« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

ともに生きる、いまを生きる

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は当事務所の全体会議を一日、行っておりました。

ご協力頂きましたアークエイト㈱様、積水ハウス㈱様、ありがとうございました。

今回、全体会議の中で㈱沖縄教育出版を特集したDVD、「DOIT!vol.95」を全員で視聴しました。

Doit095_3

沖縄教育出版は健康食品や化粧品を販売する会社です。

この会社には障がい者の方も戦力として働いています。

一般的な物の見方だと、障がい者雇用はあくまでボランティア活動の一環であり、企業の戦力としては考えない、という所だと思います。

しかし、沖縄教育出版の場合、障がい者のスタッフが健常者のスタッフと一緒に(もちろん担当する仕事は異なりますが)実にイキイキと働いています。しかも、中にはチームリーダーとして後輩を指導する人までいます。

「いい会社」とは、単に「利益が出ているだけの会社」ではなく、「その会社に関わる人々が幸せになれる会社」です。

仕事を通じて健常者も障がい者もイキイキと成長し、そして相手を思いやる優しさを持てる会社は間違いなく「いい会社」だと実感しました。

一緒に見たスタッフからも色々な意見も出ましたし、改めて、「会社」とは何か?考えさせられるDVDでした。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月28日 (木)

BCP(事業継続計画)

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

日中は半袖でもいいくらいの陽気ですね。来月からクールビズ開始する企業も多いようです。

さて、日経情報ストラテジー6月号で震災に直面した企業の取り組みが紹介されています。

Nikkeistr201105

3月11日に発生した大震災は、前代未聞の規模の大津波も伴い、広範囲に渡って甚大な被害をもたらしました。

住む家を失い、大切な家族を失い、さらには生活の基盤ともいえる勤務先を失う人々が沢山います。

企業にとっても存亡の危機です。沿岸部に位置した中小企業の多くは再建不可能かもしれません。

そのような状況の中、被災地である仙台に本社を置くアイリスオーヤマは、なんと地震発生から3日後の3月14日に早くも工場を稼働させました。被災地において、驚くべき早さです。

それ以外にも震災直後からスピーディーに対策を取り、被害を最小限に食い止めている企業が多くあります。

これらの企業は少なからず、BCP(事業継続計画)を策定していました。

BCPとは、「自然災害や大規模火災などの緊急事態に直面しても企業の中核事業を継続あるいは迅速に再開できるよう、リスク分析に基づいて事前に策定しておく行動計画」をいいます。

もちろん、今回のような大震災が起きるとは想定していなかったでしょうが、阪神大震災などの経験を活かし、ある程度の備えをしていたからこそ、「想定外」の時でも対応できるのでしょう。そして何よりも、常に「危機意識」がある、という点が大きいかもしれません。

これは何も大企業ばかりのことではありません。中小企業においても、様々なリスクを考慮し、実行可能な対策は打つべきです。(生命保険や損害保険に加入する、といったことも簡単な例かもしれません。)会計事務所の場合はデータの管理が一番のリスクでしょうか。

今回の大震災をきっかけに、さらに強い会社を創るのが、生き残った経営者の使命かもしれませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月27日 (水)

震災の影響、じわり

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

当事務所のある埼玉県川越市では、東日本大震災の直接的被害といえば、屋根瓦が壊れた、とか、墓石が倒れた、という家が中にはある、という程度。被災地からすれば「被害ゼロ」のレベルです。

よって、企業の経済活動も停電やガソリン不足に悩まされた以外はほぼ平常どおりに行えています。

しかし、被災した企業からの部品調達が滞ったり、全体的に消費動向が落ち込んだり、とマイナス要因があるため、実際にどれ位の影響が出るのか、見当がつきません。

そんな中、クライアントの中小企業をご訪問していると、震災が追い風になっている企業も一部にはありますが、やはり、どちらかと言えば逆風になっている企業が多いと感じます。

製造業でも、顕著な例は自動車関連でしょうか。数万点にも及ぶ部品がどれか一つでも欠けたら完成しない自動車。つまり、部品加工会社が一社でも被災して、部品供給できなくなると全社に飛び火します。現在、国内はおろか、海外の自動車メーカーも減産を余儀なくされています。

リーマンショックの時には「100年に一度の暴風雨」と言われながらも、なんとか自助努力で解決できる状態だったかもしれませんが、今回は原発事故による風評被害も含めて、自助努力の範疇を超えている気がします。

そんな中でも高い志を持ち、社会のために行動を起こせる企業が生き残っていける。「社会にとって必要な存在なのか」が問われていくのかもしれません。

そのためにも、融資のご相談はお早めに!手を打つタイミングを逃すと、再建できるものもできなくなります。そう考えると、やはり適時・適正な月次決算を行い、自社の現状を知ることが第一歩だと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月26日 (火)

イチローに学ぶ経営術

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

「イチローに学ぶ経営術」と「さわやかマナー手帳2」という小冊子ができました。

Ichiro

近日中に、クライアントの皆様のお手元に届くと思います。お楽しみに!

そもそも、イチローのように長年に渡って一流選手であり続けるアスリートは、経営者にも通じる所が多くあります。本小冊子は、そんなイチロー哲学を経営者思考に置き換えた点を分かりやすく解説しています。

ポケットサイズなので、手帳と一緒に携帯して、ちょっとした空き時間に目を通して頂くのもいいかもしれません。

いきなり24時間、イチローになりきる必要はありません。まずは、何か一つでも参考になる、マネできるものがあったら、そこから入ってみてはいかがでしょう。

もう一つの小冊子、「さわやかマナー手帳」も是非、お手元に置いて、ちょっとした気遣いをみせられれば、それだけで他社との差別化になるかもしれませんよ。

皆様からのご感想、お待ちしております。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月25日 (月)

税制改正セミナー

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の中沢です。

今回は先週土曜日に開催しました税制改正セミナーについてレポートして行きたいと思います。

今回のセミナーは「大増税時代を賢く生きる!」と題しまして、主に税制改正の留意点についての講義となりました。

場所は川越市北部地域ふれあいセンターという初めて使用する会場。外にある案山子が癒しの雰囲気を醸し出しています。

Seminar201104na

初めはリラックスムードでしたが、講義が始まると皆さん真剣な表情に。税金は私たちにとって身近なものだけに、興味津々。しっかりとメモを取っている姿が印象的です。

Seminar201104nb

講義はニュースでは触れられない法案の「裏側」にまで及びます。法案の裏側に見え隠れしている政府の本音。普段何気なく聞いているニュースも、今回のセミナーを聞いたことでまた違ったものが見えて来るのではないでしょうか。

今回のセミナーで思ったことは、減税という表面的な言葉だけにとらわれず、鵜呑みにしない!ということです。やはりうまい話には裏があるということですね。

お忙しいところ参加して頂きました皆様、ありがとうございました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月23日 (土)

震災と企業防衛

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は当事務所主催の税制改正セミナー、「大増税時代を賢く生きる!」が無事、開催されました。

そのレポートは改めて・・・

その前に、昨日から今朝にかけて、TKC関東信越会の研修で伊香保に行っておりました。

川越ではすっかり散ってしまっている桜ですが、伊香保では今が満開。

Ikaho201104a

水沢観音もすっかり桜景色でした。(通過しただけですが。)

Ikaho201104b

水沢といえば、そう、うどんですね。(讃岐、稲庭と並んで日本三大うどんです。)

今回は研修の時間まで少し余裕があったので、昼食に大澤屋さんにて水沢うどんを頂きました。

Ikaho201104c

コシのあるうどんもさることながら、この大きな舞茸の天婦羅が絶品です。

短時間ながら、うどんと桜を満喫した後、研修会場へ。会場であるホテル木暮さんには300名を超える受講者で熱気溢れておりました。

Ikaho201104d

今回の研修のテーマは、大阪から立田博久先生を講師に迎え、「企業防衛があなたを変える」という内容でご講演頂きました。

立田先生は阪神大震災をご経験されており、今回の東日本大震災に際しても、いかに中小企業を守るために生命保険を活用した企業防衛が大切か、そしてその手法はどのようなものか、を語られました。

保険はただ加入すればよいものではありません。どのようなリスクに備えるのか、それによって保証額も変わりますし、保険商品も変わってきます。そのためには適切なアドバイスをする人が身近にいるか否かが大きなポイントです。

今回の研修で、改めて「身近なアドバイザー」としてクライアントの皆様のお役に立てるように頑張らなければならない、と強く感じました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月22日 (金)

損益分岐点をつかめ!

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

本日はTKC関東信越会の研修で伊香保に来ております。埼玉、群馬、栃木、茨城、新潟、長野のメンバーが集結しております。

さて、「損益分岐点」という言葉をご存知でしょうか?

文字通り、黒字になるか、赤字になるか、の境目です。ここを突破できれば黒字、できなければ赤字になる訳です。

そこで、窪田千貫氏著の「損益分岐点実践的活用12の知恵」。

Bep12

「損益分岐点」の存在を活用するには、売上とコストの関係を正しく理解しなければなりません。

コストには売上の伸び率に比例して発生する「変動費」と、売上の伸び率に関係なく発生する(極端に言えば、売上が0でも発生する)「固定費」があります。

そのため、コストを全て同等にみてしまうと(つまり、どんぶり勘定)、思いがけずに赤字になったり、黒字になって納税に苦しむことになります。

しっかりと黒字化するためには、やはり、経営者がこの「損益分岐点」について理解する必要があります。

まず、売上から変動費を除いた「限界利益(粗利)」がどれだけ稼げるのか?

そして、その限界利益は固定費をまかなうだけのボリュームがあるのか?

そう考えると、「粗利を稼げる売価にしないといけない」とか「無駄な固定費は削減しないといけない」といった「費用対効果」を意識した発想になるのではないでしょうか?その経営者の「知恵」こそが、黒字化にとって大事なものとなるのです。

ちなみに、「企業存続のために必要なコスト」や「品質維持に必要なコスト」を下げると売上自体が下がりますので、くれぐれもご注意を。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月21日 (木)

どうなる今年の税制改正?

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は川越税理士会の例会に出席しておりました。

今日の研修テーマは「税制改正」。

本来なら3月中に予算関連法案が成立し、今年度の税制改正がハッキリするはずなのですが、今年はねじれ国会、そして東日本大震災の影響で未だに予算関連法案が成立していません。

中には贈与税のように、今年の1月に遡って適用しようとしていたものもありますから、その動向が注目される所です。

一方、震災復興財源が圧倒的に不足している状況ですから、今回の法案の中で増税案だけ可決され、減税案は否決される、という結果も予想されます。

税制はその時の世相を反映しますから、今後を占う意味でも税制の動向に注目してみても面白いかもしれません。

ちなみに、当事務所では今週の土曜日(4/23)に税制改正セミナーを開催します。

日時:4月23日 14~16時

場所:川越市北部地域ふれあいセンター 会議室

会費:1,000円

まだ席に余裕がございます。ご興味のある方は気軽にお問合せ下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月20日 (水)

なぜ挨拶をするのか?

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今夜はブロックス社主催のセミナー、「試写交流会」に参加してきました。

Doit201104a

ブロックス社は「DOIT!」や「仕事の原点」という研修用DVDを作製、販売している会社で、今回のセミナーはこのDVDの活用方法を学ぶ勉強会です。

当事務所では既に10本以上購入し、所内研修の教材として活用しております。しかし、「より効果的な活用方法」を求めて、今回のセミナーに参加した次第です。(昨日発売になった新刊も早速購入しました。)

今回のテーマは「挨拶」。

挨拶が大事なことは誰でも知っています。けれども、「なぜ挨拶が大事なのでしょうか?」という問いに対して、明確な答えをお持ちでしょうか?

この問いに対し、絶対的な正解はありません。

しかし、俗に言う「いい会社」には必ずと言っていい程、挨拶の習慣があります。私の経験上、挨拶の習慣のない会社は赤字であり、挨拶の習慣のある会社の黒字割合は高くなる傾向です。

もしかしたら、挨拶をきちんとすることによって対人コミュニケーションが良くなり、組織がイキイキとする。イキイキとした人が健康体であるように、イキイキとした企業は自然と業績が良くなるのかもしれません。

今日はDVDの映像と、参加者とのディスカッションから多くの気付きを得ました。今後は実践、継続の上、しっかりとした成果を出していきたいと思います。

ブロックス社のセミナーはいい会社を作りたい、いい組織を作りたい、そういう方におススメです!

ちなみに、久し振りに都内に行ったので、帰りに池袋でラーメンを食べてから帰宅しました。

Doit201104c

税理士受験生の頃、よく行った無敵家さんののうこく麺。久し振りで美味しかったです!

大満足の一日でした。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月19日 (火)

絶対にゆるまないネジ

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今日は冷たい雨の中、大宮にて埼玉中小企業家同友会の定時総会に出席しておりました。

やはり、日本の元気は中小企業が創るものだ!と感じました。

さて、ハードロック工業社長の若林克彦氏著の「絶対にゆるまないネジ」。

Hardrock

著者が経営するハードロック工業は東大阪の中小企業。いわゆる町工場です。

しかし、ハードロック工業にはまさにオンリーワンの製品があります。

それが「絶対ゆるまないネジ」である、ハードロックナット。

今では東京スカイツリーでも使用され、「絶対にゆるんではならない」現場で使用され、世界的にも高い評価を受ける製品です。

しかし、このハードロックナット、簡単に出来たわけではありません。当初開発していた「ゆるみにくいネジ」で受けたクレームをもとに完成された物です。

当初製造されていたネジも、「ゆるみにくい」と高い評価を受けていました。しかし、一定基準以上の振動を受けるとゆるんでしまい、クレームが来ました。

そのクレームを、「今の基準で十分、世間での評価は高いんだ。これ以上は不可能なんだから、文句を言うな!」という態度で受けていたら、現在のハードロック工業はなかったでしょう。

顧客のニーズを受けて、「不可能」に挑んだ結果、まさにオンリーワンの製品が完成したのです。

やはり、中小企業は経営者の姿勢がそのまま反映されるのです。是非、日本の元気を中小企業が創りましょう!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月18日 (月)

シルキードライ

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

暖かい日が続き、川越ではだいぶ桜が散ってしまいましたね。お花見はできたでしょうか?

季節が冬から春へと移ると、待っているのは衣替え。冬物から春物へと変わるこの季節は「日中は暖かいけど、朝晩は冷える」という日もありますし、その日の天気によっても気温が変わり、なかなか服装選びが難しい時期でもあります。

そんな中、ユニクロがこんな商品を。

「ムレにくい、心地いい、着心地ゼロ、シルキードライ

冬にヒートテックで成功したユニクロが、春に照準を当てて出した新商品は「ムレにくい」。ああ、それ、分かりますねぇ。

そして、「心地いい」。これも分かりますねぇ。

でも、「着心地ゼロ」?どういうことでしょう?

論より証拠、ということで、週末に購入し、早速、今日着てみました。

着る時の感想は、「いつも着ているTシャツと感覚が違う」ことで違和感がありましたが、着てしまうと、たしかに「着心地ゼロ」!なるほど、インナーシャツを着ている感覚が薄く、「肌に馴染む」という感覚です。

とりあえず春に着る物としてはいいかもしれませんね。ただ、大量に発汗する梅雨以降はどれだけ汗の吸収・速乾作用があるか、試してみないと分かりませんけれど。

世間では「安売り」というイメージのユニクロですが、私の思うユニクロはそうではなく、「良質な商品をどれだけリーズナブルな価格帯で提供できるか、に常に挑戦している企業」です。

これからも挑戦し続け、「世界のユニクロ」になって欲しいと思いますが、悩みの種はやはり事業承継でしょうね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月15日 (金)

カネ回りのよい経営

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

とうとう東京ディズニーランドも今日から再開しましたね。まだ本格的にオープンとまではいかないようですが、少しずつ世の中が明るくなるといいですね。(ちなみに東京ディズニーランドの再開が遅れていたのは電力不足が原因。)

さて、人気経営コンサルタント、井上和弘氏の「カネ回りのよい経営」。

Inoue03

本書は2003年の出版ですから、もう8年も前のものです。しかし、その理論は当然、今でも通用します。(一部、税法改正により、効果が出ない手法もありますが。)

ドラッカーの著書が未だに読み続けられているのと同じですね。企業経営の基本はいつでも同じ、ということでしょう。

本書のタイトル通り、企業経営を成功させるには、まずもって「お金が回る」ことが重要です。

当然、利益を出すことも重要ですが、会計上の利益と手元に残るキャッシュの額は違う訳ですから、黒字倒産だってあり得るのです。逆に、赤字だって資金ショートしなければ、倒産しません。

以前、私はクライアントに会社保有のゴルフ会員権の売却をすすめたことがあります。当時、時価は購入時の半分くらいになっていたでしょうか。

クライアントは「今売っても損を出すだけ。ただでさえ経営が厳しいのに、損を出すような取引きは出来ない。」と言います。しかし、含み損のある資産を抱えたまま黒字をギリギリ確保するより、少しでもキャッシュ化し、資金繰りを良くする方がメリットは大きいです。それに特別損失として計上すれば、経常利益に傷はつきません。さらに、特別損失の計上により、もし税引前利益がマイナスになれば、法人税は0円となり、予定納税分があれば還付にもなり、より一層資金繰りの助けになります。(結果的に売却して頂き、従業員の給与資金に充てることが出来ました。)

つまり、損益計算書の健全化も大事ですが、貸借対照表の健全化も大事なのです。特に不良在庫にはご注意を!死蔵品はもっての外です。カネ回りを悪くする一番の原因ですよ。

是非、カネ回りのよい経営を目指して下さい!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月14日 (木)

ビジネス・フェイスブック

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

上田修子氏著の「はじめて仕事で活用するビジネスフェイスブック」。

Facebookhajimete

昨年のTwitterに続き、「今年はこれが流行る!」と注目されたFacebook。

今回の震災により、改めてその効力が認知されました。震災後、アカウントを取得された方も多いようです。

今までインターネットの利用というと「匿名性」という側面がつきまとっていましたが、Facebookは実名主義のため、今まで日本では受け入れにくい、とも言われてました。

しかし、Facebookの真価は実際の友人と情報共有するのはもちろん、ビジネスに活用してこそ発揮されるものかもしれません。

私は震災前から税理士仲間とFacebook上で情報交換をしており、インターネットに接続したパソコンや携帯電話さえあれば利用できるという、その使い勝手の良さを体感しております。

そして震災時に仲間の安否確認が素早くできたことも、その利便性の高さを感じた要因になっています。

現在では、当事務所スタッフ全員、アカウントを取得し、情報の一斉送信などに利用しております。

又、Facebookの機能の一つである、「Facebookページ」を利用すると企業の簡易版ホームページが無料で作成できるので、是非、中小企業にも活用して頂きたいと思います。最新情報の掲載など、とても簡単にできるので、カネいらず、手間いらず、です!

ちなみに、当事務所もFacebookページを作成しております。「いいね!」を25人以上からもらえると独自URLが取れるようになるらしいので、是非、こちらからアクセスして、「いいね!」のボタンをクリックして頂けると幸いです。

是非、企業も個人も、Facebookを活用してみて下さい。本書ははじめてFacebookに触れる方にとって、優しいガイドブックにもなると思いますよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月13日 (水)

そろそろ自粛せずに懇親会

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日、ついに日本プロ野球が開幕しましたね。

開幕時期については色々ありましたが、セ・パ同時開幕で、地方球場を使ってのナイター等、この開幕の仕方が一番良かったでしょうね。

各地で熱戦が繰り広げられ、元気を被災地に送れたのではないでしょうか。

現在、問題になっている大相撲についても、是非、元気を送れるようになって欲しいものです。

さて、今日は午後から私の所属するTKCの支部役員会に出席しておりました。

震災後、初の役員会でしたので、お互いに震災後の近況話に花が咲いてました。(ちょっと表現に語弊あるかもしれませんが。)

役員会の後はもちろん、懇親会。いつもなら当然の流れですが、ここ1ヶ月、自粛ムードが漂っていたので、何か懐かしい感覚でした。

聞けば、やはり外食産業(特に料亭やホテル)はこの1ヶ月、宴会のキャンセルが相次ぎ、厳しい業績とのこと。

やはり、元気を出せる地域は無理のない範囲で元気を出していくべきだ、と思いました。

皆様も支障のない範囲で、しっかりと経済を回していきましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月12日 (火)

4/23は税制改正セミナーです!

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日で大震災からちょうど1ヶ月でしたね。

そろそろ平静を取り戻したい所でしたが、また大きな余震が。雷雨と相まって、本当に落ち着かない日になりました。(今日も結構、揺れますね…。)

そして福島の原発事故もレベル7へ。事故レベル上はチェルノブイリに並んでしまいました。

こんな状況の中ですが、無事だった人々はこれからもしっかりと力強く生きていかなければなりません。

平常の生活でも、復興への道程でも、私達の生活においては「税制」が重要な存在です。

このため、「税制」を知ることは、私達の生活がどのようにして成り立っているのか、そこを知ることにもつながるのではないでしょうか。

そこで当事務所では来週、税制改正セミナーを開催します!

本来、国会審議を経た今年度の予算関連法案をもとにお話しする予定でしたが、ねじれ国会と震災の影響で今年度の予算関連法案が可決されていないため、「民主党政権はどんな税制改正をしたかったのか」、「震災の影響で税制改正にどのような影響が出るのか」といったお話しをさせて頂こうと思います。

日時:4月23日(土) 14~16時

場所:川越市北部地域ふれあいセンター 会議室

定員:先着30名

会費:1名1,000円

参加ご希望者はメールにてお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月11日 (月)

川越沖縄祭り

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

先週末、川越の伊佐沼にあるえすぽわーる伊佐沼にて、川越沖縄祭りが開催されました。

花見行事が各地で自粛される中、チャリティーイベントとして決行されました。

Isanuma201104a

過度な自粛は経済の縮小を招き、かえって復興の妨げとなります。可能な範囲でイベントを開き、義援金を集めて、少しでも復興のお手伝いができれば、その方がいいでしょう。

Isanuma201104b

会場には沖縄をはじめ、各地のB級グルメが集合し、大盛況。各店舗ごとに募金箱が設置され、大勢の人が釣銭を募金していました。

Isanuma201104c

ちょうど桜も満開。この時期の伊佐沼はとてもキレイですね。

Isanuma201104d

やっぱりこの時期はお花見をしないと。過度な自粛は、頑張って咲いた桜にも失礼ですね。

Isanuma201104e

お祭りの会場には隣町の川島町から「田園戦士カワジマン」も駆け付け、その雄姿を披露してくれました。チビッ子は大興奮!(うちの息子は悪者の「トカイスキー」にビビってました。)

他にもお笑いやミュージックライブなども行われ、ステージの周りにも常に人だかりが。

Isanuma201104f

ちなみにグルメは沖縄物を中心に頂きました。これはブルーシールアイス。なめらかな食感が美味しかったです。(サトウキビ、ゴーヤ、マンゴー味。ゴーヤも苦みがなく、さっぱりとした味わい。)

他にもソーキそば(これ大好きです!)、タコライスなど食べて、お腹いっぱい。(サーターアンダーギーが完売してたのが残念!)

一日、楽しませて頂きました。これで(本当にほんの少しですが)義援金にも協力できたかと思うと、本当にいいイベントだったなぁ、と思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 9日 (土)

活力ある企業の条件

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

私の尊敬する大先輩、とでも言いましょうか、TKC全国会、創業・経営革新支援委員長の赤岩茂先生の新著、「活力ある企業の条件」。

Kingkaturyoku

関東経済産業局の音頭取りで、「日本でいちばん大切にしたい会社」で有名な坂本光司教授らと共に「中小企業経営のあるべき姿に関する研究会」による調査研究を行っていた赤岩先生。その研究の成果をまとめたのが本書。

つまり、「元気な中小企業になるためのエッセンス」がつまった一冊と言えるでしょう。

本書の中で赤岩先生は、中小企業の業績は経営者の姿勢次第だ、と説きます。中小企業の業績は経営者の日頃の行いの集大成、と言っても過言ではないでしょう。

つまり、経営者が常に勉強し、成長しようとする者でなければ、企業の成長もない、と言い換えることができます。そして、経営者が独りよがりでいるだけでなく、社員をも成長させることも必要です。

経営者がまず成長し、そして社員も共に成長していく過程で、企業が成長していくのだと思います。

今、日本はまさに国難の時です。

日本の企業の大多数が中小企業であるわけですから、中小企業の活性化は日本経済の復興にとって必要不可欠です。

ゆえに、日本経済の復興は中小企業経営者にかかっている!と言えるでしょう。

これまで、物質的豊かさや効率性が重視されてきました。これからは原点回帰かもしれませんが、心の豊かさも大事にしないといけませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 8日 (金)

学ぶべきこと

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の中沢です。

あの悪夢のような東日本大震災から早一ヶ月が経とうとしています。被害に合われた方々に改めてお見舞い申し上げます。

ようやく落ち着いてきたと思ったらここにきてまたしても大きな地震。安心できない日々が続きますね。

私の生まれ故郷である岩手県の大船渡市では、未だに電気が通っておらず、市の中心でもあったスーパーが倒壊し、見るも無残な光景が広がっています。

また、仙台の親戚は、未だにガスが使えずお風呂に入れない状況だそうです。

そんな暗くなる状況の中、各地で様々な復興チャリティーが行われています。

その中で私が印象に残っているのは、サッカーのチャリティーマッチでカズこと三浦知良選手が得点を決めたことです。

カズ選手といえば、W杯に出場することを夢見てブラジルに渡って修行をし、エースとして長年日本代表を引っ張ってきた選手で、常に周囲の期待に応えてきました。

しかし、日本が初めてW杯に出場を決めて、夢が叶うというまさにその寸前でメンバーから外されてしまったのです。

それでも夢を諦めず次のW杯、それでも駄目ならまた次のW杯を目指しています。

カズ選手は言います、「現役である限りW杯のピッチに立てる可能性は残っている。諦めたことは一度もない」と。

夢を持つこと。

そしてそれを諦めないこと。

一つひとつのプレーに魂(心)を込めること。

私も見習っていきたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 7日 (木)

春、到来

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

自宅のベランダから見える桜も5~6分咲きになってきました。(朝の状態なので、また一段と咲いたかもしれません。)

Wakabasakura2011

やっと春らしい暖かな日が続きます。こんな日は外を歩いても気持ちがいい・・・

とは言えないのが花粉症のツライ所です。さすがに最盛期よりも落ち着いてきましたので、杉との格闘もあともう少しですね。(と、期待したいです。)

さて、桜が咲いてくると、今話題の「自粛」が気になります。

安全面の確保が困難で開催できない、というケースは仕方ないですが、「必要以上の配慮」による自粛は経済効果を考えてもマイナスな気がします。

その中で、地元・川越では伊佐沼で今週末、開催予定だった「沖縄祭り」を予定通り開催するようです!

ご当地ヒーローも登場するようですし、是非、元気を発信して欲しいですね。

ちょっと天気が心配される所ですが、無料ですし、お近くの方は遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 6日 (水)

バタフライ・エフェクト

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

バタフライ・エフェクト、という言葉をご存知でしょうか?

もともとは気象学の中で出てきた理論で、「ブラジルで蝶が羽を動かすと、テキサスで竜巻が発生する」という一見とんでもない理論です。

これは微小な現象がその連鎖反応によって、大きな現象をもたらす、という意味です。

Butterflyeffect

「バタフライ・エフェクト 世界を変える力」。

これを偉人の業績に置き換えるとどうなるでしょう?

世界を変革に導いた人。色々な人が思い浮かぶでしょう。日本でも、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、坂本龍馬・・・最近の大河ドラマだけでも結構いますね。

例えば坂本龍馬。彼がいなければ幕末の変革はなかった、という意見をお持ちの方が多いと思います。しかし、坂本龍馬が存在しているだけで、その変革はなされたでしょうか?

もし勝海舟がいなかったら、武市半平太がいなかったら、後藤象二郎がいなかったら、そして何より、彼を生み、育てた家族がいなかったら?そうです、坂本龍馬に関わる全ての人がいなければ、その偉業もなかったかもしれません。

つまり、誰にでも世界を変える力がある、ということです。

だから、「あなたの心臓が鼓動していること自体に意味と目的がある」と本書は説きます。

今、日本はまさに変革の時を迎えようとしています。そのために、すべての人の力が必要なのです。でも肩肘はらずに、自然体で行きましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 5日 (火)

信じる力

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

元ラグビー選手、大畑大介氏の「信じる力」。

Ohhatadaisuke

本書には大畑氏の熱い想いが綴られていますが、スポーツだけでなく、何をするにも情熱を持って取り組むことが大切なのだ、と改めて感じさせられました。

そして、ラグビーが団体競技だからでしょうか、ラグビーにおける思考回路は会社経営に通じる点が沢山ある気がします。

とか言いながら、私はラグビーには疎いです。でも、今年9月にニュージーランドでワールドカップが開催されること、そして2019年には日本でワールドカップが開催されることは知っています。

しかし、サッカーのワールドカップ開催の時に比べ、世間の反応が鈍いような気がしてなりません。

これはラグビーがサッカーに比べて、日本ではマイナー競技だからでしょうか?でも、ラグビー自体は決してマイナー競技ではないですよね。かつてはTVドラマ「スクールウォーズ」が人気を博し、今でも学生スポーツとして人気競技であるはず。

人気競技との決定的な違いは、世間からも認知される「スター選手」の存在でしょうか?

どの競技もスター選手の存在は、競技人口(観戦者も含めて)を増やすのに大きな効果があります。最近でいえば、男子ゴルフの石川遼選手の存在がまさにそれでしょう。

その意味では大畑氏はそのポジションを担える存在だったのかもしれません。これから日本ラグビー界にもそんな存在の選手が現れることを期待します。

そして2019年の日本大会が大成功しますように!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 4日 (月)

仮面ライダー40周年

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨日、自宅の近所にあるシネコンで、息子と映画を観てきました。

仮面ライダー40周年記念作品、「レッツゴー仮面ライダー」。

Letsgorider

藤岡弘の仮面ライダーが放送されて今年で40年なのだそうです。その記念に、仮面ライダー1号から最新作の仮面ライダーオーズまでの全ての仮面ライダーが総出演し、ショッカーと闘います!(ちなみに昨日のTV放送で、通算1000回目の放送だそうです!)

しかも、仮面ライダー1号の声はやっぱり藤岡弘!渋い!(2号、V3も本人が声を担当。)

さらにスペシャルゲスト?にキカイダー、イナズマン、快傑ズバットという往年のヒーローまで登場。(敵を倒した後、しっかり「ズバッと解決!」という決めゼリフまで。)

作品の中で40年前と現代を行き来する設定なので、もう昭和の臭いがプンプンします。お父さんと子供が一緒に楽しめる娯楽作品ですね。

これで佐藤健(仮面ライダー電王)、水嶋ヒロ(仮面ライダーカブト)の本人出演があったらママのハートも鷲掴みだったですかね?そこが残念?

今回は計画停電の影響でチケットの予約販売ができず(停電中は営業できないので、事前にチケットを売れないそうです。)、いつもならネットでチケットを購入している人も当日窓口での販売になるため、チケット窓口は大行列。おかげで私がチケットを購入して座席に着いたのは本編開始10秒前という慌しさでした。

とりあえず、大迫力の戦闘シーンを見て、息子は大満足だったようです。

それにしても40年も続いた仮面ライダー。ヒーローは不滅なんですね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 2日 (土)

断捨離をビジネスに活かす

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

昨年から話題になっている「断捨離」。色々な場面で応用できるものですが、ビジネスにも当然活かせます。というより、ビジネスにおいて断捨離できていないとマズイことになるかもしれません。

田﨑正巳氏著の「ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ」。

Danshari

ビジネスシーンにおいて大きな観点としては、不採算部門からの撤退があるでしょう。

赤字が膨らみ、どうしようもなくなってリストラする撤退は「断捨離思考」ではありません。限られた経営資源を効果的に配分するために、前向きな撤退をしなければなりません。

個人の仕事においても、目の前にある仕事に対して優先順位をつけ、自らやる必要のないものについては他人に(上手に)仕事を振る、ということも必要です。ここで大切なのは、「オーバーフローしてしまったために他人に助けを求める」ということではなく、「いかに自らやらなければならない仕事に集中して、成果を挙げるか」という点に着眼できるかです。

よく、「大切な仕事は忙しい人に任せろ」と言いますが、これは「忙しい人=優秀な人」で、その「優秀な人は断捨離思考ができている」という因果関係があるのではないでしょうか。

さて、あなたは断捨離思考、出来てますか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

2011年4月 1日 (金)

生への執着

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

職員の今井です。

3月が終わって、新年度4月になりました。

本来なら、春を迎え、新年度を迎え、心躍る月でもあると思うのですが、今年は東北関東大震災が起こり、気持ちも少し沈みがちですね。

被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

私の住んでいる地域でも、計画停電が実施されています。我が家でも、被災された方々に少しでも協力出来るよう、節電や節約を心がけています。

義母が、夜は寒いからと言って、湯たんぽを出してきてくれました。ちゃんととってあったことにも驚きですが、昔の人は寝床で使って、朝はまだ冷え切らないその湯たんぽの水で、顔を洗ったり、洗濯をしたりしたんだそうです。先人の知恵に感心するばかりです。

トイレの便座って、実は冷たかったんですね。子供の頃は当たり前だったことが、いつの間にかそれを忘れ、便利さに慣らされてしまっている気がします。ひょっとしたら私達は、限りある資源を贅沢三昧に使っていたのかもしれないなと感じるようになりました。

今回の震災は、本当に不幸なことでしたが、ある意味、今の自分の生活を振り返る良いきっかけだったかも知れないと思います。これから復興への道のりは永いでしょうが、自分に今何が出来るのかを考えながら、前進していかなくては・・・と思います。

ところで震災のあった時、私が事務所の机の下にもぐり込んで当分出てこなかったら、職員の某N沢さんが「今井さんの生への執着はすごい」と半分呆れたように言っていました。

そして先日、義母にスーパーに買い物に行かないか?と誘うと「行きたくない」と言います。理由が「スーパーにいる時地震が起こったら(足の悪い)私は逃げ切れないから、どこにも行きたくない」とのこと。ちょっと心配な発言ではあるのですが、それより、80歳を過ぎても尚、逃げて生きようとするその生への執着は、私をはるかに超えている!と感心しました。

落ち着かない日々の中にも、色々な発見があります。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »