« 経営計画作成支援の支援 | トップページ | とりあえず30点でも »

2011年2月 9日 (水)

1坪の奇跡

所長です。

坂本光司氏の「ちっちゃいけど世界一誇りにしたい会社」の中で紹介された小ざさ

Chichai

その小ざさの社長、稲垣篤子氏の著書、「1坪の奇跡」。

1tsubo

小ざさは吉祥寺の商店街にある、たった1坪の店舗で羊羹と最中を売る会社です。

商品は羊羹と最中のたった2つだけ。お店だって、たった1坪。しかし、小ざさは年商3億円を稼ぎだします。つまり、坪当たり売上高が3億円、ということです。

小ざさは毎日、行列の絶えない人気店。その商売繁盛の秘訣は、愚直なまでの徹底した商品作り、店作りにあります。

景気が悪くなると、大抵の経営者は「景気のせい」にします。「この業界はダメ」と業界批判まで出ることもあります。しかし、赤字の本当の理由が「景気のせい」や「業界のせい」であれば、世の中、全ての企業が赤字にならなければ説明がつきません。

どのような状況下でも黒字を達成している企業がある、ということは黒字になる企業、赤字になる企業、それぞれに理由がある、ということです。

羊羹や最中といった和菓子は決して流行に乗っている商品とはいえません。たった1坪しかない店舗で客が集まる、と本気で考える人がどれだけいるでしょう?しかし、小ざさは現実に、羊羹と最中のみ、たった1坪の店舗で3億円を売り上げているのです。

貴社は愚直なまでの商品作り、店作り、できているでしょうか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

« 経営計画作成支援の支援 | トップページ | とりあえず30点でも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

実は、先生のこの記事を見て小ざさへ行ってみたのです!それにしても理想的な経営ですね!

おお、そうでしたか!
ちょっとでもお役に立てて?嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営計画作成支援の支援 | トップページ | とりあえず30点でも »