« バレンタイン | トップページ | 今年も確定申告はじまりました! »

2011年2月15日 (火)

経営理念は必要か?

所長です。

昨夜は思わぬ積雪の影響を受けた方も多いのではないでしょうか?当事務所では朝から雪かきをしました。普段やらない事をしてちょっと筋肉痛です。

さて、今日は所属している中小企業家同友会の勉強会に出席してきました。

今日のテーマは「経営理念」。出席者からそれぞれ、自社の経営理念について語って頂きました。(私も語らせて頂きました。)

経営理念について話をすると、大抵の方は「経営理念を作れば利益が出るのか?」というような短絡的な事を言います。その問いに対し、敢えて回答するとすれば、「利益が出る保証はないけれど、経営理念がなければ、永続的発展は見込めません」。

今日の出席者は経営理念に対して、非常に前向きな方ばかり。(まあ、そういう趣旨の勉強会だから当たり前なのですが。)

そこで再確認したのは、やはり企業にとって、むしろ中小企業にとって、経営理念は大切なものであり、必要不可欠なものである、という事です。

経営理念とは企業の進むべき道筋であり、経営者の姿勢そのものです。これがなければ経営の軸がぶれ、常に場当たり的な経営になります。これでは単発的に利益を出すことができたとしても、永続的に企業が発展していくことはできません。

何も、経営理念ははじめから100点である必要はありません。はじめはちょっと思いついた事を掲げてしまってもいいでしょう。後から少しずつ直してもいいのです。是非、経営理念を作ることをオススメします。

それが御社にとって、繁栄への道しるべとなるのですから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

« バレンタイン | トップページ | 今年も確定申告はじまりました! »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレンタイン | トップページ | 今年も確定申告はじまりました! »