« 不況は企業革新のチャンス | トップページ | 卵かけご飯の極意 »

2011年6月 2日 (木)

こだわりの醤油

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の今井です。

先日家族と、日高市にある「醤遊王国(しょうゆおうこく)」へ行って来ました。

Shouyuoukoku

「醤遊王国」とは、弓削田(ゆげた)醤油㈱という醤油製造の蔵元です。

醤油作りを学べる工場見学があり、軽食コーナーで醤油を使った料理やスイーを頂くことが出来、直売所で醤油や醤油製品を買うことも出来ます。

普段当たり前のように使っている醤油ですが、こちらではその醤油作りに大変なこだわりがあります。

国産の原料を使い、1年間の長期熟成を行います。無添加で、加熱殺菌も精密ろ過もしない、酵母菌、乳酸菌が生きた生醤油を作っています。そのため出来上がった醤油は、常温ではなく冷蔵庫に保存します。

軽食コーナーで実際に料理をいただき、醤油の試食もしてみました。改めてじっくりと醤油を味わってみると、大豆の風味とまろやかさと甘みがあり、とても美味しいものでした。料理の調味料として味を引き立てるだけではなく、単独でも立派に完成された味なのだと思いました。

お値段は普通の醤油より少し高いですが、製造者のゆるぎない信念があり、安心して食べられ、しかも健康にも良いなら、十分に納得出来ると思います。

醤油でもなんでも、誰もがやる方法で普通に商品を作って売るだけでは、厳しい世の中です。生産者のこだわりや、お客様の要望、環境への配慮など、感動や付加価値のあるモノづくりに対して、消費者はお金を払うのだと思います。

私も売店で、醤油2種類と、漬物や、もろみを買って帰りました。我が家の食卓はただ今、冷や奴、刺身、納豆、モロキュウに卵かけご飯・・・醤油料理(!?)がいっぱいです。

ところで、卵かけご飯って、どうやって作ってますか?

こちらの醤遊王国では、卵かけご飯の作り方にもこだわりがありました。

ということで、次回は「卵かけご飯」について・・・です。(つづく)

 

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
いいね!をお待ちしてます。

« 不況は企業革新のチャンス | トップページ | 卵かけご飯の極意 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不況は企業革新のチャンス | トップページ | 卵かけご飯の極意 »