例えば、景気の回復について。景気は良い時もあれば、悪い時もあります。ですから、今は景気が悪くとも、いつかはまた良くなる時もあるでしょう。しかし、重要なのは社会構造の変化、一番顕著なのは人口の問題ですが、明らかに以前の好景気の時とは環境が異なるのです。

そのため、次の好景気の波に乗るには、新たな社会構造にマッチしたものでなければなりません。

つまり、何らかの形で変革(イノベーション)を起こさない限り、10年前から変わらないビジネスモデルでは太刀打ちできないのです。(例外は、極めて他に類を見ない技術力があるようなケースです。)

藤田氏は今後のビジネスモデルのヒントとして、「パーソナルなサービス」を挙げられました。

それは「効率性を追求せず」、「顧客の個人情報を活用し」、「個人に訴えかける」業態です。言い換えれば、「顧客ひとりひとりを大事にする」ということにつながるのかもしれません。

「物質的豊かさ」の追求は限界に達し、これからは「精神的豊かさ」にシフトしていくような気がします。「物心」の両立をいかに図るのか?それがこの時代を生き抜くヒントなのかもしれません。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« カストーディアル | トップページ | 消費税、実は改正されてます »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カストーディアル | トップページ | 消費税、実は改正されてます »