« CSの前にESを上げよう | トップページ | 賀詞交歓会 »

2011年1月28日 (金)

1億円

所長です。

今日は川越市内の小学校で租税教室を行いました。

本ブログをマメにご覧頂いている方はご承知のことかと思いますが、租税教室とは「税金の大切さや意義」を子供達に知ってもらうための活動です。

大人になるとついつい、「税金高いな~、払いたくないな~」などと考えてしまいがちですが、税金で作られた道路を歩かない人はいませんし、税金で建てた学校に通っています。

もし、税金がこの世からなくなったら、道路は荒れるし、ゴミ収集だってない、警察も来ない、学校にも行けない、そういう世界になってしまいます。

公立の学校でも年間100万円近い費用が掛るのですから、義務教育である小学校・中学校を卒業するには1,000万円近い費用が1人当たり必要になる計算です。これだけ取っても、どれだけ税金が社会に必要なのか分かりますよね。

租税教室の難しさは、その税金の意義をどうやって子供達に伝えるか。難しい用語を並べたてても子供達には伝わりません。

そこで、アニメのビデオなどを使用して、分かりやすく、楽しく学んでもらう為の工夫があります。

さらに今年は、なんと「1億円のレプリカ」が登場しました!

1okuen

これがその「1億円のレプリカが入ったケース」です。

重さは約10キロ。これを持って逃走するのは困難です。

1億円なんて見たことのない子供達(当たり前です)は大喜び。1億円の重さを実感していました。財政予算では億単位の金額が飛び交っていますが、この子供達が税金を通して、社会のしくみに興味を持ってもらえたら幸いです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

« CSの前にESを上げよう | トップページ | 賀詞交歓会 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CSの前にESを上げよう | トップページ | 賀詞交歓会 »