« 川越胃腸病院デビュー | トップページ | 忘年会 »

2010年12月16日 (木)

儲かる社長のお金の見方

所長です。

武蔵野の小山社長の新著、「本当に儲ける社長のお金の見方」。

Koyamamoukaru

小山社長の著書はかなりのペースで出版されているので、正直、目新しさは感じませんが、ある意味、「小山節の再確認」と思えば良いと思います。

もちろん、経営指導した企業のエピソードが加えられているので、肉付けされた内容といっていいでしょう。

小山社長の著書を読むと、いかに会社の経営が上手くいくかどうかの鍵を経営者が握っているかが分かります。

ダメ社員がいるのは経営者の責任であり、社員の責任ではありません。ダメ社員が蔓延るような社風を作ったのは経営者ですし、そもそもダメ社員を採用したのは経営者本人なのですから。

そして、「お金が回らない」のも経営者の責任。売上があがって利益が増えても、売掛金が増えていたり、在庫が増えていれば、キャッシュフローは悪化するのです。適正在庫の持ち方、売上債権の回収方法を決めたのは経営者なのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

« 川越胃腸病院デビュー | トップページ | 忘年会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川越胃腸病院デビュー | トップページ | 忘年会 »