« 閑古鳥 | トップページ | 日本縦断 »

2011年3月 4日 (金)

東京を経営する

所長です。

都知事選出馬で話題になっている渡邉美樹氏の新著、「東京を経営する」。

Watamitokyo

本書は出馬の意思表明をする前に書かれたものですが、著者の出馬への意気込みが十分に伝わります。いわば都知事選におけるマニフェストですね。

本書に書かれている内容はいままでの著書と何ら変わりなく、著者の半生を知る、感じる、という意味ではあまり面白味がないかもしれません。

本書の立ち位置は、経営者・渡邉美樹から政治家・渡邉美樹への転身の決意表明、といった所でしょうか。

私個人としては、著者を応援したくなる一方で、企業経営と政治はまったく異質なものであり、著者の改革意欲が空回りしないか、そして、ワタミはどうなるのか、心配にもなります。

著者はワタミの経営者だけでなく、学校や病院、介護、農業と多岐に渡って活躍されていますから、そちらの求心力低下を危惧する人も多いでしょう。

しかしながらやはり、有能な経営者が政治の場面で活躍する所を見てみたいですね。

と言っても、私に選挙権、ありませんが。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/pages/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/144848878911728

« 閑古鳥 | トップページ | 日本縦断 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閑古鳥 | トップページ | 日本縦断 »