« クールビズ、はじめます | トップページ | 想定外と想定内 »

2011年5月 6日 (金)

鎖国か開国か?

東日本大震災による様々な影響を受けられた皆様を
少しでも元気にできるよう、頑張ります!

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は連休の谷間。ペースがつかめない方も多いかもしれませんが、うまくバランスを取って、有意義なGWにしましょう。

さて、参議院議員の浜田和幸氏の「恐るべきTPPの正体」。

Tpp

大震災などのニュースに埋もれて、最近すっかり話題に上がらなくなっている「TPP」。

これに参加するのか、しないのか。もし大震災がなければ、今も大きな外交政治の話題の一つのはずです。

TPPが話題になっていた時、政府の意向か、報道陣の意向か、「TPP賛成派」が多いような気がしましたが、本書はこの流れに「待った」を掛けるべく、「TPPの正体は一体、何なのか?」を解説するものです。

私個人の感想としては、本書において「TPPの正体」は解明されていません。

しかし、今の流れでは「アメリカ主導の、アメリカにとって都合のよい外交」が展開されるだけのものである、ということはよく理解できます。

ただ、だからといって、まったくTPPを無視することが、果たして現在の日本において得策なのかどうか、も分かりません。

一つ言えるのは、既にインターネットによってもたらされたグローバル社会において、高付加価値を武器に、低価格と戦える企業体力をつけておくことが大事だと思います。TPPによって「開国」されてしまっても、逆に返り討ちにできる位の心構えです。

今、日本(特に東日本)は大震災の影響で非常に厳しい状態ですが、これを逆手に取り、「大ピンチは大チャンス!」という前向きな姿勢で中小企業経営者には元気を出して頑張って頂きたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« クールビズ、はじめます | トップページ | 想定外と想定内 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クールビズ、はじめます | トップページ | 想定外と想定内 »