« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

話し方ひとつで人生はでっかく変わる!

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

人気ウェディングレストラン、クロフネ社長、中村文昭氏の新著、「話し方ひとつで、人生はでっかく変わる!」

Kurofunehanashikata

先日、TKCの研修でも受講しましたが、著者の講演はとても感動的です。年間300回もこなす超売れっ子講師ですが、その秘訣に迫ったのが本書です。

私も一応、セミナー講師を務めさせて頂くこともあるので、共感する所も多いのですが、まず、「話し上手」とは「会話が流暢」ということではないのです。芸能人でも、決して会話が流暢である訳でもなく、どちらかと言うと時々聞き取りづらい、でも何だか味がある…そういう人がいます。

つまり、「話し上手」とは、聴き手にとって、ついついその人の話に耳を傾けたくなることを言うのです。もっと言えば、「その人と話がしたい」と思えるか、です。

では、どうしたらそう思ってもらえるのか?

それは「聞き上手」になることです。

基本的に人は自分の話を聴いて欲しいものです。人の話を聴かず、延々自分の話ばかりされたら、その人と話す意欲も失せてしまうでしょう。

さあ、まずは「聞き上手」になって、「話し上手」になりましょう。どの職種にとっても決して損はないハズですよ。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

自社のポジショニング

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

昨夜、埼玉中小企業家同友会西部地区の例会に出席し、所沢に本社を置くマスダック社長、増田文治氏の講演を聴きました。

Masdaq01

マスダック社はお菓子を作る機械を作る会社、つまり、お菓子メーカー相手に機械を売ることを生業としています。

しかし、お菓子メーカーに機械を売るには、実際に美味しいお菓子を機械で作れる所を見せなければなりません。そこでお菓子作りの実演をした所、作ったお菓子の処分に困ります。折角作った美味しいお菓子を廃棄する訳にもいかないので、そのお菓子を売るようになりました。

するとそのうち、機械だけでなく、お菓子の生産まで依頼されるようになったのです。

どこに市場があるか分かりません。

今では、東京土産として有名な「東京ばな奈」の生産までするに至っています。

Masdaq02

しかし、マスダックの躍進は決して「マグレ」ではありませんでした。自社のポジションをしっかり定め、「美味しいお菓子を消費者に届けたい!」という理念をつらぬいた結果だったのです。

やはり、いい会社には「いい会社になるための秘訣」があるものです。その秘訣とは地道な積み重ねに他なりません。

「自社のポジショニング」、あなたの会社は定まっていますか?

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月28日 (月)

小江戸川越マラソン2011

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

今日は朝から全身筋肉痛です。

というのも、昨日、小江戸川越マラソン2011に参加したからです。

昨年から始まった本大会、税理士会からもPRを兼ねて出場しよう、という声が出ました。当初は「応援部隊」の要請かと思い、スケジュールを空けていたのですが、しっかりランナーとしてエントリーされていました。

メイン競技のハーフではなく、10kmの部で助かりましたが…。

それでも、普段運動不足の身としては、10kmも走れるかどうか不安、しかも時間制限があるので、もう「時間内に完走できればいい」という感じで本番に臨みました。

今回は税理士会のPRも兼ねた出走なので、税理士会メンバーはお揃いのTシャツを着て走りました。これ、結構目立ってました。

Koedo2011a

走っている最中、「あなたを支える」のではなく、「自分を支えて」欲しかったですけど。

今回、10kmの部では75分という時間制限がありましたが、なんとか制限時間ギリギリでゴールイン!無事、完走できました。

それにしても10kmの長かったこと。高校生以来です。あの頃とは肉体が違います。来月で40台に突入する身としては苦しかったです。

でも、税理士会の応援部隊も沿道から応援してくれましたし、スタートからゴールまで、常に沿道から見ず知らずの私に声援を送って頂き、いつも以上の力が出たと思います。おそらく、一人きりで走っていたら途中で走るのをやめていたでしょう。感謝です。

Koedo2011e_2 

今回出走した税理士会メンバーは全員、無事完走。打ち上げで美味しいビールで乾杯しました。

Koedo2011d

今回、走ってみて、苦しかったのですが、「また来年も出よう!」という気持ちになりました。来年はちゃんと練習を積んで、もっといいタイムでゴールインしたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月25日 (金)

できなかった、のか、できない、と思い込んでるのか

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

定期購読している日経ビジネスの来週号が手元に届きました。

パラパラめくっていると巻末に、私がファンであるリンゴ農家の木村秋則氏の手記が。

木村氏は無農薬・無肥料栽培で有名な方ですが、自然な状態で栽培したリンゴはとても甘く、そして驚異的なのは切ったまま放置しても黄色くならない、まさに「奇跡のリンゴ」なのです。

この「奇跡のリンゴ」、簡単に出来た訳ではありません。8年もの歳月を掛け、やっと辿り着いたものなのです。

木村氏は本誌の中でこう書かれています。

「このご時世、「それは無理だ」という言葉をよく耳にします。でも、それは本当に取り組んだ末に「できなかった」ことなのか。頭で考えただけで何もやらずに「できない」と決めていると、物事の本質を見失い、進むべき道を誤るような気がしてなりません。」

このコメントはリンゴ栽培だけでなく、すべての事に当てはまります。

「できない理由」より、「どうしたらできるか」を考え、行動しなければ何事も始まりません。

今では普通に使っている電話だって、自動車だって、そうした積み重ねの賜物です。「空を飛びたい」という欲求がなければ飛行機だって出来ませんでした。

「できない理由」しか言わない人に「成長」はありません。「成長しない」ことは、「衰退」を意味します。「現状維持」ですらないのです。だって、世の中は常に動いているのですから。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月24日 (木)

経営の心得

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

すっかり朝晩は冬になってきましたね。でも埼玉では日中はまだ暖かいので、服装選びが難しいですね。風邪をひかないように気をつけましょう。

さて、武蔵野の小山昇氏の「経営の心得」。

Koyamakokoroe

本書では200以上もの「経営の心得」が掲載されています。

著者の著書を数冊読んだ方にとっては、かなりダブる内容も多いかもしれませんが、ダブる内容ほど大事な「経営の肝」だと思います。

ですから、中小企業の経営者にはすべての心得を胸に刻み込んで欲しいと思いますが、なかなかそうはいかないでしょう。

だとすれば、すべて、とは言わず、まず気に入ったものを一つでも真似てみるのがいいのではないでしょうか?

「100点満点を狙って、それが不可能だと思うとやめてしまう」のでは、いつまで経っても0点のままです。たとえ1点ずつでも積み重ねていけば、次第に100点に近づいていきます。

経営において、「明日の100点」よりも「今日の50点」を優先すべきでしょう。特にこの情報化社会ではスピードは命なのです。(但し、「拙速」は論外ですが。)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月22日 (火)

会社は誰のもの?

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

「エリエール」ブランドで有名な製紙会社、大王製紙の井川前会長が会社法違反で逮捕されました。

マカオのカジノで100億円使った、とも言われています。

今回の事件で考える所は、「会社は誰のもの?」ということです。

もし、井川前会長が「会社は社会のものであり、私物ではない。」と考えていれば、今回の事件は起こるはずのないものでした。

「この会社は私物である。」そう思っていたからこそ、自身の遊興費を子会社から引き出すような行為ができたのです。

しかし、この事件は中小企業の経営者にとっても他人事ではありません。

「100億円なんかないよ!自分とは別世界のことだよ!」という声が聞こえてきそうですが、金額の多寡はあれど、会社と自分の財布を混同されている方、いませんか?又、税金をどうにか減らしたい、なんて考えてしまう方、いませんか?

もし、「会社は社会のもの」という認識がしっかりあれば、会社と自分の財布を混同することはありませんし、税金を減らしたいとも思わないハズです。(合法的な節税は別ですよ。)

是非、今回の事件は「他人事」と思わず、自社のことを振り返って考えるきっかけにして頂きたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月21日 (月)

ブータン

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

約一週間に渡って日本に滞在していたブータン国王夫妻が昨日、帰国されましたね。

その間、ニュースやワイドショーで連日報道されていたので、皆様もよく観ていたのではないかと思います。

現在、我が国では震災や景気低迷、政治不信など、沈滞ムードが漂い、少しギスギスした所もあるので、ブータンのように幸福を追求する人々に接すると、それだけで「幸せのお裾分け」を頂いたような気になっていたのかもしれません。

これまで我が国だけでなく、大半の先進国が「経済的利益」を追求してきました。

しかし、「経済的利益」を追えば追うほど、「精神的豊かさ」を見失っているような気がします。

我が国で言えば、太平洋戦争後から見れば圧倒的に豊かになっているはずです。「経済的利益」が得られれば必ず「精神的豊かさ」が得られるのであれば、現在、大半の国民が不満はないはずです。

「経済的利益」と「精神的豊かさ」は必ずしも比例しないのです。

東日本大震災後、「絆」に着目されている方が多いです。やはり、今一度、「精神的豊かさ」とは何か?を見つめ直すべき時なのでしょう。

ああ、ブータンに行ってみたくなりました…。(ミーハー?)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月18日 (金)

非常事態にも強い会社

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

先週、今週と日本政策金融公庫殿とTKC関東信越会のコラボセミナー、「中小企業経営セミナー2011」で水戸と新潟で講演させて頂いたのはブログに書いた通りですが、改めて今回の講演のテーマでもあった「非常事態にも強い会社」とは何でしょう?

非常事態とは、まず思いつくのは何と言っても「自然災害」ですよね。3.11の大震災の爪痕は依然として被災地に大きく残っています。

しかし、広義での非常事態とは自然災害だけにとどまらず、最近の超円高といった為替相場の問題もそうでしょうし、経営者の病気だって含まれると私は解釈しています。

つまり、「昨日までのやり方が突然、通用しなくなる状態」です。

ですから、「非常事態」に陥るとどんな会社でも、一旦は売上が落ちます。売上が落ちると資金繰りが悪化します。資金繰りが悪化したら…

どうでしょう?こんな事態を乗り切れる会社とは?

「資金調達力のある会社」です。

分かりやすくいえば、「借りたい時に銀行がお金を貸してくれる会社」です。

ですから、「銀行が貸したくなるような会社」になれば良いのです。

「な~んだ、そんな事?」なんて言わないで下さい。これほど中小企業にとって望ましい状態があるでしょうか?と同時に、達成が困難な事があるでしょうか?

では、どうしたらそんな状態になれるのか…?

この続きはセミナーにて…

Seminar2011_main

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月17日 (木)

再起力

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

企業再生の専門家である宮下篤志氏著の「再起力」。

Saikiryoku

業績の落ち込んだ企業の再起事例が分かりやすく解説されています。

やはり、そこには「起死回生の必殺技」のようなものはなく、地道な「実践」の積み重ねしかない、というのが良く分かると思います。

会社の問題は組織の問題であり、組織の問題は人の問題です。つまり、会社の活力は、その会社に集う人々の活力の集合体なのです。

その会社に集う人々(従業員だけにとどまらず、その家族や取引先も含む)に活力を与えるのが経営者の仕事です。ですから、社会的共感を得られない経営者が率いる会社は永続的発展ができません。

リーマンショックに続いて大震災が起こり、そしてタイの大洪水や超円高など、中小企業にとって厳しい状況が続きます。この困難を乗り切るためにも、現場レベルでの実践力を高めていかなければなりません。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月16日 (水)

中小企業経営セミナーin新潟

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

昨日は日本政策金融公庫新潟支店様のセミナー講師のため、新潟へ行っておりました。去年に引き続き、2年連続での登板となりました。会場は同じく新潟商工会議所様でした。

Niigata2011b

今回も約40名の中小企業経営者の皆様にお集まり頂きました。

Niigata2011c

講演の内容は先週の水戸と同様、「非常事態にも強い会社を作る!」でしたが、水戸では90分の所、今回は50分。かなり端折った形となってしまい心配しましたが、アンケート結果はまあまあだったので少し安心しました。

セミナーの後は当然のように(?)反省会。

やっぱり新潟は日本酒でしょうか。去年教えて頂いた〆張を今年も頂きました。

Niigata2011e

ちなみに、新潟は名物ぞろい。セミナー前の昼食にはタレカツ丼を食べて、英気を養いました。

Niigata2011a

キットカットも地域限定品。ついつい買ってしまいます。

Niigata2011h

地元の税理士から頂いたお土産のかりんとう。これも絶品でした!

Niigata2011i

あ、セミナーレポートではなく、グルメレポートになってしまったような…。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月15日 (火)

まじめの罠

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

勝間和代氏の新著、「まじめの罠」。

Katsumamajime

本書で著者は「マジメゆえに陥りやすい、誤った思考パターン」に問題提起しています。

たしかにそう言われてみれば、そうかも!と私は思ってしまう内容が多いのですが、やはり「マジメに」文面を捉えてしまう方々にとっては、「ふざけるな!」と思ってしまう内容に取れてしまうかもしれない危うさがあるかもしれません。

著者はあくまで「マジメ」がいけないわけではなく、「マジメゆえに陥りやすい思考パターン」に一考して欲しい、と訴えているわけです。

例えば、最近、私は中小企業経営者に対し、経営計画の作成を訴えていますが、これを作らない方で多いパターンは、「先の事はどうなるか分からない。その通りにならない物を作っても意味がない。」という、いわゆる「100点満点思考」です。

でも、「100点取れないからやらない」のでは、結果は「0点」のままです。たとえ50点でも60点でも、「取れるならやってみよう」と思って行動を起こせば、100点は取れなくとも60点や70点が取れたりするのです。

「100点を欲して、0点」の人と、「100点にこだわらず、60点」の人では、0対60で、60点の人の勝ちなのです。(もちろん一番いいのは、100点を目指して、100点取れるように努力する事ですよ!)

「まずはやってみる!」そういう気持ちも時として必要なのだと思うのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月14日 (月)

甲州ワイン

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

週末、天気がよかったので、ドライブがてらに山梨県勝沼に行ってきました。

勝沼まで圏央道を使うと1時間ちょっと。本当に近くなりました。

勝沼ICを下りると、甲府盆地にぶどう畑が広がります。

Katsunuma2011b

昼食はぶどうの丘でバーベキューを楽しみました。

昼食後、以前、税理士会の研修でも訪れたワイナリー、勝沼醸造さんに立ち寄り、試飲とワインの購入。

Katsunuma2011c

と言っても、私は車の運転があるので、ぶどうジュースで我慢。ワイナリーの方にお話を聞きながらワインを購入しました。

Katsunuma2011f

甲州ワインとは、山梨産のワインのことではなく、日本で古くから栽培されてきたぶどうの品種、「甲州」を使ったワインのことをいいます。ワインに適した外国産のぶどうと違い、甲州を使ったワイン作りは難しいのですが、勝沼のワイナリーの皆さんは「国産ワイン」にこだわり、甲州ワインのブランディングに成功したのです。

勝沼醸造さんのワインは今では飛行機のファーストクラスにも置かれているほどの人気ワインとなっています。

Katsunuma2011d

帰りには談合坂SAでB級グルメも楽しみ、リフレッシュした週末でした。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月11日 (金)

自分思考

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

マザーハウスの山口絵理子氏の初エッセイ、「自分思考」。

Hadakademoessey

山口氏といえば、バングラディッシュで企業したマザーハウスの自叙伝、「裸でも生きる」が有名です。

Hadakademo

本書は過去のエピソードを振り返りながらのエッセイとなっております。どちらかと言うと、「裸でも生きる」を読まれた方が本書を読まれると、「あ~、あの時の山口さんはこんな心境だったのかぁ~」と共感できるような印象を受けます。

もし、本書から読まれた方は是非、「裸でも生きる」を即刻、読まれることをおすすめします。正直、本書だけだとちょっと物足りない印象なので。

それだけマザーハウスにメッセージ性や可能性が秘められていると思うのです。

ちなみにネパールでの奮闘を描いた、「裸でもいきる2」も刊行されてますので、こちらも併せて是非。

Hadakademo2

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月10日 (木)

水戸漫遊記

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

昨日は日本政策金融公庫水戸支店さんで講演の出番を頂きました。

行きのスーパーひたちの車中、人身事故で約1時間停車してしまいましたが、元々早めに到着する電車だった為、講演には支障がなく、余裕をもって会場入り出来ました。

Mito201111a

「非常事態に強い会社を作る」というタイトルで講演させて頂きましたが、東日本大震災の被災地ということもあり、受講者の方は熱心に傾聴して頂きました。

ただ、ちょうど震災の話をしていた時に、本当に地震が来た時はちょっと焦りました。

講演後、水戸で開業されている先輩税理士の方に水戸市内を案内して頂きました。

Mito201111b

水戸芸術館の塔にも上り、水戸市内を一望しました。

水戸プチ観光の後、関係者で打ち上げ(反省会?)をして頂き、世界金賞を受賞した木内酒造様のホワイトエールで乾杯しました。

Mito201111g

メヒカリも頂きましたが、とっても美味しかったです。

Mito201111h

懇親会中、受講者のアンケートを拝見しましたが、概ね好評だったようで少し安心しました。

ただ残念だったのは、のんびりも出来ず、懇親会後すぐに帰途に着いたこと。次回はプライベートでゆっくりと水戸を訪れたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 9日 (水)

ヤオコーの母の言葉

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

今、埼玉で元気のあるスーパー、ヤオコー。現ヤオコー会長、川野幸夫氏が前会長であり、母である川野トモ氏の言葉をまとめた「ヤオコーを創るために母がくれた50の言葉」。

Yaokomother

本書はトモ氏が社内報に書かれたものを再編集した内容になっておりますが、なるほど、ヤオコー躍進の秘密がここにあったのか、と腑に落ちる一冊です。

ヤオコー躍進の秘密は、単なる景気の追い風に乗って店舗拡大しただけではなく、お店に来て下さるお客様ひとりひとりを大事にする組織風土を作ったことにあります。

ヤオコーは、普段行き慣れている店舗以外の店舗に入るとギャップを感じることがあります。店舗内の陳列や品揃え、色々な面で店舗ごとの個性があるのです。

これは全社的な効率性よりも地域性を重視し、そこに住む人々の暮らしを第一に考えている証拠です。

こういった経営手法は一朝一夕にできるものではなく、しっかりとした組織風土が定着していなければ成り立ちません。

長い年月をかけた結果、ヤオコーは現在、22年増収増益という大躍進をとげているのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 8日 (火)

経営者の魂をこめろ!

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

今日はある金融機関の行内研修の講師を務めてきました。

リーマンショック以降、大震災、超円高など経済環境はめまぐるしく変化しています。となれば、金融機関や中小企業を取り巻く経営環境も大きく変化することになります。

「平成の徳政令」とうたわれた金融円滑化法や金融庁からの監督指針の改正など、金融機関も中小企業への対応を大きくシフトチェンジすることが求められています。

そこで今回の研修会なのですが、今、この厳しい経済環境の中で中小企業に求められているのは「自律的経営」であり、それを支援するのが金融機関であり、会計事務所であります。

つまり、「いかにして金融機関と会計事務所が中小企業を支援できるのか?」が焦点となります。

中小企業の業績回復のための仕掛けとして、経営計画の作成が挙げられますが、実際の所、経営者の魂がこもっていない、単なる「数字遊び」の域を脱しないものが大半をしめているのではないでしょうか?

中小企業経営者は是非、自らの魂をこめた経営計画を作り、それを叩き台として自ら考え(悩み)、行動してみて下さい。きっと現状打破の鍵が見つかるはずです。

この事が今日の研修会で、金融機関を通じて、中小企業経営者に伝われば幸いです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 7日 (月)

秋晴れゴルフ

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

今日は当事務所主催のゴルフコンペを開催しました。

見事なまでの秋晴れの中、クライアントの皆様と気持ちのいい一日を過ごすことができました。

Golf201111

ただ、時期的にゴルフコンペが多いので、他のコンペを日程が重なってしまい、どうしても参加できなかった、とか、たまたま都合がつかなかった、という方が結構出てしまい、3組でのコンペということで、人数的にはちょっと寂しかったですが、好スコアも出ていて、参加者の方には楽しんで頂けたのではないかと思います。

なんだかんだ言っても、青空の下で気持ち良くゴルフができるということは、幸せなことです。

次回は平成24年4月に開催予定ですので、多数のご参加をお待ちしております。

あ、私のスコアですか?

いつも通りです!(苦笑)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

ピザ釜を作ろうと思います

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

職員の矢部です。

皆さんこんにちは、食欲の秋ピザ好きですか唐突にこんな話をして、やはり食欲の秋はお腹がすきますよね。そうじゃなくて実はピザを自分で焼きたいなと思っています。ただ焼くといっても自分で作ったピザ釜でです。

構想は一年前ぐらいから考えていましたが、材料をどうしようか悩んでいます、全部耐火のものでなくてはならないのです。

インターネットで検索してみると、何十万円か出せばキットが売っていました。しかし、自分はできるだけ安く自分で作る事がしたいので、まず耐火煉瓦を探しまして、今年の春に手に入れました。あとは大谷石を手に入れれば準備完了です。

大谷石は塀に良く使われていますが、柔らかそうな石ですよね。実は火に強く焼けばやくほど強くなるそうで、釜には良く使われているようです。実はネットで買うことができるのです。近々購入しようと思っています。皆さん期待して下さい。

今年中には作り上げたいと思います。皆さん温かい目で見ていてください。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 4日 (金)

消費税、実は改正されてます

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

今日は一日、消費税の研修を受講しておりました。

世間的には、「消費税の改正」というと、おそらく「税率の引き上げ」のことであり、その意味では「消費税の改正は棚上げ状態」という認識かと思います。

しかし、実は小さな改正がコツコツと行われているのです。

昨年も、いわゆる「自販機還付」と言われていた消費税の還付申告を実質的に封印する改正が行われ、今年も納税義務者の判定などの改正が行われました。

結果として、税率の引き上げほどのインパクトはありませんが、着実に「増税」されています。

現在、地方消費税と合わせて5%の税率なので、「多少の間違いがあっても、たかが5%」という雰囲気があると思いますが、もし近い将来、10%や15%に引き上げられた場合には多少の間違いが致命傷につながる危険性があります。

又、「消費税分、オマケします!」といった商売をしている場合、今なら5%OFFで済んでいますが、税率引き上げ後は10%、15%OFFにつながってしまいますから要注意ですね。

現在の日本で、子供からお年寄りまで誰もが知っている税、消費税。今後、ますますその重要性が高まっていくでしょう。会計事務所として、しっかりと対応していきたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 2日 (水)

この時代をどう生き抜くか?

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

昨夜、フリージャーナリストの藤田正美氏の講演を聴きました。

「この時代をどう生き抜くか?」と題した講演で、現在の経済状況を分かりやすく解説し、この先、どういったビジネスモデルが現状脱却のヒントになるのか、お話し頂きました。

講演を聴きながら、自分の感覚が藤田氏の感覚に近いことを感じましたが、理路整然とした藤田氏のお話しは色々と腑に落ちることが多かったです。

例えば、景気の回復について。景気は良い時もあれば、悪い時もあります。ですから、今は景気が悪くとも、いつかはまた良くなる時もあるでしょう。しかし、重要なのは社会構造の変化、一番顕著なのは人口の問題ですが、明らかに以前の好景気の時とは環境が異なるのです。

そのため、次の好景気の波に乗るには、新たな社会構造にマッチしたものでなければなりません。

つまり、何らかの形で変革(イノベーション)を起こさない限り、10年前から変わらないビジネスモデルでは太刀打ちできないのです。(例外は、極めて他に類を見ない技術力があるようなケースです。)

藤田氏は今後のビジネスモデルのヒントとして、「パーソナルなサービス」を挙げられました。

それは「効率性を追求せず」、「顧客の個人情報を活用し」、「個人に訴えかける」業態です。言い換えれば、「顧客ひとりひとりを大事にする」ということにつながるのかもしれません。

「物質的豊かさ」の追求は限界に達し、これからは「精神的豊かさ」にシフトしていくような気がします。「物心」の両立をいかに図るのか?それがこの時代を生き抜くヒントなのかもしれません。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年11月 1日 (火)

カストーディアル

「お茶一杯から始まったはとバスの経営改革」
中小企業を元気にするセミナー、開催します!
お申込みはこちらから→ http://bit.ly/ny8UFD
*********************************************

所長です。

「カストーディアル」という言葉をご存知でしょうか?

ディズニーランドの中の、いわゆる「清掃係」のことです。

しかし、カストーディアルに託された役割は、単なる清掃係ではありません。「夢の国」を創る、立派な演出者なのです。

そんなカストーディアルの精神を、4つのショートストーリーにまとめた一冊、鎌田洋氏著の「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」。

Disneysouji

今ではカストーディアルの仕事ぶりも洗練され、ゲストと最も接点を持つ立場ということで、人気職種になっていますが、東京ディズニーランド創業時にはウォルト・ディズニーの理念がほとんど共有されておらず、キャスト一人一人が現場での仕事を通してディズニーの理念を学んでいったようです。

今では語り草となった、3.11の大震災の時のキャストの対応。9割がバイトという現場で、落ち着いた対応を見せました。これは理念がキャスト一人一人に浸透し、現場で実践されていることの証です。

そんなディズニーの理念を最も濃く反映しているのがカストーディアル。彼らがホウキとちり取りで拾っているのはゴミではなく、「夢のかけら」。彼らが行っているのは清掃ではなく、「夢の国の舞台づくり」。

今度、ディズニーランドを訪れた時、そんな視点で彼らの仕事ぶりを見てみて下さい。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »