« おたまじゃくし | トップページ | いつの間にか年度末 »

2011年3月30日 (水)

よく考えましょう

東日本大震災により被害を受けられた皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

震災関連情報のリンク集、
こちらからご覧頂けます。
http://www.kobazei.com/
*****************************************

所長です。

今週はすっかり春めいてきて、計画停電もなく、これで花粉がなければ過ごしやすい日が続きますね。

先日、クライアントをご訪問した時のエピソード。生命保険や個人年金、共済の活用について話をしていた時のこと。

「これ、銀行で紹介されたんだけど、いいよね!」と見せてくれたのは某生命保険会社の商品パンフレット。

「一時払いで10年間据え置くと、解約時に1割増えて戻ってくるって!金利10%ってことでしょう!いいよねぇ~。」

いやいや、よく考えて下さい・・・。

10年間で10%増える、ということは、年利1%ですから~!(複利計算とか無視して、単純に考えると、です。)

まあ、たしかに定期預金よりは利率がいいですが、諸手を挙げて「いいねぇ!」という程の代物ではありません。

もちろん、この商品の利用価値はあるのですが、それは今回、クライアントが期待したものとは別物。後になって、「こんなはずでは・・・」という結果になりがちです。

個々の事案によって条件が異なるので、一概には言えませんが、利回りを期待して保険商品を活用しよう、というのであれば、返戻金額よりも「節税効果」に着目して頂きたいと思います。

例えば法人契約で、損金算入(税額計算上、経費として認められる)できるのが掛け金の1/2という商品の場合、法人税率40%だとすると、20%の金利効果があります。個人契約の場合、所得控除できる商品で税率20%の方なら同じように20%の金利効果。

納付金額が少なくなる、という効果なのであまり実感がないかもしれませんが、手元資金を増やすという効果があるのですよ。

つまり、税制を上手く利用することによる「財テク」(この単語、好きではありませんが)もあるのです。そういう事にも是非、税理士をご活用下さい!契約内容によっては贈与が発生するなど、事後のトラブルもありますからね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://on.fb.me/ebtzEx
いいね!をお待ちしてます。

« おたまじゃくし | トップページ | いつの間にか年度末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おたまじゃくし | トップページ | いつの間にか年度末 »