« 新潟セミナー | トップページ | 12/7、経営革新セミナー開催です! »

2010年11月22日 (月)

陽転コミュニケーション

所長です。

先週、新潟へ向かう新幹線の車内で読んでいた本がこれ。

和田裕美氏の新著、「陽転コミュニケーション」。日経ビジネスアソシエ連載の人気コラムが単行本になりました。

Youten

和田氏の提唱する「陽転思考」は簡単にいえば、「物事をいい方に考える」ことでしょうか。組織の中で生きていくためには色々な人間関係があり、自分に合う人もいれば、合わない人もいます。しかし、人間性が合わないからと言って、その人とのコミュニケーションを疎かにすれば、結局その人との仕事は上手くいきません。

そこで、「陽転コミュニケーション」。

仕事は人間関係なくして成り立ちません。仕事に大切なのは、知識や技術だけではなく、まずはコミュニケーションなのです。コミュニケーション能力の高い人は仕事の品質も高いように感じます。

ところで、「コミュニケーション能力」というと、「話好き」と勘違いする方がいますが、そうではありません。たとえ寡黙であっても、必要な情報が適切に伝わっていれば十分コミュニケーションが取れていることになりますし、逆にお喋りであっても必要な情報が適切に伝わっていなければコミュニケーション不足となります。

だから、コミュニケーションの基本は「相手を慮る心」なのかもしれません。

ちなみに、今、企業の採用活動でも「コミュニケーション能力」が重視されているとか。

デジタル化が進む世の中ですが、人間関係は大切にしたいですよね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
フォロー、よろしくお願いします!

経営革新セミナー2010、好評受付中!
<12/7…新幹線車内販売日本一・齋藤泉氏の基調講演>
参加希望者はこちらからお申込み下さい。
http://www.tkcnf.or.jp/seminar2010/44bf76d6-127d-4227-840a-7e0455f273f5.htm

« 新潟セミナー | トップページ | 12/7、経営革新セミナー開催です! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟セミナー | トップページ | 12/7、経営革新セミナー開催です! »