« カレンダーも残り1枚 | トップページ | 人事課がなくなる日 »

2010年12月 2日 (木)

中小企業の再生

所長です。

今日はTKCの研修のため、大宮におりました。

テーマは「中小企業再生と税理士の役割」。講師は企業再生のプロ、川野雅之氏。生で受講したかった念願の研修です。

Kawanosaisei

川野氏は金融の仕組みをよく理解されており、企業再生の様々なノウハウを持っています。

しかし、今日の研修で川野氏が熱弁されたのは、「クライアント企業を経営破綻させないよう指導力を発揮するのが税理士の仕事」です。

たしかに。当然、経営破綻における最大の責任者は経営者かもしれませんが、それまで二人三脚で歩んできた顧問税理士の責任も大きいはず。ましてや粉飾決算に加担しようものなら責任重大なのです。

又、企業再生において重要なのは、その会社に収益力があるのか否か。収益力がなければ、仮に借金問題が解決できたとしてもそれは単なる延命にすぎません。収益力があってこそ、再生への可能性が生まれるのです。

では、その収益力はどうやって生みだすのか?経営状態の厳しい会社は兎角経費削減にのみエネルギーを費やします。勿論、無駄な経費を削ることは必要でしょうが、そもそも売上がなければどんなに経費を削った所で黒字にはなりません。

結局、商売の原点である、売上を伸ばすしかないのです。この厳しい経済下において売上を伸ばすには、「業界の常識を覆す」「消費者の視点を持つ」ことが肝要なのだそうです!

経営革新セミナー2010、好評受付中!
<12/7…新幹線車内販売日本一・齋藤泉氏の基調講演>
参加希望者はこちらからお申込み下さい。
http://www.tkcnf.or.jp/seminar2010/44bf76d6-127d-4227-840a-7e0455f273f5.htm

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

« カレンダーも残り1枚 | トップページ | 人事課がなくなる日 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カレンダーも残り1枚 | トップページ | 人事課がなくなる日 »