« どうなる今年の税制改正? | トップページ | 震災と企業防衛 »

2011年4月22日 (金)

損益分岐点をつかめ!

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

本日はTKC関東信越会の研修で伊香保に来ております。埼玉、群馬、栃木、茨城、新潟、長野のメンバーが集結しております。

さて、「損益分岐点」という言葉をご存知でしょうか?

文字通り、黒字になるか、赤字になるか、の境目です。ここを突破できれば黒字、できなければ赤字になる訳です。

そこで、窪田千貫氏著の「損益分岐点実践的活用12の知恵」。

Bep12

「損益分岐点」の存在を活用するには、売上とコストの関係を正しく理解しなければなりません。

コストには売上の伸び率に比例して発生する「変動費」と、売上の伸び率に関係なく発生する(極端に言えば、売上が0でも発生する)「固定費」があります。

そのため、コストを全て同等にみてしまうと(つまり、どんぶり勘定)、思いがけずに赤字になったり、黒字になって納税に苦しむことになります。

しっかりと黒字化するためには、やはり、経営者がこの「損益分岐点」について理解する必要があります。

まず、売上から変動費を除いた「限界利益(粗利)」がどれだけ稼げるのか?

そして、その限界利益は固定費をまかなうだけのボリュームがあるのか?

そう考えると、「粗利を稼げる売価にしないといけない」とか「無駄な固定費は削減しないといけない」といった「費用対効果」を意識した発想になるのではないでしょうか?その経営者の「知恵」こそが、黒字化にとって大事なものとなるのです。

ちなみに、「企業存続のために必要なコスト」や「品質維持に必要なコスト」を下げると売上自体が下がりますので、くれぐれもご注意を。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« どうなる今年の税制改正? | トップページ | 震災と企業防衛 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうなる今年の税制改正? | トップページ | 震災と企業防衛 »