« イチローに学ぶ経営術 | トップページ | BCP(事業継続計画) »

2011年4月27日 (水)

震災の影響、じわり

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

当事務所のある埼玉県川越市では、東日本大震災の直接的被害といえば、屋根瓦が壊れた、とか、墓石が倒れた、という家が中にはある、という程度。被災地からすれば「被害ゼロ」のレベルです。

よって、企業の経済活動も停電やガソリン不足に悩まされた以外はほぼ平常どおりに行えています。

しかし、被災した企業からの部品調達が滞ったり、全体的に消費動向が落ち込んだり、とマイナス要因があるため、実際にどれ位の影響が出るのか、見当がつきません。

そんな中、クライアントの中小企業をご訪問していると、震災が追い風になっている企業も一部にはありますが、やはり、どちらかと言えば逆風になっている企業が多いと感じます。

製造業でも、顕著な例は自動車関連でしょうか。数万点にも及ぶ部品がどれか一つでも欠けたら完成しない自動車。つまり、部品加工会社が一社でも被災して、部品供給できなくなると全社に飛び火します。現在、国内はおろか、海外の自動車メーカーも減産を余儀なくされています。

リーマンショックの時には「100年に一度の暴風雨」と言われながらも、なんとか自助努力で解決できる状態だったかもしれませんが、今回は原発事故による風評被害も含めて、自助努力の範疇を超えている気がします。

そんな中でも高い志を持ち、社会のために行動を起こせる企業が生き残っていける。「社会にとって必要な存在なのか」が問われていくのかもしれません。

そのためにも、融資のご相談はお早めに!手を打つタイミングを逃すと、再建できるものもできなくなります。そう考えると、やはり適時・適正な月次決算を行い、自社の現状を知ることが第一歩だと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« イチローに学ぶ経営術 | トップページ | BCP(事業継続計画) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチローに学ぶ経営術 | トップページ | BCP(事業継続計画) »