« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

葡萄の種

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の今井です。

先日、休暇を頂き、山口県に帰省しました。

やはり生まれ育った場所というのは、何を見ても、何を聞いても、自分の心や体にしっくりと馴染むようで、ゆっくり休養して、リフレッシュしてきました。

ところで、帰省するといつも悩むのが、お土産です。

今年は、いつもお世話になっている親戚に、葡萄を送る事にしました。 山口市には、果樹の産地もあり、桃や葡萄の直売所があります。贈答用に時々購入していた葡萄農家をしばらくぶりに訪ねたら、「確かここら辺だったな」と思うところに、その農家が見つかりませんでした。

仕方なく、その近所の巷ではお高いと噂の葡萄園を訪ねました。試食させてもらうと、とっても甘くて美味しかったので、贈答用に梱包して、発送して貰いました。

同じものを我が家のお土産にもしたので、2日後にその葡萄が届きました。

段ボールを開けると、一番上にA5サイズの紙が入っていました。そこには「当園では1985年よりぶどうの樹を健康に育てる事に力を入れ栽培しています。私共は、食品としての安全性を第一に考え、また食味についても自信を持ってお勧めできます。どうぞ安心して御賞味ください。」と書かれていました。

Imaigrape

その下には、一房ずつ丁寧に梱包材に包まれた、大きな葡萄。心が躍ります。と同時に、↑の紙面に対して、深い感動を覚えました。

ぶどう園を訪れた時、「種なしピオーネはないのか?」と尋ねると「ウチにはありません」とのことでした。試食した葡萄には、どの品種にもみな種がありました。その時は、深く考えてもみませんでしたが、この文は、ホルモン剤や農薬を使わない葡萄ということを暗に訴えているのでは?と思いました。ホルモン剤の安全性については、色々な意見もあるでしょうが、こちらの農家では、葡萄の健全な成長、食品としての安全性、美味しさを追求しているということなのでしょう。

もしこの紙面の替わりに、カラー刷りのパンフレットが入っていたら、内容は同じでも、ここまで感動しなかったような気がします。真っ白な紙に、ただプリントされただけの文面だからこそ、この葡萄農家の「安全で美味しいものを提供したい」という意気込みがひしひしと感じられました。

我が家でも、その葡萄を安心して、美味しくいただくことが出来ました。チャンスがあったら、是非また来年も食べたい葡萄です。

ちなみに私が訪れて、配送用の送り状を書いている最中にも、「食べたら美味しかったから、また送って欲しい」という電話がかかっていましたっけ。

あとから気付いたのですが、その送り状の「品名欄」には「品名:葡萄 生ものなので、なるべく早く届けてあげてください」という但書までありました。宅配業者さんへのその訴えを見て、また少し感激です。

顧客満足とは、このようなちょっとした心遣いから生まれるものなのだと思います。

この葡萄農家は、しっかりお客様の心を掴むという種まきをしているな~と思いました。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月30日 (火)

発電、はじめました

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

実は

今日から当事務所、発電所になりました。

Taiyokoh

先月から工事を進めていた太陽光発電、本日正式に東京電力の手続きが終わり、発電開始しました。(東京電力からは「小林聡一発電所」になるそうです。)

今日は朝から爽やかに晴れて、最高の発電日和となりました。

そもそも、今回の工事を決めたのは東日本大震災の後。もともと太陽光には興味があったのですが、コスト面で二の足を踏んでいました。そんな私に決断させたのは被災地の映像でした。

自分にできることをやろう。

そんな思いで太陽光の着工に踏み切りました。

たしかに当事務所が太陽光発電を開始したことで被災地に直接貢献できるわけではありません。

それでも、わずかでも世間の消費電力を減らすことができるのなら、回り回って微かでも貢献できるのではないか。そんな感じです。

私個人、そして当事務所単独で何か大きなことはできません。でも、どんな小さな取り組みであっても、まず出来ることから、コツコツとやっていきたいと思います。

ちなみに、今日は本当にいいお天気だったので、かなり発電できたようです。お昼前後は事務所の消費電力をほぼまかなえていたようです。これから天気のいい日は楽しみですね。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月29日 (月)

秩父みやのかわ商店街

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

先日、所属している埼玉中小企業家同友会西部地区の例会で、秩父のみやのかわ商店街の視察に行ってきました。

みやのかわ商店街はナイトバザールで活性化した商店街として、中小企業庁選出のがんばる商店街77選に選ばれている元気な商店街です。この商店街の中に空き店舗はゼロだそうです。

Chichibu2011a

みやのかわ商店街は豊かな発想力で、地域活性化を実現しています。そのうちの一つがナイトバザールですが、それだけではありません。

全国初のコイン型商品券「和同開珎」もその一つ。

Chichibu2011b

そんな取り組みを継続しているからこそ、大きなチャンスを逃すことなくモノにすることができます。

それが今回のアニメの影響。商店街にはこんなフラッグが飾られています。

Chichibu2011c

現在、TVで放映されているアニメの背景に秩父の街並みが使用されていることを利用し、若い観光客の掘り起こしにも成功しており、今では全国各地からファンが訪れ、経済効果が出ているそうです。

さらに同番組のエンディング曲を歌うZONEの期間限定再結成コンサートも企画。

Chichibu2011d

まさに地域活性化の歯車が噛み合っている気がします。

今回の事例は決してラッキーパンチではなく、30年以上も時間をかけ、街の将来構想を掲げ、地道に取り組んできた成果として、新たしいことにチャレンジする風土を培ったのです。もちろん、巨額の設備投資をしたわけでもありません。

今回の事例は、資金力がなくとも、将来構想があり、実行力があり、継続力があれば、組織は活力を得られることを証明しているものだと思います。本当にいい勉強になりました。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月26日 (金)

久しぶりの外苑

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日の夕方、仕事の関係で久しぶりに外苑前に行きました。

前職の時には、会社のテニス部で神宮のテニスコートを利用していた関係でちょこちょこ行っていた場所なのですが、ここ最近はパッタリ。

なので、時間があれば信濃町から散歩がてらに歩こうか、と思っていたのですが、都内は午後から大雨。お散歩どころではありません。

地下鉄で外苑前まで行こうかと、池袋で丸ノ内線乗り場へ向かうと、「運休」の文字が。

大雨で神田川の水位が上がった影響だそうです。

仕方なくJRで渋谷まで行き、銀座線へ乗り換え。渋谷駅自体、久しぶりな気がします。(最近、どれだけ埼玉から出てないのだろう?)

雨も少し小康気味になり、外苑前到着。

外苑前といえば、今はここでしょうか。

Chichibunomiya

秩父宮ラグビー場。

来月はいよいよワールドカップです。秩父宮ではパブリックビューイングを開催するようなので、ラグビーファンは是非行かれたらいいでしょう。

なでしこジャパンに続いて、日本が元気になるといいですね!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月25日 (木)

Wヒーローフェスティバル

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

先日、家族で東京ドームシティで開催されているWヒーローフェスティバルに行ってきました。

「Wヒーロー」とは、仮面ライダーシリーズと戦隊シリーズ、つまり男の子の定番ヒーローです。(ウルトラマンは放送局が違うので一緒にできない、という大人の事情があります。)

Whero2011a1

会場入り口を入ると、まずは歴代戦隊ヒーローがお出迎え。壮観です。

今年は「秘密戦隊ゴレンジャー」放送開始から35周年に当たるので、35もの戦隊が今まで放送された事になります。全部言えたらスゴイですよ!

Whero2011a2

そして、仮面ライダーも黙っていません。藤岡弘の仮面ライダー1号から今年で40周年。途中、仮面ライダーシリーズが放送されていなかった時期もあるので40人ではありませんが、こちらも壮観です。

Whero2011b

会場内は展示物やゲームコーナーなど、ちびっ子が大喜びする内容盛り沢山なのですが、なんと言ってもメインは歴代のライダー達が登場する仮面ライダーショー。

歴代のライダー達が登場し、悪の軍団と大迫力のステージを繰り広げます。悪の軍団に怯えていたちびっ子達は声の限り、ライダー達に熱い声援を送ります。

無事、ちびっ子達の声援をパワーに変えたライダー達が悪の軍団を倒すと、お待ちかねの握手会。

Whero2011c

憧れのヒーローと握手できる(しかも歴代ライダー6人も!)とあって、ちびっ子達、大喜び!かと思いきや、ほとんどのちびっ子達は緊張でガチガチに固くなっていました。

ま、ここで終われば親も安心して帰れるのですが…

そうは問屋が卸しません!東京ドームシティには戦隊ショーの常設会場(シアターGロッソ)があり、今回の会場(プリズムホール)のすぐ隣。「隣の会場で海賊戦隊ゴーカイジャーショーもやってます!」というアナウンスを聞いたら、ちびっ子達は「そっちも行きたい!」って言うに決まってます。

うちの子供もご多聞に漏れず、結局ハシゴしました。大好きな仮面ライダーと戦隊のショーを両方見れた子供はもう大満足。帰りの車に乗るやいなや、夢の世界へと飛んでいきました。

まあ、こういう経験も子供が小さいうちだけですから、親としてもしっかり堪能しておきたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月24日 (水)

ドラッカーに学ぶ

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

藤屋伸二氏著の「ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた」。

なんだか、どこかで聞いたようなタイトルですが、中身はいいですね。

Fujiyashinji

「もしドラ」が火をつけた最近のドラッカーブーム。様々なドラッカー解説本が出回っておりますが、本書は是非、中小企業経営者に読んで頂きたい一冊です。

本当はドラッカーの「マネジメント」をじっくり読んで頂きたい所ですが、入門編として「もしドラ」を読み、次に経営実務に落とし込んだ「初級本」を読む、という感じがいいかもしれません。

本書のいい所は、ドラッカー理論を分かりやすく噛み砕いているだけでなく、事例と照らし合わせ、中小企業といえども経営戦略が大事であることを説いている点でしょうか。

中小企業の場合、大企業と違って経営資源の制約が大きいので、限られた経営資源を一点集中する「中小企業ならではの戦略」が求められます。そこに経営者の仕事があるわけです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月23日 (火)

Q&A 経営改善計画

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日のブログ、「元気手帳5」ですが、もしかしたら「あれ、他にも一緒に入ってたぞ?」と思っているクライアントの方がいらっしゃるかも。

そうです、元気手帳と同封していたこの冊子、「Q&A 経営改善計画」。

Qakaizen

「経営改善計画」とは、金融機関から受けた融資の条件変更を受ける時に、金融機関へ提出する経営計画書を指します。

つまり、条件変更を受けた後、どう会社の業績が向上し、借入金の返済ができるか、を金融機関に示す書類になります。

融資を受ける、ということはそれだけ現状の資金が乏しい、ということ。そして、条件変更を受ける、ということは、借入後、会社の業績が好転しなかった、ということ。

要はこの「経営改善計画」を提出する、ということは、「ここで業績回復できなかったら、後がない!」ということなのです。

しかし、その窮状に真剣に向き合っている経営者が少ないのも事実です。

「いつかまた景気が回復してくれる!」と信じているのかもしれませんが、もうそれを待つ余力は残されていないのです。なんとか自立再建しなければならないのです。

その一助になれば、と本冊子をクライアントの皆様に配布させて頂きました。

又、なにも「経営改善計画」の考え方自体は条件変更をした会社だけに当てはまる話ではありません。この厳しい時代を乗り切るため、「改善」を積み重ねることはどの会社でも必要なことです。

是非、「元気手帳5」と合わせ、参考にして元気な会社をつくって下さい!(もちろん、以前に配布した冊子も活用して下さい!)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月22日 (月)

元気手帳5

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は税理士会青年部の研修で小江戸蔵里におりました。鏡山酒造の跡地でなかなか趣のある所です。食事処や土産屋もありますので、近くへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

さて、クライアントの皆様にはそろそろお手元に届いたでしょうか?

元気手帳5-希望・挑戦編。

Genki05

この小冊子シリーズは毎回、好評なのですが、今回もなかなかいい出来です。

リーマンショックからまだ立ち直れていない所に起きた東日本大震災。その影響はすさまじく、多くの中小企業がかつてないほどの厳しい経済環境下で苦戦しております。

しかし、どんな時でも経営者は「希望」「挑戦」という気持ちを持っていなければなりません。

現実問題に直面し、前向きな気持ちがくじけそうな時、是非、この小冊子を手に取り、再び心に闘志の炎を燃やして頂きたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月19日 (金)

マイナス10℃

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今朝、起きた時にはうだるような暑さでした。熱帯夜で寝不足になるほどです。

でも、

当事務所周辺では9時頃から雨が降り出し、気温がイッキに下がりました。

正確な気温を測っていないので分かりませんが、昨日の最高気温37℃と比較して、どう考えても10℃は下がっているのではないでしょうか。

たった一日(数時間?)でマイナス10℃。体がついていけませんね。

ちなみに、今週末、関東近郊で海水浴やプールに行こう!と思っている方、どれ位いらっしゃいますかね?

「この天気じゃ、誰も行かないよ!」という声が聞こえてきそうです。

確かに、天気予報によれば今週末は雨で気温も25℃程度。とても海水浴やプールを楽しめる天候ではありませんね。

でも、こんな当たり前のことを経営に活かせない経営者がなんと多いことか!

今後の見通しをあまり考えずに大量仕入れをしてしまい、在庫の山を築く経営者。返済計画をロクに立てずに借金をして、返済に行き詰る経営者。流行遅れの商品をいつまでも大事に店頭に並べ、「売れないなぁ」とボヤく経営者。

人間はその時の気候に合わせて服装を変えなければ風邪をひく原因にもなります。会社だって同じです。

会社が風邪をひいた(業績が悪化した)のは、気候が変わったせいだけではありません。気候に合わせた服装をしない経営者の責任でもあるのですよ。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月18日 (木)

今まで事故は起きてませんでした

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日、静岡県内で川下りの船の転覆事故が発生し、大きなニュースになっています。

事故の原因が何なのか、今後、究明されていくと思いますが、報道の中で「救命胴衣の着用」が大きく取り上げられています。

何でも、12歳未満は救命胴衣の着用が義務化されているのだとか。しかし、実際には暑くて着用していなかった、とか。

たしかに、今までは事故は起きていなかったのでしょう。今回の事故の原因が船頭さんの操舵ミスなのかもしれません。

しかし、「船頭の操舵ミスはあり得ない」、「事故は起きない」というならそもそも救命胴衣の用意はいりません。救命胴衣が用意されているのは、万が一の事態に備えてのことではないでしょうか。

今年春の東京ドームシティでの事故も然り。

「今までこのやり方で事故は起きていませんでした。」という所に落とし穴があるのではないでしょうか。これはどの業種にも当てはまることだと思います。

「今までこのやり方で問題なかった。」と思い込んでいる所をもう一度考え直してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、そこにビジネスチャンスが埋もれているかもしれませんよ。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月17日 (水)

お盆休み

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

当事務所では今月13日(土)~16日(火)の期間、夏休みとさせて頂きました。

いわゆる、「お盆休み」ですね。

この間、旅行や帰省をされた方も多いと思いますが、私は事務所=実家。そして、当事務所のある地域はまだまだお盆をしっかりとやる地域。

そして、実は今年6月に祖母が亡くなっているため、新盆でした。

そのため、どこに行くわけでもなく、13日に盆迎えをしてから、16日に盆送りをするまで、今年のお盆はいつも以上に「お盆」でしたね。

「仕事がお休み」であっても、遊びに行けるわけでもないし、ゆっくりくつろいでいられるわけでもない。「お盆」や「お彼岸」はそういう感じなので、煩わしい時期でもあります。

けれど、親戚が集まって大人数で食事したり、子供達も従兄弟同士で遊んだり、これはこれでいい伝統なのでしょうね。ただ、賑やかすぎて、とっても疲れますけど。

まあ、こうした「お盆休み」を過ごすと、「休みボケ」というよりも、「通常の生活に戻れた安堵感」の方が強いみたいです。(笑)

とにかく、今月は「お盆休み」を挟んで稼働日数が少ないので、業務量以上にスケジューリングが難しい月です。(クライアントによっては長期間、出掛けられてしまうこともありますし。)今月後半戦、気を引き締めて頑張りたいと思います!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月16日 (火)

会社は変われる!

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

世間はちょうどお盆休みの最終日、という所でしょうか。もうすでに通常営業に戻っている方もいらっしゃるでしょうし、逆にこれから夏休みという方もいらっしゃるでしょうね。

NTTドコモ特別顧問として、NTTドコモの変革を成し遂げた日本コカコーラ会長の魚谷雅彦氏の「会社は変われる!」。

Docomocola

iモードにより大躍進を遂げながら、auやソフトバンクの台頭によりユーザーが激減してしまったNTTドコモを、畑違いの社外取締役が変革していくストーリー。

著者が促した変革に対応できるだけのポテンシャルをNTTドコモが持っていた、という点をどう捉えるか、ですが、企業が持つポテンシャルはどの企業も持っているのだと思います。そのポテンシャルを引き出すのが経営者の役割なのですが、「うちの社員じゃ無理!」と社員に責任転嫁している経営者が多いのも事実です。

やはり、経営者が変われば、企業も変わるのです。

しかし、大企業になればなるほど、組織の構成員も多く、複雑化しているため、変革を現場の社員に落とし込むのは容易ではありません。変革時の困難はここにある、といっても過言ではないでしょう。

となれば、規模の小さい中小企業は変革しやすい、とも言えます。まさに「経営者次第」なのです。

本書を「大企業ならではの話」で片づけてはいけません。もちろん、大企業ならではのエピソードもありますが、本質的な部分は一緒なのです。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月15日 (月)

経営者塾2011、第3回

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の中沢です。

先週12日、経営者塾2011第3回目が開催されました。

今回は「経営計画の実践方法」をテーマに職員・田村が講師を務めました。

Seminar201108c

計画というのは立てただけでは何も変わらないですよね。

皆さんも「計画は立てたけど、なかなか実行できない・・・」といった経験はありませんか?

今回もこれまでと同様、参加者同士のディスカッション中心の内容で普段考えていることを率直に話して頂きました。

Seminar201108d

立場は違えど経営に対する意識や会社を変えていくために行動しよう!という強い気持ちは皆さん同じです。今まで考えたことのなかった意見に感心したり、お互い上手くいかない部分で共感したりと非常に実りのある2時間だったと思います。お盆直前という忙しい中、ご参加頂きありがとうございました。

第四回は9月9日(金)に開催されます。

次回で最終回となりますが、興味をお持ちになられた方は最終回のみのご参加も大歓迎です。次回もよろしくお願いします!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月12日 (金)

PDCAサイクル

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

本日、当事務所主催の「経営者塾2011」全四回のうちの第三回目を開催しました。

今回のテーマは「経営計画の実践方法」。

Seminar201108a

まず、経営者は「夢」や「目標」を持たなければなりません。そして、それを実現するために「経営計画」を作るべきです。

しかし、「緻密な計画」を作っただけで満足してしまう方がいらっしゃいます。

計画は「作ること」が目的なのではなく、あくまで「夢の実現」のためなのです。

つまり、「計画を作ること」以上に「計画を実行すること」が大事なのです。

さて、実際に計画を実行しようとすると、必ずといっていい程、「現実の壁」にぶち当たります。

大抵の方はここで「やっぱり現実は甘くないよ。」と言ってやめてしまいますが、それでも「夢の実現」にチャレンジしなければなりません。

そこで意識して頂きたいのが「PDCAサイクル」です。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(チェック)、Action(対処)という一連の流れを回し続けるのです。つまり、「目標と現実の差」を認識したら、「どうしたらその差を埋めることができるのか」を考え、実行していくのです。そもそも、最初から計画通りに実行できるほど、現実は甘くないのです。

Seminar201108b

今回はお盆直前ということもあり、参加者が少なくなってしまいましたが、熱気溢れるディスカッションが展開され、有意義な時間を過ごして頂けたのではないでしょうか。

次回は最終回です。気合いを入れて、ご参加下さい!!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月11日 (木)

感動設計

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の今井です。

ネッツトヨタ南国㈱横田氏の講演の感想続編です。

約300社ある全国のトヨタ販売会社で、お客様満足度ナンバーワンを連続達成している秘訣とは何なのでしょう?

横田氏は、今はモノ、サービスは有り溢れていると言います。足りないのは「感動」だそうです。これからは、感動を設計する、与える企業がよりいっそう伸びるということなのだと思います。

しかし、顧客満足の最上級として感動があるのではないとのこと。満足は、損得勘定に左右され、満足が繰り返されるといつかは当たり前になってしまいます。ところが「感動」は何度繰り返しても感動できるのです。だからディズニーランドは、何度行っても飽きない感動があり、リピーターも多いのでしょう。

「感動」とは、思いがけない驚きであったり、気配りや思いやりであったり、尊敬や感謝の気持ちであったり、時には恕(許し)であったりします。

ネッツトヨタ南国は、よその会社より、ほんの少し親切で丁寧であったり、お客様思いであったり、チームワークが良かったりするだけなのだそうです。ただ、会社から無理やりやらされているのではなく、社員が自ら考えて行動している姿に、お客様は感動するのだそうです。お客様って、本当に良く観察していますよね。

「群を抜くサービスとは、当たり前のことを当たり前でない情熱で行うこと」だそうです。

今回の講演では、考える社員によるお客様満足について、そしてそれを見守る経営者の組織づくりについて、深く考えることが出来ました。

私も、お客様に感動を感じていただける社員になりたいなと思いました。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月10日 (水)

パズルの絵

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の今井です。

昨日、TKCの生涯研修で「人間性尊重の組織づくり」と題して、ネッツトヨタ南国㈱取締役相談役の横田英毅氏の講演を聴いてきました。

Netznangoku

ネッツトヨタ南国㈱は、2002年に自動車業界としては初の日本経営品質賞を受賞し、全国のトヨタ販売会社の中で、お客様満足度ナンバーワンを連続受賞している会社です。従業員満足、顧客満足の極意をどんなふうに講義していただけるのかと、ものすごく楽しみにして行きました。

その中でも、非常に解りやすかったたとえ話がありました。それは絵の無いジグソーパズルです。

横田氏が、社員に200ピース位の簡単なジグソーパズルをやらせました。15分位で完成したそれを、絵の部分を真っ白にペインティングして、ばらして、もう一度パズルをやってもらうと、1時間かかったそうです。

絵が無いと、ヒントやイメージが湧かなくて、非常に作り辛かったと思います。

これを会社の経営に例えるとどうでしょう?

絵があると、絵を完成させるという成功イメージが湧きます。考えながら作業が出来ますから、上質で、しかも早い完成が期待できます。

絵が無いと、考えることが出来ませんから、単なる量をこなす作業になってしまい、つまらないし、時間がかかってしまいます。

横田氏曰く、絵=経営理念なんだそうです。絵を描いて、社員に示すのは社長の役目です。それが経営理念にあたります。ジグソーパズルを完成させるのは社員です。どこからどうやって組み立てるのかを考えて実行するのは社員です。

すごく解りやすくありませんか?私は目から鱗が落ちる思いでした。さすが、横田氏です。非常に優しく穏やかな語り口調でしたが、言ってることは、一々肯けることばかりでした。

中小企業は、知名度や給料の額や、安定性において、大企業に劣りますが、だからこそ採用や人材育成に力を入れれば、逆にやりがいのある企業を作りやすく、それが強みにもなるのだそうです。

社長さん、絵のある仕事に取り組みましょう。その為に、社員に絵を描きましょう。経営理念という絵を・・・。

  

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 9日 (火)

ディズニー・リゾートを満喫

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日のブログで先週末の「ZED」の件、書きましたが、折角なのでもう少しディズニー・リゾートの件について書きます。

今年2回目のディズニー・リゾートでしたが、いつもなら車で直接、パークの駐車場に入り、そのままパークで遊んで帰ってきます。子供達はそれが当たり前だと感じていたようです。

だから、パーク周辺で見かけるモノレールやバス、どうしたら乗れるんだろう?とも思っていたようです。

今回、「ZED」鑑賞後、ディズニーシーを楽しむ予定だったので、まずディズニーシーの駐車場に車を停め、モノレールで移動しました。初めてミッキーマウス型の窓がついたモノレールに乗り、子供達興奮!(本当は初めてではないのですが、記憶に残っていなかったようです。)

「ZED」開演まで時間があったので、イクスピアリでショッピングと昼食。シンデレラ城が見え、蒸気船の汽笛が聞こえる中でショッピングと食事が楽しめるロケーションにまた子供達興奮!

そして「ZED」鑑賞後、アンバサダーホテルからバスでディズニーシーへ移動。ミッキーマウス型の窓がついたバスと車内アナウンスがミッキーマウスであることにまたまた子供達興奮!!

そう、パークの中に入らなくても、ディズニー・リゾートに足を踏み入れただけで「夢の国」を体感できるんですね!

実は、子供達はもうすでにパークの中にいると勘違い。とっくに「夢の国」の中にいたようです。ディズニーシーに入ったのは夕方の4時頃でしたが、子供達の感覚では朝から入っていたんですね。モノレールやバスもアトラクションの一つに思えたのでしょう。

皆さんの職場ではどうでしょう?会社の敷地に入ったとたん、その会社の経営理念を体感できるでしょうか?

もし、ディズニー・リゾートが理念の統一を図ることなく建設されていたらどうでしょう?イクスピアリも、ホテルも、単なる商業施設としての機能でしかなかったら、パークに入る前から「夢の国」を体感できず、パークから出てきたとたんに「夢」から覚めてしまうでしょう。

小さなお子さんがいらっしゃる方は何度となくディズニー・リゾートに行かれていると思います。また、ご本人がディズニーファンであれば、年に何度も行かれているかもしれません。いずれにせよ、ディズニー・リゾートに行く機会があったら、純粋に「夢の国」を楽しむだけでなく、あらゆる所にビジネスのヒントを見つけて下さい。本当にビジネス・ネタの宝庫だと思いますよ!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 8日 (月)

芸を極める

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

先週末は家族サービスに励んでおりました。

まず、土曜日(6日)はしょうこおねえさんこと、はいだしょうこさんのコンサート。

Haida01

「おかあさんといっしょ」で人気になり、現在ではバラエティ番組でも活躍中です。残念だったのはうちの子供はしょうこおねえさんが現役の時の記憶がない(たくみおねえさんの記憶しかないようです。)ので、しょうこおねえさんを見ても感動しなかったこと。

それにしても、元宝塚。歌のうまさは流石です。ある意味、芸を極めている一人ですね。

さて、日曜日(7日)は東京ディズニーリゾートに常設会場を構えるシルク・ドゥ・ソレイユの「ZED」を鑑賞。

Zed

シルク・ドゥ・ソレイユはラスベガスで「O」を観て以来のファンで、ツアーでは「ドラリオン」は観ているものの、子供が生まれてからは行けてませんでした。今回、初めて子供を連れての鑑賞です。

シルク・ドゥ・ソレイユのステージは観たことのある方ならお分かりでしょうが、極限レベルに進化した肉体パフォーマンスが圧巻なのですが、本作「ZED」も期待を裏切りませんでした。初めて観た長男も終始感動しておりました。

まさに「芸を極める」という言葉にふさわしい、プロのステージでした。

「ZED」は今年の年末で終了してしまうので、まだ観たことがない方は是非、今のうちに鑑賞することをおススメします!

ちなみに、今なら+1,000円で15時からディズニーランドかディズニーシーに入れます。私もしっかり+1,000円でディズニーシーも楽しんできました。

子供達も大満足。しっかり家族サービスできた週末でした。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 6日 (土)

経営革新実務研修会

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日はスタッフ全員でTKC経営革新実務研修会に出席してきました。

今日のテーマは「経営改善計画への対応」です。

現在、金融円滑化法の延長により、いわゆる「リスケ」を受けている中小企業が多くあります。その「リスケ」の条件が、「経営改善計画の提出」なのですが、これができていない企業が多いのです。

そもそも、リスケにより借入金の返済を一時ストップし、その間に経営を立て直そう、というのが趣旨なのですが、「平成の徳政令」的側面ばかりがクローズアップされてしまい、「経営の立て直し」が忘れ去られている状況です。

そこで金融機関にもコンサルティング機能を発揮するよう金融庁から指示が出たのですが、その中で「第三者の知見」を活かす、つまり税理士を活用することが求められているのです。

もはや、税理士(会計事務所)は税務申告だけをこなしていればいい時代ではなく、クライアントの永続発展に大きく寄与しなければならない時代なのです。

社会的期待に応えられるよう、これからも研鑽を積んでいきたいと思います。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 4日 (木)

トップの決断

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日、武蔵小金井で開業されているTKC会員事務所を見学させて頂きました。

所長先生は私と同い年。活躍されている姿はとても刺激になります。

今回、まだ引っ越して3日目、という新装開店状態で慌ただしい中でのお邪魔でしたが、快く受けて頂き、熱い想いを語って頂きました。感謝感激です。

その中で、自分が感じ入ったのは、「職員のモチベーションをどう維持するか?」という問いへの回答でした。

「自分が元気でいること」

予想外の回答でした。オーソドックスな回答としては、職場環境を整える、とか、給与体系のことだとか、そういった話になりがちだと思います。

しかし、この回答。「ああ、この人は本気なんだ。」と感じました。

職員の出来、不出来も自分の責任なんだ、と思えるのでしょう。事務所の方針について、全責任は所長である自分にあるのだ、という覚悟をヒシヒシと感じられた一幕でした。

業績の悪い企業の経営者は兎角、責任を他人に押し付けがちです。しかし、企業の業績の責任は全て経営者にあるのです。その責任感と覚悟を持っていない経営者がなんと多いことか。

いい経営者にはその責任感と覚悟が備わっているような気がします。特に中小企業なら経営者の意識の差がモロに出ます。

中小企業こそ、「トップの決断」が必要なのです。

さて、昨日の事務所見学で多くの学び、気付きがあったワケですが、それを実践できるかどうかは私次第。頑張ります!!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 3日 (水)

異例の税理士試験

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日から今年の税理士試験が始まりました。

税理士試験は三日間に渡って行われますが、科目制の試験なので、受験する科目により受験日が異なります。

昨日だけで終わった方、お疲れ様でした。

今日、受験されている方、頑張ってますか?

明日、受験される方、頑張って下さい。

ところで今年の税理士試験は異例です。

東日本大震災の影響により、例年、試験会場として使用している各地大学校舎が使用できず、代替施設を利用しての開催となっております。

「今年が初めての受験」という方には関係ないかもしれませんが、2年目以降の受験生にとって、試験会場が変わる、というのは精神衛生上、好ましくないでしょう。いらぬストレスを抱えることにもなります。

とはいえ、全員条件は同じですから、言い訳にはなりませんが。

とにかく、受験生は持てる力を100%発揮して欲しいと思います。

そして合格したら、共にいい仕事をしましょう!

ちなみに、自分が受験生の時、「合格後はさぞかし自由時間が持てるだろうなぁ。」と思ってましたが、実際には逆でした。(笑)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 2日 (火)

ベシャイニグング

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

最近、私のまわりでは「ベシャイニグング」という単語をよく聞くようになりました。

ヨーロッパの変わった料理の名前ではありません。

ドイツ語で「Bescheinigung」と書きます。とっても言いづらい単語です。

この単語の意味は何なのか?簡単に言うと、「企業の決算書の品質を保証する業務」です。ドイツでは税理士などがこの業務を行っています。

日本では、「申告書」の品質については実質的に、税理士が責任を負っている状態ですが、中小企業の「決算書」については誰もその品質を保証していない状態なのです。

もちろん大企業であれば公認会計士の監査を受けてますが、中小企業においては仮に粉飾決算を行っていても、事実上、これを取り締まる法律はなく、強いて言えば、脱税による取り締まりのみです。

この結果、「利益を過少」にする行為はダメだけれど、「利益を過大」にする行為はOK、という状況が罷り通っているのです。

これでは、融資の申し込みを受けた金融機関が何を根拠に審査をしたらよいのか分かりません。粉飾決算に基づく決算書を信じて融資を実行した結果、金融機関が損をする、という状況では経済がよくなる訳ありません。

そこで日本でも、このベシャイニグングを求める声が高まっているのです。

これからの会計事務所の責任は重大です。

もちろん、当事務所では粉飾決算はお断りしております!書類上だけでなく、実際に「いい会社」を作りましょう!精一杯、ご支援させて頂きますよ!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

2011年8月 1日 (月)

アデノ闘病記

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

7月23日に「アデノウィルス」と診断され、早や一週間以上が経過してしまいました。

その間、まともに仕事ができなくなり、周囲の皆様には大変ご迷惑をお掛けしております。申し訳ございません。

そもそも、アデノウィルスとは、俗に言う「プール熱」とか「はやり目」で、主に幼児が学校や幼稚園などで集団感染することが多い病気です。

私も子供から頂きました。子供の通う幼稚園では大流行していたようです。(というか、どこもそうでしょうね。他にも手足口病も流行ってるようですよ。)

主な症状としては、夏風邪+結膜炎で、子供だと数日間40度近い熱を出すこともあります。感染力が強いウィルスなので、完治するまでは登校禁止になります。インフルエンザの夏バージョンといった所でしょうか。

大人だと結膜炎くらいで済むケースが多いようですが、それでも約一週間、激しい目の充血に襲われると大変だと思います。

私の場合、40度までは行きませんでしたが、2日間ほど発熱し、リンパ腺も腫れ、食欲減退、下痢といった症状に襲われ、特に目の充血とまぶたの腫れがひどく、この一週間はまともに仕事をすることができませんでした。

今回、改めて自分の仕事は「目」が大切だなぁ、と実感しました。

書類を見ていても、パソコンの画面を見ていても、「目」がツライと思考力までガクン、と低下してしまいます。

アデノウィルスには特効薬はなく、ひたすらウィルスが退散してくれるのを待つしかない、というのもツライですね。発症してから3日間はひたすら寝てました。

今日現在、だいぶ回復してきましたが、まだ完治しているわけではないので、あまり調子に乗らずに、しっかりと治して、それからまた仕事に励みたいと思います。

皆様もお気をつけ下さい。

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »