« 経営の心得 | トップページ | 小江戸川越マラソン2011 »

2011年11月25日 (金)

できなかった、のか、できない、と思い込んでるのか

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

定期購読している日経ビジネスの来週号が手元に届きました。

パラパラめくっていると巻末に、私がファンであるリンゴ農家の木村秋則氏の手記が。

木村氏は無農薬・無肥料栽培で有名な方ですが、自然な状態で栽培したリンゴはとても甘く、そして驚異的なのは切ったまま放置しても黄色くならない、まさに「奇跡のリンゴ」なのです。

この「奇跡のリンゴ」、簡単に出来た訳ではありません。8年もの歳月を掛け、やっと辿り着いたものなのです。

木村氏は本誌の中でこう書かれています。

「このご時世、「それは無理だ」という言葉をよく耳にします。でも、それは本当に取り組んだ末に「できなかった」ことなのか。頭で考えただけで何もやらずに「できない」と決めていると、物事の本質を見失い、進むべき道を誤るような気がしてなりません。」

このコメントはリンゴ栽培だけでなく、すべての事に当てはまります。

「できない理由」より、「どうしたらできるか」を考え、行動しなければ何事も始まりません。

今では普通に使っている電話だって、自動車だって、そうした積み重ねの賜物です。「空を飛びたい」という欲求がなければ飛行機だって出来ませんでした。

「できない理由」しか言わない人に「成長」はありません。「成長しない」ことは、「衰退」を意味します。「現状維持」ですらないのです。だって、世の中は常に動いているのですから。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 経営の心得 | トップページ | 小江戸川越マラソン2011 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営の心得 | トップページ | 小江戸川越マラソン2011 »