« 日本縦断 | トップページ | ペット化された動物 »

2011年3月 7日 (月)

肌で感じる

所長です。

今日は地元の商工会にて、税務相談でした。これで私の今シーズンの税務相談は全日程終了です。

今日の相談会は事前予約制だったので、納税者を長時間待たせるようなこともなく、スムーズな流れで良かったです。

それにしても、ここ最近、どこの会場に行っても、来場者の数が少なくなっているような気がします。

電子申告や国税庁のホームページ(確定申告作成コーナー)などを利用される方が増えている結果ならいいと思うのですが、正直、自分の身の回りでネットを利用して申告されている方をあまり見かけません。

もし、相談会場への来場者数が減っている理由がネット利用ではないとすると、考えられるのは、「申告・納税が必要な人」自体の数が減っている、ということ。

これについては、ちょっと納得です。

自分のクライアントや相談会場の来場者の申告内容を見ていると、明らかに収入が落ちています。(あくまで平均値です。)

やはり不況の影響でしょうか?

いずれにせよ、個人レベルでの生活水準が向上しない(消費が活発化しない)状況だということを実感します。

それなのに、政治の世界では、いまだに国民を置き去りにするような、そんなやりとりだけが延々に繰り返されています。

とりあえず、「国民のための政治」と言うのであれば、与野党一旦休戦して、一致団結してこの難局を乗り切って頂けないものでしょうか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« 日本縦断 | トップページ | ペット化された動物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本縦断 | トップページ | ペット化された動物 »