« 当事務所の営業時間等について | トップページ | 気付き »

2011年3月17日 (木)

我欲

所長です。

東日本大震災の発生から今日で一週間、本来なら徐々に落ち着きをみせてくる所でしょうが、今回は尋常ではない被害の大きさや、長引く大規模な余震、そして福島原発の問題もあり、いっこうに気が休まらない日々です。

私達、会計事務所にとって、その間に確定申告の期限があり、普段なら確定申告業務の終了にホッとする時期でもあります。しかし、今年はまったく気の晴れない確定申告明けです。

その中で日本は二つの顔を見せています。

ライフラインが断絶し、物資も乏しい被災地では助け合いの精神、いわゆる「和」の文化を見ることができます。これは諸外国からも絶賛されているところです。

しかし、一方で目立った被害のなかった地域において、ガソリンや食料、乾電池やトイレットペーパーといった品物が買い占められ、品薄状態になっています。中には備蓄品に対し、窃盗や強盗をする者さえおります。義捐金詐欺もあるようです。

被災地で見られる「和」の精神が、被災地以外で見えないというこの両面性。はっきり言って情けないです。

もちろん、誰しも最後は自分が大切です。多少の我欲があって当然です。

しかし、現実は我欲剥き出し、「助け合い」の被災地に対し、さながら「奪い合い」の状況です。

本来なら、物資に困窮している被災地に送るべき物です。それを計画停電など少しの不自由があるだけで、それ以外は日常生活を送れる者が享受するとは言語道断です。

みんなが、自分にとって必要な量だけ買っているのなら、絶対このような状況にはなりません。ガソリンもお米も、国内の流通量や備蓄量を考えれば、すぐに枯渇するなどあり得ません。

これでは国会でのやり取りを「利己的」と批判することなど出来ません。投票権を持つ国民の利己主義が国会に反映されているだけなのかもしれません。

今回の大震災はすでに起きてしまったことです。

生き残った者はこれを教訓として、さらに逞しく生きていかなければなりません。その上で、今回の買い占め騒動は一抹の不安として感じられます。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« 当事務所の営業時間等について | トップページ | 気付き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当事務所の営業時間等について | トップページ | 気付き »