« 経営者塾2011 ② | トップページ | 富良野紀行 »

2011年7月19日 (火)

強い社員の育て方

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

経営資源にはヒト、モノ、カネ、そして最近では情報を加えた4要素がある、と言われています。その中で、中小企業に一番足りないのはヒト、とも言われます。

㈱武蔵野の小山昇社長の新著、「絶対に会社を潰さない強い社員の育て方」。

Koyamatsuyoi

中小企業は大企業と比べ、圧倒的に経営資源が少ないのが現状です。

モノとカネがないのは規模の論理で明白な所ですが、実はヒトと情報なら中小企業だって一方的に負ける謂れはないのです。

情報は今や発達したインターネットツールを駆使すれば、中小企業だって世界中の情報を集めることも、情報を発信することもできます。

そして、ヒト。これは単に会社の知名度が低く、優秀(と思われる)人材が入社しないから、と思われていますが、実は人材を人財にするのは社内における社員教育の仕組みにあります。会社の知名度が問題なのではありません。

武蔵野では社員教育のための様々な仕組みがあり、それら全ては社員の給料に反映されているそうです。高給が欲しければ、自ら頑張らないといけない仕組みなのです。

社内の仕組みづくりは経営者の仕事です。

つまり、ヒトという経営資源が足りない、と感じるのは経営者の責任なのです。

是非、人財を活かす会社づくりを目指して下さい!

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 経営者塾2011 ② | トップページ | 富良野紀行 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営者塾2011 ② | トップページ | 富良野紀行 »