« 不況を乗り切る江戸商人の思想 | トップページ | おたまじゃくし »

2011年3月28日 (月)

震災の影響あれこれ

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。
*****************************************

所長です。

震災の折、特に大きな被害のなかった埼玉県内でも、計画停電やガソリン不足の影響からか、レジャー施設や飲食店が閑散としてました。

いつもなら、駐車場が満車になる週末のショッピングモールもガラガラだったり、渋滞する道も空いていたり。

その一方で大きな渋滞を引き起こすほどの給油待ちの車の列、地震で壊れた瓦屋根の修復に大忙しの瓦屋さん、という風景もありました。

どれもこれも、つい2週間前には想像もしなかったものです。

私達の生活って、何か大きな歯車が狂うと、根本から崩れてしまう脆いものだったんですね。

でも、環境が変わるのには2種類あります。

悪い方へ転がり落ちるような環境変化もあれば、「棚からぼたもち」のように好条件に恵まれる環境変化もあります。

目の前で起きてしまったことは、もう覆りません。

であれば、目の前で起きてしまったことを、どれだけ自分にとってプラスに置き換えられるか、それが今後、試されていくのだと思います。言い換えれば、生き残る力があるのか否か、でしょう。

そうは言っても、直接被災してしまった方々はすぐに立ち直れません。現在の状況をプラスに転じさせるのは被災地以外の人々の役目かもしれません。そして、そのパワーを被災地に送るのです。復興資金のことを考えれば、そうならざるを得ないでしょう。

財源不足で悩んでいた子供手当をはるかにしのぐ多額の復興資金のためには、当然、それだけの財源が必要です。つまり、被災地以外には増税となる可能性が高いといえます。そのための担税力を企業は持たなければならないのです。

但し、周囲の人に受け入れてもらえるような経営理念に沿うことも忘れてはいけません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« 不況を乗り切る江戸商人の思想 | トップページ | おたまじゃくし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不況を乗り切る江戸商人の思想 | トップページ | おたまじゃくし »